black background 1854126 1280

ケルセチン – アレルギーや多くの健康上の病気に効果があります。

ケルセチンは、健康を促進する特性の豊富なアーセナルを持つ天然物質です。私たちの免疫力に良い影響を与え、ウイルスや細菌による炎症を撃退し、様々な種類のアレルギーの症状を大幅に緩和してくれます。ケルセチンは多くの食品に含まれており、栄養補助食品としても広く利用されています。この貴重な物質を知って、健康を増進させる方法を見ていきましょう

ケルセチンとは?

ケルセチンは フラボノイドのグループ(およびフラボノールのサブグループ)に属しており、お茶や多くの果物や野菜などの植物に含まれています。この物質は人体に多くの有益な特性を 示すので、医学で広く使用されています。ケルセチンの主な資産は、その強力な抗酸化作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用です。最近、その抗がん作用について多くのことが言われています。

ケルセチン-食品やサプリメントでの発生

並び野菜

健康増進効果の高い他の植物性物質と同様に、ケルセチンも多くの栄養補助食品の形で利用できます。カルシウムとケルセチン、カルシウムと亜鉛とケルセチン、ケルセチンとビタミンCの組み合わせが最もポピュラーな組み合わせです。個々の成分が相乗効果で作用し、身体の免疫力を強力に強化し、高い抗アレルギー能力を発揮します。

ケルセチンはサプリメント以外にも、私たちの食卓に毎日登場する植物性食品にも含まれています。

ケルセチンの天然源には、以下のようなものがあります。

  • ほうれん草です。
  • ブロッコリーです。
  • ケールだ
  • キャベツです。
  • 玉ねぎ。
  • スカッシュ
  • りんご
  • チェリー
  • イチゴです。
  • 黒カシス。
  • 濃いブドウ。
  • ブルーベリー
  • オレンジ
  • クランベリー
  • エルダーベリー
  • カモミール
  • セントジョンズワート
  • お茶。
  • 赤ワイン
  • 蜂蜜だ

ケルセチンから最適な効果を得るためには、定期的に、そして長い間、ケルセチンを補う必要があることを覚えておくとよいでしょう(または、それを豊富に含む食品を摂取する必要があります)。これはやりすぎても意味がありません。

ケルセチン-抗アレルギー作用

私たちがケルセチンに手を伸ばす最も一般的な理由の一つは、その優れた抗アレルギー作用にあります。この物質は炎症を抑え、ヒスタミンの放出をブロックし、アレルゲンと接触した場合のアレルギー反応を抑えます。ケルセチンを使用することで、私たちはアレルゲンの攻撃に抵抗力がつき、アレルゲンの攻撃を受けにくくなるため、発疹などの皮膚の変化、くしゃみ、花粉症などのアレルギー症状が出にくくなります。ケルセチンを摂取した結果、そのような症状が消えたり、目に見えて緩和されたりします。

ケルセチン-健康促進特性。ケルセチンを使う価値があるのはいつなのか?

さくらんぼ

ケルセチンは 強力な抗酸化物質で、フリーラジカルを不活性化し、細胞の酸化ストレスを最小限に抑えます。このようにして、生物の老化を防ぎ、病気に対する防御壁を強化します。最近特に注目されているのが、ケルセチンの抗がん作用です。この物質は、がん細胞の増殖を抑制し、がん細胞の死滅にも寄与します。

ケルセチンの重要な特性は、循環器系に非常に有益な効果があることです。この貴重なフラボノイドは、循環を改善し、心臓をサポートし、血圧を安定させ、 血管を密封して強化し、悪玉コレステロール値を下げるのに役立ちます。これらの特性のおかげで、ケルセチンは心臓発作、脳卒中、動脈硬化、血栓症から私たちを保護します。また、静脈瘤やクモ状静脈との戦いにおいても、かけがえのないサポートとなるでしょう。

も読んでみてください。Varicorin – 静脈瘤、クモ状静脈、脚のむくみに対する多成分の武器

ケルセチンは免疫力を強化し、炎症を抑え、ウイルスの活動を弱め、抗菌・抗真菌作用があります。それは風邪、インフルエンザ、呼吸器感染症、喘息、乾癬、糖尿病に役立ちます。また、脂肪細胞(脂肪細胞)の形成を防ぎ、脂肪組織の形で蓄えられた蓄えを防ぐことができるので、減量中にも効果を発揮します。そのポジティブな効果は、ストレスや心身の労作にさらされている人にも評価されるでしょう。ケルセチンは疲労を軽減し、気分を改善し、緊張をほぐします。

ケルセチン – 副作用、薬との相互作用

ケルセチン配合のサプリメントを使用する際は、メーカーの推奨事項を厳守して摂取することを忘れないようにしましょう。なぜ?なぜなら、ケルセチンを多量に摂りすぎると、心臓障害や血圧の急上昇などの副作用、特に抗ヒスタミン剤を同時に摂っている場合は、自分自身を危険にさらすことになるからです。また、ケルセチンは過剰に摂取すると、特定の抗生物質の効果を弱めることができます。

ケルセチンの意見

ケルセチンは非常に好評価を誇ることができます。体系的に使用している人は、アレルギー、感染症、風邪、炎症に対する抵抗力が著しく高まっている ことに気づいたとよく言います。ケルセチンに対する肯定的な意見は、循環器系に関連した病気の予防や緩和のために服用している人たちからも寄せられています。ネットユーザーのコメントによると、ケルセチンは免疫力を総合的にサポートし、様々な面で健康増進に効果的な植物性物質の一つとされています。

も読んでみてください。免疫力を高めるビタミン

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin