fresh orange juice 1614822 1280

ジュースダイエット(レシピ、ルール、効果) – 高速デトックス、クイック5キロの損失

ジュースダイエットは、主に体内の毒素を浄化し、消化器官を和らげることを目的とした特急ダイエットプランの一つです。このダイエットが急激な減量につながるということもあり、ダイエット方法として使われることもあります。確かに、長い間私たちと一緒にいることができる栄養の体系ではありませんが、一方で慎重に実施されているジュースダイエットは、図体を細くするなど、いくつかの重要な効果をもたらすことができます。

ジュースダイエットというのは…。

数日で数キロ痩せた?それは、他の人の間では、名前が示すように、ジュースに基づいているジュースダイエットのおかげで可能です – 搾りたての野菜や果物、またはその両方を使用して準備します。

体重の急速な減少の約束の背後には、しかし、そこにある かなりの栄養ラジカルは、ジュースダイエットに着手し、我々はのために自分自身を準備する必要があります。ジュースダイエットに続いて、朝食にはフレッシュロール、ランチには香り豊かなスープと実質的なセカンドコース、ディナーにはおいしいサラダとトーストを忘れてしまうことができる間、私たちは、多くの決意を必要としています。

ジュースダイエット – ルール。生の解毒治療中の食べ方は?

グラスジュースとフルーツのみじん切り

ジュースダイエット中の私たちは、約1~3日の間に、ジューサー、ジューサー、ミキサーを使って、その場で作ったジュース(飲む直前)だけを摂取します。ブレンダージュース、つまりブレンダーカクテルでは、野菜や果物を丸ごと刻むのに対し、ジューサーやジューサージュースでは、原材料の一部が無駄になってしまいます。そのため、ブレンダーのカクテルは、ジューサーやスクイザーで抽出した従来のジュースよりも、繊維、抗酸化物質、酵素、ビタミンなどの価値ある成分を多く含んでいます。

すでに述べたように、ジュースダイエット中はジュースだけを飲むようにしています。私たちが許せる添加物は、スパイス(塩と既製品のスパイスミックスを除く)、ハーブ、ハーブティー、フルーツティー、緑茶、脂肪分を添加していない野菜のスープだけです。

摂取する製品に制限があり、タンパク質や炭水化物などの重要な栄養素が十分に摂取できないため、ジュースダイエットは3日以上は続かないようにしましょう。もちろん、その完了後、私たちもお勧めですが、これらの3日後に我々はメニューに他の製品を導入し始めることが重要です – 穀物製品、脱脂乳製品、卵、赤身の肉や魚、野菜や果物の液体以外の他の形で – 。

ジュースダイエットをした後のダイエットほど重要なものはありません。1つは、消費カロリーを少しずつ減らして、他のメニューの商品を除外してジュースダイエットの準備をすることです。あまりにも唐突なメニューから厳しいジュースダイエットへの移行は、私たちの体に衝撃を与えてしまい、ひどい気分になってしまい、すぐにダイエットを中止してしまうことになりかねません。

ジュースダイエット – 健康、福利厚生、図の外観への影響

ジュースダイエットとは、ジュースデトックスとも呼ばれている代表的なダイエット方法で、体の中の毒素を浄化するというものです。それは処理された食糧および環境、また新陳代謝の不必要なプロダクトから来る私達の体の毒の集中的な取り外しのプロセスを刺激します。また、体の余分な水分を取り除いてくれる効果もあります。消化器系の働き(加工された食べ物や消化しにくい食べ物で急に負荷がかからなくなる)を改善し、代謝を高め、全体の機能を向上させます。

ジュースクレンジングは、太りすぎの人、すなわち体重の急速な損失のために非常に有益である別の効果を持っています。これは、果物や野菜の汁物は、非常に少量のカロリーを提供するために発生します。これは、脂肪の蓄えをエネルギー源として利用することが増えたことによるものです。さらに、ジュースダイエットをしている間、私たちの体は多くの水分を排泄し、私たちが知っているように、皮下の水分が失われることは、体重の全体的な減少にも影響を与えます。

ジュースのデトックスは、別の理由で長期的な減量に着手したい人のためにも貴重です – 任意の液体ダイエットのように、それは食事中に満腹感のより速い感じを促進する胃の収縮に影響を与え、食品の少量を食べています。

要するに、ジュースダイエットの直接的な効果は
  • 体内のデトックス
  • 2~5kgの減量。
  • 胃が縮む
  • 代謝過程の改善。
  • 消化器系の改善
  • 肝臓と腎臓の浄化。
  • 気分の改善。

ジュースダイエット~プラン

トマトジュース

最悪なのは、事前に段階的な食事制限をせずに、突然ジュースデトックスを始めることです。私たちの体は、標準的な、変化に富んだ食事をジュースで突然置き換えるなど、いかなる急激な変化にもうまく反応しません。ダイエットメニューの導入は、予定の1週間前くらいから始めるのがベストです。 デトックス ダイエットメニューの導入を開始します。ファストフードなどの加工食品をあきらめ、不健康な脂肪、お菓子、アルコールを排除し、食品の一回分を制限する。野菜や果物を中心とした小食で、赤身の肉や魚、卵、赤身の乳製品、穀物製品(米、麦、パンなど)を少量ずつ、4~5回に分けて食べます。

ジュースダイエットの7~3日前のサンプルメニュー

  • 朝食:食パン2枚、サーロイン3枚、トマト、グレープフルーツ
  • 2回目の朝食:フルーツサラダ
  • 夕食:野菜スープのトマトスープ(少量のご飯と一緒に
  • 午後のおやつ:ミルク入りキビ
  • 夕食:グラハムクラッカー、野菜入りカッテージチーズ

ジュースダイエットの前の2日間は、肉などの動物性食品を手放し、野菜や果物だけを食べ、場合によっては種や全粒粉製品を少量ずつ食べます。また、コーヒーや紅茶は飲まず、ハーブティーやフルーツティーに置き換えています。私たちは毎日、新陳代謝を刺激し、毒素を浄化する飲み物を大きなグラスで飲むことから始めます。

出口ステージはジュースダイエット計画においても重要な役割を担っています。食事療法が完了したら、徐々に他の製品の導入を開始する必要があります– 最初の 2 日間は野菜や果物だけを食べて、次の日には少量の穀物、米、調理された赤身の肉や調理された魚、カッテージチーズの少量に到達する可能性があります。可能な限り、それ以上の週に向けて、食事療法的で健康的なスタイルを維持するようにしています。そうでなければ、例えば加工食品やお菓子、不健康な脂肪を大量に食べ始めても、デトックスはほとんど役に立たず、なんとか痩せられたポンドはすぐに戻ってきてしまいます。

ジュースダイエット – メニュー

ジュースダイエットは流動食なので、その期間中は固形物をすべて忘れて、野菜や果物を使ったジュースやカクテルに集中します。新陳代謝を早め、電解質を補給するために、レモン汁を使ったミネラルウォーターを大きなグラスに入れて、毎日始める価値があります。ジュースダイエットの食事は、栄養の単調さを感じさせないように、またできるだけ多くの栄養素を摂取できるように、バラエティーに富んだ構成になっています。

メニューは6食に分けるのがベストです。それぞれの間に、私たちは選択された野菜や果物、または両方のジュースの大部分(約半分のリットル)を飲みます。フルーツの優位性を持つジュースは、朝の時間と昼間の周りのために残された最高のものです – 一日のこれらの時間で私たちは、果物に豊富にある単純な炭水化物の多くの量を必要としています。野菜優位のジュースは、午後と夜に最適です – 彼らは低カロリーでありながら、充填と栄養価が高いです。最初の朝食は一日の中で最も重要な食事なので、特に量・質ともに充実したものにしておきましょう。

ジュースダイエットのサンプルメニュー

  • 朝食: バナナ、オレンジ、フレッシュほうれん草の葉、りんごの濃厚なsmoothie
  • 2回目の朝食:にんじんと桃のジュース(ターメリック入り
  • 昼食:アボカド、ブロッコリー、キュウリ、キウイのグリーンスムージー
  • 午後:ビーツとセロリのレモン汁
  • 夕食:グリーンピース、セロリ、リンゴのカクテル

ジュースダイエット – 痩せる・クレンジングジュースのレシピ

ガラスのボウルにブルーベリー

ジュースの処理で最大の良い結果を得るためには、準備した後すぐにそれらを飲む価値があります。生姜、ナツメグ、シナモン、胡椒、カレー、ターメリック、ハーブ(ミント、バジル、オレガノ、パセリ、タイム)などのスパイスを加えて、どんな野菜や果物からでもジュースを作ることができます。私たちは、組成物に水、塩、砂糖を加えないようにしています。

具だくさんジュースやカクテルのレシピ

  • セット1:梨3個、梅6個、パセリ根3本、ニラ1本、きゅうり4本、レモン汁
  • セット2:りんご3個、ビーツ3個、にんにく3片、ピーマン1個、にんじん2本、オレガノ
  • セット3:ブロッコリー大1個、ズッキーニ大1個、キウイ3個、生姜
  • セット4:パイナップル0.5個、桃2個、セロリ2本、フレッシュミント
  • セット5:トマト6個、ピーマン2個、にんじん2本、唐辛子1本、カレー
  • 6個入り:カレンツ2カップ、バナナ2本、ケールまたはレタス3つかみ、シナモン
  • セット7:ブルーベリー2杯、アボカド1個、りんご3個、ほうれん草の葉3つかみ
  • 8個入り:いちご2カップ、みかん2個、にんじん3本、パセリ1束
  • 9個入りさくらんぼ2カップ、ぶどう2房、ネクタリン4個、バナナ2本
  • 10セットレタス1頭、ロケット3つかみ、きゅうり5本、セロリ1本、りんご2個、バジル

ジュースダイエット – 感想

ジュースダイエットについては意見が分かれています。気分の改善、慢性疲労の解消、一般的な健康改善、肌や髪の状態の改善、体重減少など、優れた効果があるため、非常に満足している人もいます。他の人は、ジュースダイエットはあまりにも制限が多く、疲れるし、デトックスして体重を減らすために、はるかに穏やかな、まだ同じように効果的な方法があると考えています。

確かにジュースデトックスは万人向けではありません。あなたは2-3日のためにジュースを飲むだけではあまりにもあなたのために疲れるだろうと感じている場合は、クレンジングとポンドを流すの別の方法を選ぶ必要があります。

また、少し減った形でジュースダイエットを適用することができます – 毎日ジュースのいくつかの部分を飲むが、同時に完全に他の製品をあきらめてはいけません。例えば、朝食にはグラハム半分にカッテージチーズとトマトを入れてジュースを飲む。2回目の朝食はジュースのみを飲む。昼食は、野菜の養生+ジュースでご飯100gを食べる。アフタヌーンティーにはスムージー、夕食にはジュース+野菜の焼き魚。

また、チェックしてください。ファットバーナーのランキング

Category: 減量

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin