40349501725 7d5cf4cf23 k

ココナッツオイル – 世界で最も健康的なオイルの助けを借りて体重を減らす

最終更新日:2021.10.26

ココナッツオイルが世界で最も健康的なオイルのひとつと言われるのには理由があります。これは、体に必要な貴重な脂肪酸が豊富に含まれていることに加えて、さまざまなビタミンや生体成分が含まれているというユニークな組成によるものです。また、ココナッツオイルの粘性と物理的特性(煙点を含む)は、脂肪源として最もよく知られています。

ココナッツオイルには、健康とケアのための特別な特性があり、またダイエットを積極的にサポートすることから、キッチンや化粧品の分野で多くの用途が見出されています。また、飽和脂肪酸が多く含まれていることに疑問を持つ人もいるかもしれませんが、その構造上、動物性脂肪のような害はありません。また、常識的な人であれば、ココナッツオイルを過剰に摂取することはありません。少量のMCT酸であれば、体に悪影響を及ぼすことはありません。

ココナッツオイル – 摂取しても過剰にならないようにしましょう

ココナッツオイルの健康効果が話題になっていますが、飽和脂肪酸が含まれているので気をつけなければならないという意見もあります。世界で最も健康的な製品であっても、食べ過ぎれば健康になるというものはないので、注意が必要です。しかし、同時に、自分自身を完全に否定することは、多くの利点を逃してしまうことになります。

ココナッツオイルに含まれる 脂肪酸については、その特徴的な構造から、体にも健康にも安全であることを指摘しておきます。その特異性とは?

ココナッツオイルの特徴的な構造

ココナッツオイルには、飽和脂肪酸が80〜90%不飽和脂肪酸が約8%(一価不飽和脂肪酸が約6%、多価不飽和脂肪酸が約2%)含まれています。残りは他の化合物で構成されています。

ココナッツオイルに含まれる飽和脂肪酸の大部分(60%以上)は、 炭素原子数6〜12の中鎖脂肪酸(MCT)である。

中鎖脂肪酸は、動物性食品に含まれる長鎖脂肪酸よりも鎖が短いのが特徴です。この特性により、体内での同化、消化、代謝がより早く行われます。

中鎖脂肪酸は、体内に蓄積されて脂肪組織というエネルギーの貯蔵庫になるのではなく、体内で組織の燃料として継続的に使用されます。ココナッツオイルに含まれる脂肪のユニークな構造により、少量の摂取であれば、一般的な状態や健康の面で非常に有益です。ココナッツオイルのユニークな構造により、少量の摂取で、体調全般、心血管の健康、コレステロール値、容姿などの面で非常に効果的です。

ココナッツオイルは1日にどれくらい摂取すればいいのでしょうか?

ココナッツオイルはどのくらいの量が最適ですか?一日にどれだけのココナッツオイルを買えるか?1日に大さじ2杯程度のココナッツオイルを摂取するのが目安です。

しかし、毎日の食事で他の脂肪源をよく使う場合(例えば、他の油、オリーブオイル、バター、クリームなどが好きな場合)にはと、減量中でカロリーを細かく計算している人は、1日にココナッツオイルを大さじ1 杯までにしておきましょう。

ココナッツオイルとパームオイル-同じ油と勘違いされている2つの全く異なる油

ココナッツオイルはパームオイルと間違えられることがありますが、実は大きな 違いがあります。まあ、どちらも植物性であり、脂肪性の物質であるという点を除けば、ですが。ココナッツオイルがココナッツ椰子の実から作られるのに対し(ココナッツ椰子の実のコプラ(果肉)から搾られる)、パームオイルはアブラヤシ(ギニアヤシ)の実から抽出される。

オリジンとプロパティは別物です。ご存知のように、ココナッツオイルは多くの価値ある特性 を持ち、最も健康的なオイルの1つですが、パームオイルは全く逆です。悪名高い欠点がずらりと並び、残念ながら最悪の食べ物の特徴となっています。

パーム油は品質が悪く、栄養価がなく、安価で、化学的に水素添加されており、健康に害を及ぼすトランス脂肪酸がたっぷり含まれています。加工食品にも大量に使用されています。お菓子やインスタント食品、ストックキューブ、マーガリン、トーストしたパンなど、さまざまな製品に含まれています。したがって、パーム油を使用した製品に手を出す前に、パーム油の悪影響(悪玉コレステロール値の上昇、発がん性など)を考慮する必要があります。

精製されたココナッツオイルと未精製のココナッツオイルの比較

刻んだココナッツ

ココナッツオイルは、別名ココナッツファットやココナッツバターと呼ばれ、人気が高まっています。健康食品店だけでなく、スーパー(super foodsやオーガニック食品の棚)や小さな食料品店でも手に入れることができます。

ココナッツオイルは、植物油にしては珍しい固体の形をしています(バターに似ています)。高温に触れることで初めて液体になります。市販されているココナッツオイルには、精製されたココナッツオイルと未精製のココナッツオイルの2種類があります。一方と他方の特徴は何ですか?

精製されたココナッツオイル

精製されたココナッツオイルは、ほとんど透明か、わずかに白っぽい。味も匂いもありません。煙点が204℃しかないので、炒めたり焼いたりするのに最適です

精製されたココナッツオイルは、精製過程で高温にさらされた結果、残念ながらその重要な健康特性の多くが失われてしまいます。賞味期限は長いかもしれませんが、ココナッツの心地よい香りや、健康に良いとされる多くの特性はありません。もちろん、精製しても栄養価が完全に失われるわけではなく、そのレベルが下がるだけです。

精製されていないココナッツオイル

精製されていない低温圧搾のココナッツオイルは白い色をしており、ココナッツ特有の味と香りがあり、繊細なナッツの香りがします。 精製された よりも栄養価が高く、抗酸化物質、ビタミン、バイオエレメントが大量に含まれており、様々な健康増進効果が期待できます。多くの栄養士によると、脂肪組織を増やさないだけでなく、カロリーを消費するプロセスをサポートするという。このような理由から、精製ココナッツオイルよりも高価なのです。

精製されていないココナッツオイルは、さまざまな料理に適しており、焼いたり揚げたり、パンに塗ったり、冷たい料理に加えたりすることができます。未精製のココナッツオイルの煙点は177℃。さらに、未精製のココナッツオイルは化粧品にも広く使われています。肌や髪に潤いを与え、保護し、栄養を与えます。また、様々な皮膚の炎症にも効果があります。

ココナッツオイルの成分

ココナッツオイルの価値ある特性は、そのユニークな組成によって決定されます。主にカプリル酸とラウリン酸が含まれており、これらの成分が内的にも外的にも良い影響を与えることが科学的研究によって確認されています。また、ココナッツオイルには様々なビタミンやミネラルが含まれています。

動物性脂肪とは異なる性質を持つ中鎖飽和脂肪酸と、一価および多価不飽和酸のユニークな組み合わせ。動物性脂肪とは異なる性質を持つ中鎖飽和脂肪酸と、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸のユニークな組み合わせにより、栄養の吸収が良くなり、消化器系、肝臓、膵臓、胆嚢への負担が軽減されます。

ココナッツオイルに含まれる貴重な成分

  • ラウリン酸
  • ミリスチン酸
  • カプリル酸
  • カプリル酸。
  • パルミチン酸
  • ステアリン酸
  • オレイン酸。
  • リノレン酸
  • リノレン酸。
  • ポリフェノールです。
  • tocopherols,
  • トコトリエノール。
  • フィトステロールズ
  • ビタミンB群です。
  • ビタミンE
  • ビタミンC
  • ビタミンK
  • カルシウムです。
  • 亜鉛です。
  • アイアンを使用しています。
  • マグネシウムです。
  • potassiumを使用しています。

ココナッツオイル – 健康増進効果

ココナッツオイルが健康に与える影響は想像以上に大きく、特に週に4〜5回以上、計画的にココナッツオイルに手を伸ばせば、その効果は絶大です。この脂肪は、特に精製されていない状態では、体全体のコンディションを整え、多くの病気を軽減してくれます。また、文明の利器である多くの病気のリスクを減らし、感染症と戦い、免疫力を高める方法でもあります。

ここでは、ココナッツオイルの最も重要な特性を紹介します。

  • ココナッツオイルを常用すると、脂肪の代謝が良くなり、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を下げ、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を上げる効果があります。ココナッツオイルは、血中コレステロール値を正常化し、心臓や動脈を保護することで、動脈硬化などの心血管疾患の発症を防ぎます。
  • ココナッツオイルは、体内の糖質代謝に良い影響を与えます。血糖値を上げずに瞬時に大量のエネルギーを供給します。また、膵臓からのインスリン分泌を正常にする働きもあります。細胞にブドウ糖を供給するプロセスに関与することで、血糖値を下げる効果があります。
  • ココナッツオイルは、心の働きに優れた効果を発揮し、集中力や思考力を高めます。私たちの脳にエネルギーパワーを与え、より効率的に働かせます。また、ココナッツオイルは、Alzheimera病、パーキンソン病、認知症の予防にも効果があると言われています。これは、脳の機能を向上させる中鎖脂肪酸と抗酸化物質が含まれているからです。
  • ココナッツオイルには高い抗酸化物質が含まれており、フリーラジカルのあらゆる悪影響と戦うための強力な味方となります。抗酸化物質のおかげで、炎症を抑え、組織再生のプロセスを改善します。細胞をダメージから守り、体の老化を遅らせ、がんのリスクを軽減します。
  • ココナッツオイルは、肌や髪、そして歯にも使える外用オイルとして最適です。浄化作用、強化作用、抗菌作用があります。
  • ココナッツオイルは体の免疫機能を高めます。私たちの体の健康を脅かす病原体を排除します。様々な病気や感染症の原因となるウイルス、真菌、酵母、細菌、寄生虫と戦います。風邪、インフルエンザ、呼吸器系の感染症、皮膚疾患、尿路系の炎症などの影響を軽減します。また、わずかな鎮痛効果も示しています。
  • ココナッツオイルは体を強くし、活力を与え、身体能力を高めます。疲労の症状を和らげ、素早くエネルギーを供給し、非常に疲れていて眠い時でも立ち直らせてくれます。
  • ココナッツオイルは、骨や関節に良い影響を与えます。
  • ココナッツオイルは、体内のホルモンバランスを整える働きがあります。

ココナッツオイルの化粧品への利用

瓶の中のココナッツオイル、花びらの横にあるのは

クリーム、軟膏、ローション、コンディショナーなどの既製品には、ココナッツオイルが含まれているものが多くあります。さらに、純粋な状態で顔や手の肌に直接塗布したり、ヘアマスクとして使用したり、歯を白くするために歯磨きをしたりすることも自然にできます。それだけではなく、メイク落としとしても使えますし、従来のシェービングフォームの代わりにもなります。

ココナッツオイルには、強い保湿力 、栄養価、再生力があります。肌の弾力性を高め、より滑らかでハリのある肌にします。すべての肌タイプに適したココナッツオイルは、表皮の自然な保護バリアを強化します。色を均一にし、変色を抑えます。また、髪の毛にも優れた効果を発揮します。それらを強化し、より強く、より健康的に見せ、より光沢のあるものにします。

ココナッツオイルは、 ニキビや肌荒れ、炎症などの対策として、かけがえのない助っ人です。肌の奥深くまで浸透し、有害なバクテリアや微生物を除去し、炎症を鎮め、ニキビ病変による傷跡や変色の軽減を促します。あらゆる肌の有害症状に有効で、デリケートな肌、敏感な肌、アレルギーを起こしやすい肌の人にも適しています。

ココナッツオイルの肌への使い方は?

ココナッツオイルは、肌の状態を改善するための自家製化粧品に簡単に使用することができます。ココナッツオイルを使ったトリートメントとしては、マスクやスクラブが一般的です。また、ボディローションのベースとしてもお使いいただけます。

ココナッツオイルを使った化粧品組成物をご紹介します。

  • ココナッツオイルによる栄養補給と保湿マスク(溶かしたココナッツオイル大さじ1、つぶしたバナナ半本、レモン汁大さじ1)。材料を十分に混ぜ合わせ、顔に20分ほど塗布して洗い流します。
  • クレンジング&バランシングココナッツオイルマスク(溶かしたココナッツオイル大さじ1、グリーンクレイ大さじ1、ローズウォーターまたは普通の水を適量)。材料を混ぜ合わせ、顔に15分間塗布した後、洗い流す。
  • ココナッツオイルを使った引き締めと若返りのためのスクラブ(溶かしたココナッツオイル大さじ4、コーヒーかす大さじ4、シナモン大さじ2)。材料から均質な塊を作る。ボディに塗布し、2分間マッサージした後、洗い流します。
  • ココナッツオイル配合の再生ボディローション(溶かしたココナッツオイル大さじ3、溶かしたミツロウ大さじ3、アーモンドオイル大さじ2)。すべての材料を滑らかになるまで混ぜる。冷蔵庫に入れて固める。洗顔後の肌にバームを塗布する。

ココナッツオイルを髪に使うには?

ココナッツオイルは、髪の再生を促進し、より強く、より滑らかな髪にします。また、頭皮の健康をサポートします。ココナッツオイルを直接髪に塗ったり、オイルを使ったトリートメントを作ったり、ココナッツオイルと他の貴重な髪の成分でマスクを準備したりすることができます。

  • ココナッツオイルを使った再生・保護ヘアマスク(溶かしたココナッツオイル大さじ2、砕いたアボカドの果肉、アルガンオイル大さじ1)。混ぜた材料を30分ほど髪に塗り、洗い流した後、マイルドなシャンプーで髪を洗う。
  • ココナッツオイルから健康、活力、輝きを取り戻すヘアマスク(溶かしたココナッツオイル大さじ3、卵黄2個、蜂蜜大さじ1、ターメリック大さじ1)。これらの成分を混ぜ合わせたものを髪に塗布し、頭皮を軽くマッサージした後、20分後にマイルドなシャンプーで頭を洗います。

ココナッツオイルでダイエット

脂肪酸の存在により、ココナッツオイルは余分な体重の形成を促進すると思われます。しかし、これ以上の誤解を招くようなことはありません。すでに述べたように、ココナッツの脂肪は、他の脂肪とは異なる特殊な化学構造を持っています。吸収されやすく、体の中ですぐにエネルギーとして使われる製品であることを判断しています。 そのため、脂肪組織に変換されず、沈着しないのです。

ココナッツオイルを使ったダイエットは、 新陳代謝を活発に してカロリーの消費量を増やすとともに、体内の毒素を浄化する効果もあるため、非常に有効です。さらに、体が正常に機能するために重要なカルシウムやマグネシウムなどの栄養素の吸収を促進します。

さらに、ココナッツオイルを使用することで、食欲が減退し、 満腹感が長続きするようになります。これらの特性に加えて、新陳代謝が活発になり、解毒作用が高まることで、ココナッツオイルを定期的かつ長期的に使用することで、特に腹部の脂肪組織に蓄積された蓄えを減らすことができます。

ココナッツ脂肪の重要な利点は、コレステロール値とグルコース値の調整機能です。もちろん、油の摂取量は大げさではなく、かなりのカロリーがあります。その一方で、過剰に摂取したいと思う人がいるとは考えにくいです。

チェックします。痩身用タブレットのランキング

ココナッツオイル – キッチンでの使用

ココナッツ・オイル・イン・ザ・ジャー

ココナッツオイルは、揚げ物をするときに、動物性脂肪はもちろん、他の種類の油やオリーブオイルの 代わりに 使うことができます。

精製されたものも未精製のものも煙点が高いので、健康に良いだけでなく、使い勝手も良いです。精製されていない状態のオイルは、料理にエキゾチックな風味と香りを与えます。

バターの代わりにトーストに塗るなど、焼いたり焼いたりするのにも使えます。一般的には、そのクリーミーな質感のため、あらゆる種類のスプレッドの代わりに焼き菓子に最適です。

ココナッツオイルは、スープ、ソース、ドレッシング、ご飯、パスタ、野菜、肉料理、ケーキ、ビスケット、デザート、オートミールなどにも加えることができます。

ココナッツオイル – ダイエットをサポートするレシピ

夏野菜の軽いスープ

スプーン1杯のココナッツバターを鍋に溶かし、その中で刻んだ野菜を炒める(その際には(沸騰したお湯1リットルを注ぎ、15分ほど煮込みます(カリフラワーやブロッコリーなどを加えてもよい)。塩、コショウ、甘いパプリカ、カレー粉、ショウガ少々で味を調える。調理後、なめらかなペースト状にする。スープクリームにスプーン1杯のライトヨーグルトを加えてもよい。クルトンやパフィオペディルムを添えてお召し上がりください。

インスタント野菜のカツレツ

カリフラワーとブロッコリーの花を洗い、少し茹でます(セミハードになるはず)。野菜をフォークやプレス機でつぶす。卵、塩、コショウ、ナツメグ、ディルまたはパセリのみじん切りを加える。必要に応じてフライドオニオンを加える。パテに成形し、全粒粉を優しく塗り、ココナッツオイルでキツネ色になるまで揚げる。

Oatcakes

100mlのココナッツオイルを鍋に入れて溶かします。オートミール(200g)、小麦粉(できれば全粒粉)(150g)を入れ、卵1個と蜂蜜(大さじ3)を加えて混ぜ合わせ、そのまま冷まします。その後、直径約4cmのボールを作り、ベーキングペーパーを敷いたベーキングトレイに並べる。ボールを少しずつ平らにしていきます。180度のオーブンで約20分焼きます。冷めたらしっかりと閉じて保存してください。

chia種とココナッツオイルを使ったフィットプディング

200mlの牛乳を沸騰させ、小さじ3杯のchiaの種を注ぎ、弱火で約1分間、ずっとかき混ぜながら煮る。蜂蜜を小さじ1杯加えて混ぜ、冷ましておく。フライパンに大さじ1杯のココナッツオイルを溶かし、スライスしたリンゴ、洋ナシ、プルーンをお好みで入れます。柔らかくなるまで数分煮込み、その間にシナモンを大さじ1杯加える。果実を冷やす。chiaのプリンを皿に入れ、フルーツを上に乗せる。

Category: 減量

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin