pexels freestocksorg 143654

コリン ビタミンB4, 生体内の機能, 作用, ソース.コリン入りの製剤を使う価値があるのはいつですか?

コリン(ビタミンB4)は、残念ながら私たちのシステム物質の適切な機能のために非常に重要ですが、残念ながら私たちはしばしば私たちの体の中であまりにも少しを持っています。コリンは胎児の神経系や脳の適切な発達をガードする成分なので、妊婦さんにとっては特にコリン不足は危険です。ビタミンB4は、筋肉や心臓の働きを調整するなど、大人になってからも重要な働きをしており、良好な精神力の維持や非の打ちどころのない記憶力に影響を与えます。この重要な物質についての詳細を確認してみましょう、そのサプリメントは私たちをもたらすことができるどのような利点を確認します。

コリンとは何か?

コリン(ビタミンB4)はビタミン様物質群に属する有機化合物です。主に塩化物の形で発生し、無色または白色の結晶性物質で、水やエタノールによく溶けます。

ビタミンB4はレシチンなどのリン脂質の成分です。細胞膜の構成要素です。その主な役割の一つは、私たちの体の中で細胞の適切な構造を作り、維持することです。

コリンは体内で起こる多くのプロセスにも関与しています。それは脂肪やタンパク質の代謝に参加し、神経系を制御し、肝臓の機能を改善します。しかし、これらはコリンの数多くの機能の一部に過ぎませんが、実際にはそれは私たちの体のほとんどすべてにプラスの効果を持っています、それはなぜ適切なレベルでその濃度を維持することが非常に重要である理由です。

私たちの体内では少量のコリンが自力で生産されていますが(葉酸やビタミンB12、アミノ酸などの助けを借りて肝臓で合成されています)、私たちには不足しています。だからこそ、この物質の不足分を補えるようなバランスの良い健康的で豊かな食事を摂ることが非常に重要なのです(この記事では後ほど、コリンの最高の食材源についてお話します)。

コリンが入った既製品のサプリメントを使って不足分を補ったり、脳や全身の働きを良くしたりすることもできます。

コリンの1日の必要量は?

コリンは、人気のある簡単に手に入る食品に多く含まれていますが、それでも多くの人がその不足に対処しなければなりません。このような状態の犯人は、加工食品の食事をベースにした貴重な食材が乏しく、残念ながら多くの人が日常生活を送っていることは間違いありません。

コリンの1日の必要量は、年齢や性別によって異なります。コリンは胎児の発育や新生児・乳児の発育に大きな影響を与えるため、妊娠中や授乳中の女性には摂取量を増やすことが推奨されています

コリンの1日の推奨摂取量

  • 成人女性 – コリン1日あたり425mg
  • 妊婦さん-コリン1日450mg
  • 授乳中の女性 – 1日あたり550mgのコリン
  • 成人男性 – 1日550mgのコリン
  • 思春期の子供 – 1日あたり250~375mgのコリン
  • 小児 – 1日150~250mg
  • 乳児 – 1日125~150mg

コリン-脳と神経系への影響

ビタミンカプセル

コリンは、神経細胞の構造と機能に有益な効果があり、神経細胞間のインパルスの伝達に参加し、したがって、私たちの心の仕事を向上させます。物質は血液脳関門を容易に通過し、中枢神経系を刺激する。

コリンは神経伝達物質の経済に重要な役割を果たしています。重要な神経伝達物質であるアセチルコリンが合成されるのはコリンからであり、このコリンは優れた記憶力と迅速で生産的な思考を司っています。

体内のコリンの濃度が適正であれば、アセチルコリンの濃度も適正に保たれます。逆に、体内のコリン濃度が低いと、アセチルコリンの産生が損なわれ、精神的な幸福感が不安定になり、集中力、記憶力、思考力などの認知プロセスが悪化する可能性があります。

も読んでみてください。集中力を高めるには?

神経系に関連してコリンとそこから産生されるアセチルコリンの最も重要な性質

  • 神経インパルスの伝達にプラスの影響を与える。
  • 記憶力の向上。
  • 学習能力の向上、新しい情報の吸収に好影響。
  • 濃度が向上しました。
  • 対人関係の改善
  • モチベーションを高める。
  • 知性の仕事を改善し、精神的なパフォーマンスを向上させます。
  • 気分にプラスの効果、抑うつ状態の減少、精神的なバランスを回復する。
  • 睡眠にプラスの効果
  • Alzheimeraなどの認知症疾患のリスクを下げる

も読んでみてください。記憶力を向上させるには?

コリンのその他の重要な仕事と機能

それは私たちの体で発生する多くのプロセスに参加し、細胞の完全性と適切な成長の世話をし、代謝を向上させ、多くのシステムや臓器の正しい働きを決定します。コリンの最も重要な働きをご紹介します。

  • 細胞膜の組成に入り、細胞に適切な構造を提供し、それらの間のインパルスの伝達を改善します。
  • DNAの構造を保護します。
  • アセチルコリンの前駆体であり、神経系の正しい機能に重要な神経伝達物質です。
  • 記憶のプロセスを改善し、脳の機能にプラスの影響を与えます。
  • 脂肪の代謝を調整し、悪玉コレステロールや中性脂肪の血中濃度を下げます。
  • 肝臓を保護し、機能を向上させます。肝細胞(肝細胞)の再生をサポートします。脂肪肝などの肝臓病を予防します。
  • 心血管疾患に対抗する。心臓機能をサポートし、血圧を正常化し、血小板の凝集を防ぎ、血栓のリスクを軽減します。
  • 呼吸器系の機能を改善します。
  • 筋肉機能に肯定的な効果を持っている、トレーニングやボディビルの人々のための貴重なサポートです。
  • 胎児の適切な発育(特に脳や神経系の発達)をケアし、胎盤の働きをサポートし、胎児の欠陥を防ぎ、ダウン症や自閉症などの欠陥や発達障害のリスクを大幅に軽減します。
  • 新生児の脊髄の発達をサポートします。
  • 肝機能をサポートすることで、体内の毒素や不要な物質の浄化を促します。

コリンで良質な調合をお探しですか?

体のデトックスと肝臓をほぐす効果的な方法を発見:Detoxyn

Detoxyn talbetki 毒素の体を浄化するための

コリン – 食品中のソース

コリンが豊富に含まれている食品は

  • 肝臓
  • 卵(特に黄身)。
  • 鶏肉、七面鳥、牛肉
  • 豚ハム。
  • 魚です。
  • シーフード
  • ほうれん草などの葉物野菜
  • ブロッコリーです。
  • マメ科の植物。
  • 亜麻仁です。
  • アーモンド。
  • ナッツ
  • 杏ちゃん。
  • ラズベリー
  • グレープフルーツ、ミカン、オレンジ
  • アボカド
  • ふすま
  • オートミール

コリン欠乏症とその影響

体内のコリンのレベルが低すぎると、特にそれが長い間持続する場合は、次のような影響を引き起こす可能性があります。

  • 血中の中性脂肪やコレステロールの増加。
  • 脂肪肝。
  • 血圧の急上昇、心臓に問題がある
  • 動脈壁上の脂肪分子の蓄積の増加、アテローム性動脈硬化症の発症。
  • 緊張、不安、落ち着きのなさ
  • 錯乱、思考障害。
  • 不眠症、入眠困難
  • 精神的生産性の低下
  • 記憶力の低下
  • 集中力が低下している。
  • 消化器系のトラブル、便秘
  • 頭痛やめまい

体内のコリン不足は 、通常、栄養価の高い食品の不適切な食事の結果です。また、アルコール乱用、ストレス下での生活、神経疲労の結果である可能性もあります。

情報源です。

  • https://www.healthline.com/nutrition/what-is-choline
  • https://www.medicalnewstoday.com/search?q=choline
  • https://www.webmd.com/diet/foods-high-in-choline#1

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin