finasteryd 1

フィナステリド-気をつけるべき抜け毛対策薬

何としてもアンドロゲン性脱毛症を抑制するためには、体への安全性に疑問のあるものも含めて、脱毛のための様々な準備に手を伸ばします。そのような物議を醸している薬剤の一つにフィナステリドがあります。その強みと弱みとは?長期間の使用は健康に危険ですか?

フィナステリド – 効果と効果

フィナステリド

ステロイドのグループに属し、フィナステリドと呼ばれる化合物は、前立腺肥大症(前立腺)に使用される薬の主成分です。さらに、この薬剤は、男性型脱毛症と闘うためにも使用されます。フィナステリドを含む医薬品は処方箋があれば入手可能で、Adaster、Antiprost、FinaGen、Finaster、Propecia、Proscarなどがあります。フィナステリドの作用機序は、5αリダクターゼの産生を止めることです。この酵素は、テストステロンのジヒドロテストステロン (DHT) への変換の直接の「犯人」であり、順番に毛包の弱体化の責任があり、結果として – アンドロゲン性脱毛症のために。そのため、フィナステリドはDHTの有害な作用をブロックすることに貢献し、さらなる抜け毛や深部ハゲを効果的に抑制します。

フィナステリド – 副作用

フィナステリドベースの薬は、アンドロゲン性脱毛症に対する効果的な障壁となることができますが、治療と一緒に表示される可能性があります副作用の全体の範囲であるコインの反対側に注目する価値があります。性欲の低下や喪失、不妊症、精子の減少、性的パフォーマンスの乱れ、乳房の肥大、睾丸の減少 – おそらくどの男性も自分自身でそのような症状を見たいとは思わないでしょう。残念ながら、フィナステリドによる長期治療中に、これらのホルモン障害や類似のホルモン障害が起こる可能性があります。また、アンドロゲン性脱毛症が一時的に抑制されるというデメリットもあります。薬剤を中止すると、また髪の毛が抜け始めます。

フィナステリド-意見

男性型脱毛症の治療薬としてのフィナステリドに関する意見は、ほとんどが好ましいものではありません。この薬を服用することを決めた男性の90%が、生殖能力の問題、性欲の低下(または欠乏)、勃起不全、胸の腫れや痛みなどの問題によって現れるホルモンバランスの乱れを訴えています。何が悪いかというと、これらの不満はフィナステリドの中止で消えることなく、継続していたことを強調する男性もいました。

まとめると、フィナステリドは体に悪影響を及ぼし、男性なら誰もが恐らく手を出したくないようなホルモン障害を引き起こします。これに対して、男性型脱毛症の自然療法として、例えば エックスエイトエックスは、上記のような副作用はありません。Profolanについての詳細はこちらをご覧ください。 ほんぴょう.

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin