tablets pills medicine disease 65629

ビタミン不足 – どのようにそれを認識し、それに対処するには?

時々、それはそのような病気のようなことが起こる:脱力感、疲労感、眠気、風邪への感受性、皮膚の変化、消化器系の障害は、特定の栄養素の欠乏とは全く関連していません。一方、それらはしばしば低ビタミン症、すなわち体内のビタミンの量が不足している結果である。

ビタミンB不足 – それをどのように認識し、それに対処するには?

板の上のナッツほとんどの場合、低ビタミン症の症状は急に激しく出るわけではないので、すぐにビタミン不足と結びつくことはありません。これは、神経系の適切な機能と精神的な健康、そして良い肌の状態、視力、免疫力のために責任を負うビタミンB群の場合です。しかし、睡眠や集中力の乱れ、イライラや無気力、消化器系の問題、皮膚の変化、抜け毛などは重大な警告サインのはずです。

ビタミンB群は、個々の臓器や生命機能に関連して非常に重要な機能を持っています。ビタミンB群不足を是正するためには、レバー、ほうれん草、オートミール、ふすま、魚、鶏肉、大豆、豆類、ナッツ・種子、乳製品、卵などの食品を食べるようにしましょう。

ビタミンA欠乏症-症状とコントロール

にんじん他のビタミンと同様に、ビタミンAの欠乏は不十分な食生活、つまりこの特定の栄養素が不足している食品が原因であることがほとんどです。ビタミンAは、正常な視力、粘膜の状態、免疫力の維持、さらには成長ホルモンの働きに影響を与え、甲状腺疾患を予防する働きがあります。ビタミンAの摂取量が少なすぎると、いわゆる「鶏失明」、皮膚や爪、髪の毛のトラブル、粘膜の乾燥、免疫力の低下、成長阻害、さらには生殖周期の乱れなどを引き起こす可能性があります。

動物性食品も植物性食品もビタミンAの源です。動物性食品ではレチノールと呼ばれ、植物性食品ではβカロチンと呼ばれています。ビタミンAは主に魚や脂身の多い魚、内臓、卵、乳製品、ほうれん草、ケール、トマト、にんじん、赤ピーマン、レタス、かぼちゃ、さくらんぼ、梅、桃などの植物性食品に多く含まれています。

ビタミンE欠乏症~対処法は?

ヒマワリ若さのビタミンと呼ばれるビタミンEは、フリーラジカルと戦う強力な抗酸化物質で、老化のプロセスを大幅に遅らせることができます。また、脂肪酸の酸化を防ぐことで動脈硬化性プラークの形成を防ぎ、循環器系の適切な機能に重要な役割を果たしています。その欠乏は、他の多くの器官やシステムの代謝や仕事の障害、協調性や集中力の問題、視力の悪化、免疫力の低下、早期老化を引き起こす可能性があります。

好ましくない症状に対処するためには、手を伸ばす価値があります。植物油、小麦胚芽、全粒粉製品、アーモンド、ヘーゼルナッツ、ヒマワリの種、卵、牛乳、緑の野菜、また、植物性バターやマーガリン。

ビタミンK欠乏症-主な症状とコントロール

ケールビタミンK欠乏症は、ビタミンE欠乏症と同様に、むしろ稀で、その原因は通常、脂肪の吸収不良や他の胃腸障害だけでなく、抗生物質や一部の減量食の長期摂取です。ビタミンKは血液の形成過程やカルシウムの代謝に重要な役割を果たしています。欠乏症の影響としては、血液凝固障害や骨のミネラル化が進み、がんや下痢、炎症性腸疾患のリスクが高まることが挙げられます。

ビタミンKの豊富なソースは、主に葉物野菜です – レタス、キャベツ、ケール、ほうれん草、クレソン、ビートルートだけでなく、ブロッコリー、カリフラワー、カブ、インゲン豆。肝臓、緑茶、牛乳とその製品、人参、じゃがいも、トマトに少量含まれています。

ビタミンC欠乏症-症状とコントロール

柑橘類、ブドウ、バナナビタミンC(アスコルビン酸)は、間違いなく身体の適切な機能に必要な最も重要な成分の一つです。血管を密閉したり、血圧やコレステロール値を下げたり、コラーゲンの生成を調整したり、毒素やフリーラジカルから守ったり、免疫力を強化したりと、多くのプロセスを担っているので、その重要性を過大評価するのは難しいです。

ビタミンC欠乏症の最も顕著な症状は、血管のひび割れ、脱力感や疲労感、免疫力の低下、関節や筋肉の痛み、皮膚の乾燥、歯肉炎などです。天然ビタミンCは主に果物や野菜に含まれています:カシスとアセロラ、グレープフルーツ、赤唐辛子、パセリ、ブラックベリー、ラズベリー、イチゴ、ほうれん草、ブロッコリー、アスパラガスなどの柑橘類。ワサビは、この物質の非常に高い含有量を持っている、それはまた、グリーンピース、リンゴ、トマトにあります。

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin