2889140143 bf72c7f571 o

お米ダイエット-メニュー・ルール・効果・意見-効果的なダイエット方法

ダイエットは太りすぎや肥満に対抗するための基本であり、治療の種類にかかわらず、本質は消費カロリーを制限することです。米の食事療法であること私達はボディを台無しにしない間、不必要な体脂肪を減らすことでよい結果を数えてもいいです。しかし、あまりにも過激にダイエットにアプローチしてしまうと、このリスクやヨーヨー効果は避けられません。お米ダイエットの原理原則を読んで、余分な体重をなくすための効果的で永続的な方法を学びましょう。

人気のあるタイプの減量ダイエット

センチは目盛りの上にある

太り過ぎおよび肥満を取り除くことは間違いなく余分なポンドと戦うことにした人々にいくつかの利点を持って来ます。明らかな心理的な理由(スリムな姿を夢見ていると気分が良くなり、自尊心が高まります)から離れて、体重を減らすことは、多くの代謝プロセスと現在の健康状態の改善につながります。

高血圧、糖尿病、動脈硬化、脳卒中、脊椎疾患、さらにはがんなど、肥満に関連した病気のリスクに言及すれば十分です。

どんなダイエットでも食生活や生活習慣の変化が必要であり、それに適応することは容易ではありませんので、適切な治療法の選択はよく考えられていて、個々のニーズや能力に合わせたものでなければならないのは当然のことです。一般的によく使われているダイエット方法としては、以下のようなものがあります。

  • 低エネルギー食。
  • プロテインダイエットと脂肪ダイエット。
  • 血糖値が低いダイエット
  • 地中海式ダイエット。
  • paleoダイエット。
  • 単品ダイエット。
  • 飢餓食。

それらは異なる原則に基づいており、すべてのものが特定の人に適しているわけではありません。しかし、特に飢餓は健康、さらには生命にも危険があることに注意しなければなりません。飢餓状態になると悪液質になり、主要な臓器や器官、心臓、肝臓、腎臓、腸、水電解質のバランスが崩れて機能不全になります。

急激な体重減少は主に水分不足によるもので、この場合特に危険なのはマグネシウム、カリウム、ナトリウムの欠乏です。極端な話、餓死で終わることもあります。

なぜお米ダイエットなのか?お米ダイエットの最大のメリット

飯皿

一般的に使用されているモノダイエットは、りんごダイエットやグレープフルーツダイエットなどのフルーツダイエット、人気のキャベツダイエットなどの野菜ダイエット、それ以外の製品をベースにしたダイエットなどがあり、後者は米の処理などがあります。

通常、単品ダイエットに対する主な反対意見は、主に一つの食品を摂取することによる栄養不足のリスクです。一方で、すべてのモノダイエットが、基本的な食材以外は食べないという厳格なルールに基づいているわけではありません。

米食は例外の一つで、他の低カロリーだが健康的な食品を摂取することができるからです。

玄米をベースにしていますが、 白米とは色だけでなく、もみ殻がある点でも異なり、その貴重な特性を持っています。加工が少なく硬いため、調理して消化するのに時間がかかりますが、白い品種よりも食物繊維、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラル、生理活性植物ステロールが多く含まれています。

食物繊維が豊富に含まれていると、消化サイクルの調整や食欲の抑制に役立ち、体重の減少を促進し、健康的な体重維持に役立ちます。玄米は食後の血糖値の急激な上昇を防ぎ、コレステロールを低下させ、多くの研究で指摘されているように、抗酸化作用があります。

お米ダイエットのルールとメニュー。お米ダイエットはいつまで続くのか、お米ダイエットではお米以外に何を食べればいいのか?

米のダイエットについての情報を探していると、その 2つの亜種に出くわすことができます –三日と長期。最初のバージョンは非常に制限的で、玄米だけを食べることになります(1日最大1000kcal)。

お米ダイエットの第二のバリエーションは、通常2週間から4週間と長く続き、全粒粉のお米だけでなく、低カロリーでヘルシーな食品もメニューに含まれています。この第二の、長期的なバリアントは、より少ない制限的な文字と栄養素の欠乏を引き起こさないメニューのより大きい多様性のために、過剰な重量を失うための効果的かつ永続的なツールにすることができます。そして、注目するのはこのバリアントです。

長期的なお米ダイエットは、他のダイエット方法と比べても実施しやすく、メリットが多いです私たちはそれに空腹になることはなく、エネルギーの枯渇、頭痛、イライラ、重要な栄養素を体から奪うこともなく、同時に体重の減少にも体系的に気づくことができます。全ては玄米が原因です。食物繊維が含まれているおかげで、食欲が効果的に抑制され、代謝が早くなります。

また、玄米にはビタミンB群やビタミンE、たんぱく質、炭水化物など、私たちの体を正常に機能させるために重要な栄養素が含まれているというメリットもあります。また、玄米に含まれていない他の栄養素(ビタミンA、D、Cなど)はどうでしょうか?他にも米食で認められているものをメニューに入れるなどして、簡単に補うことができます。

  • 赤身の魚。
  • 赤身の肉を脂身のない状態で調理したもの。
  • 野菜のことです。
  • 果実を使用しています。
  • 穀物やナッツ類
  • オリーブオイルや亜麻仁油を少量。
  • 赤身のカッテージチーズ。
  • 卵を
  • スキムナチュラルヨーグルト、ケフィア、バターミルク、スキムミルク

お米ダイエット~献立例

一日

玄米と野菜のヘルシーなダイエット料理
  • 最初の朝食:玄米1/2杯に天然ヨーグルトとミューズリーを混ぜたもの
  • 2回目の朝食:バナナ大1本
  • 昼食:玄米1袋、スケソウダラの野菜煮込み1枚
  • ティータイム:お米のウエハース、フルーツゼリー
  • 夕食:玄米半杯、固ゆで卵、トマト、キュウリ

二日目

  • 最初の朝食:りんごの煮込み玄米1袋半くらいとレーズン一握り
  • 2回目の朝食:全粒粉パン1枚、ハムスライス、サラダ
  • 昼食:玄米約3/4袋にグリーンピース、コーン、角切りにした鶏胸肉、ピーマン、トマトを混ぜたもの。
  • 午後のおやつ:フルーツと野菜のカクテル、一握りのナッツ
  • 夕食:玄米1/2杯、ニラ入りカッテージチーズ約100g、トマト、きゅうり

3日目

  • 最初の朝食:煮豆150g、食パン2切れ
  • 2回目の朝食:パフライス1/2杯に牛乳、りんご
  • 夕食:玄米入り野菜のキャセロール
  • ティータイム:フルーツサラダ
  • 夕食:焼き魚、グリーンサラダ、米パン一切れ

第四日目

  • 最初の朝食:カッテージチーズ、トマトサラダ、スライスパン2枚
  • 2回目の朝食:硬めのゆで卵、大根、おむすび
  • 昼食:牛肉の野菜煮込み、ロースライス、オレンジジュース
  • ティータイム:フルーツプリン
  • 夕食:りんごとシナモンで焼き上げた玄米

デイV

  • 最初の朝食:全粒粉パン2枚、赤身ハム、グリーンサラダ、トマトジュース
  • 2回目の朝食:カッテージチーズにらっきょう入り、ライスウエハース、野菜のカクテル
  • 昼食:カツライス、エンドウ豆、コーン、ピーマン、グリーンキュウリ、パセリなどの野菜サラダ、ヨーグルト少々
  • 午後のおやつ:フルーツ
  • 夕食:マッシュルーム、玉ねぎ、ニンニクのリゾット

六日目

  • 最初の朝食:米のウエハースにバターと蜂蜜を少々、リンゴまたはキウイを添えて
  • 2回目の朝食:全粒粉パン2枚、冷えた赤身肉、トマトと胡椒のサラダ
  • 昼食:玄米と野菜のキャセロール、フルーツカクテル
  • ティータイム:ライスウエハース、カッテージチーズ、ニラ入り
  • 夕食:鶏胸肉のグリル、グリーンサラダ、黒パン一切れ

七日目

  • 最初の朝食:玄米にヨーグルトとフルーツを添えて
  • 2回目の朝食:全粒粉パン一切れ、固ゆで卵、トマト
  • 夕食:梅入り餃子、マンゴー、ピーマン、青胡瓜、玉ねぎのサルサ
  • ティータイム:ミルクフルーツカクテル
  • 夕食:鶏肉のサラダ、ライス、ヴィネグレット

お米ダイエットの効果、どれくらい痩せるのか

食事の基本となる玄米には、浄化作用だけでなく、満腹感が長く得られ、糖質やコレステロール値を調整し、消化や便通を良くしてくれる効果があります。これらの特性はすべて減量を促進し、合理的な使用とよりアクティブなライフスタイルで、長い間スリムな姿を維持することを保証します。

ほとんどの情報源では、1日のご飯ダイエットメニューで1000kcalを摂取する必要があると書かれています。でも、自分に厳しくなりすぎないようにしましょう。1日約1400kcalで、私たちは簡単に自分自身を許すことができますが、それでも体重を失う率はかなりのものになります。お米ダイエットでは平均して1週間に1~2kg程度痩せます。1ヶ月で5キロから10キロの減量が可能です。

お米ダイエット – 感想

お米ダイエットについての意見は非常にポジティブなもので、特に約1ヶ月間、許可されている商品やカロリー摂取量を厳格に守っている人の意見が目立ちます。それは単調ではない(いくつかの製品に限定されず、料理の組成物を作成するための偉大な機会を与えるものではありません)ので、米の食事療法は簡単であることをしばしば繰り返しコメント、それに忍耐は、多くの努力を必要としません。

何度も引用されている米ダイエットの論拠は、空腹感が再発しないことでもあります。しかし、同時に、上記の肯定的な反応は、米の食事の長期的なバリアント に関連していることを覚えておくことが重要ですが、これは最も推奨されるようです。

ダイエットに根気よく取り組み、脂肪燃焼を加速させてくれるダイエットサプリをチェックしてみましょう。減量薬のランキング

情報源です。

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin