oil g88af53a4f 640

ヘアオイル – 髪を強化し、ヘアスタイルの印象を良くする!秘密のないヘアケア

オイルを髪に塗ることは、ヘアケアの一環として、あるいは既製の化粧品の代わりとして、ますます人気が高まっています。実は、ヘアオイルは新しいヘアケア方法ではなく、古代から何世紀にもわたって受け継がれてきた伝統があります。オイルは、髪に深く栄養を与える自然で効果の高い方法です。

ヘアオイルは、もろい髪、傷みやすい髪、乾燥した髪、脱水した髪、弱い髪、フケが出る髪、抜け毛が多い髪など、ほとんどの問題のある髪に効果があります。しかし、すべてのオイルがすべての髪質に同じように効果を発揮するわけではありません。オイルの成分によって、ダメージを受けた荒れた(多孔質の)髪に最適なものと、なめらかな質感の髪に最適なものがあります。ヘアオイルの使い方を教えてください。どのヘアオイルを選べばいいですか?

髪質とヘアオイル

ヒマワリの横に置かれたオイルのフラコン

ヘアオイルは、髪に栄養を与えて再生する特許取得済みの方法であるだけでなく、効率的に髪のコンディションを整え、ヘアスタイルを総合的に向上させる方法でもあります。植物油は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸(一価不飽和、多価不飽和)が一定の割合で含まれており、それぞれ固有の組成を持っています。脂肪酸の量によって、軽い髪、細い髪、くせのある髪に効果的なオイルと、重い髪、太い髪に効果的なオイルがあります。どのオイルがどの髪質に適しているのか?

孔隙率(ケラチン層の分離度)による髪のタイプ

  • 多孔性毛髪:多孔性毛髪のケラチンスケールは、毛幹から離れて強く回転しています。髪の毛の構造は不均一で、かなり荒れています。静止していることが多く、飛ばされることもあります。シャンプーの後、すぐに乾く。ほとんどが乾燥していて、もろく、薄く、くすんでいて、ダメージを受けています。毛先が裂けてしまい、裂けやすくなっています。抜け落ちやすく、繊細でデリケートなため、ダメージを受けやすいのです。梳くのは難しいですが、カールやスタイリングはしやすいです。
  • ミディアムラフヘア– キューティクルが根元から少し傾いていて、比較的スムーズですが、ある種のラフさがあります。太さは普通ですが、毛先がよく割れてしまいます。適切なケアをすれば、問題はありません。自然なツヤがありますが、少しマットな感じもあります。かなり扱いやすく、コーミングもしやすいのですが、予測できないこともあります。水に濡れると縮んでしまうし、冬は帽子をかぶるので脂ぎってしまうし、暖房の季節には静電気が発生しやすい。頻繁にブローしたり、フラットアイロンでストレートにしたり、ブリーチをしたりといった激しいスタイリングをしたり、適切な保護をしなかったりすると、髪は乾燥してダメージを受けます。
  • 低孔性毛髪 とは、キューティクルに密着している毛髪のことで、鱗片が閉じています。ローパーフレクテッド・ヘアは、際立った滑らかさと弾力性が特徴です。高い保湿力があり、乾燥しにくいです。シャンプー後の乾燥に時間がかかる。重く、ほとんどがストレートで、光沢があり、厚みのある質感です。丈夫でダメージに強く、激しい整髪料や頻繁なホットスタイリングでも品質が低下することはありません。重いため、ボリュームがなく、くすんだ印象になりがちです。スタイリングがしにくく、カールしにくく、長持ちするヘアスタイルを作るには大量の定着剤が必要です。

どのような髪型にどのようなオイルを使うか?

多孔質な髪に最適なオイルは、不飽和脂肪酸(特に多価不飽和脂肪酸)の含有量が多いものです。これらのオイルは分子が大きいため、髪のキューティクルを密閉し、髪の構造を改善し、重くする効果があります。このオイルは、髪のキューティクルを効果的に密閉し、髪の構造を改善し、過度に軽くて薄い髪を重くするだけでなく、深く保湿し、再生し、栄養を与えます。また、外的要因による悪影響からも保護してくれます。

不飽和脂肪酸を豊富に含むオイルはすべて、特に一価不飽和脂肪酸を豊富に含むオイルは、ミディアムヘアのケア に最適です。中程度の分子量のため、髪のキューティクルを閉じるのを助け、髪に栄養を与えます。中サイズの分子が髪のキューティクルを閉じ、髪に深みを与え、ハリを与え、潤いを保ちます。同時に、ヘアスタイルを重くすることなく、縮れを防ぎ、ヘアスタイルの状態を改善します。

孔の少ない髪のケアには、飽和脂肪酸を主成分とする植物油が最も適しています。これらのオイルは分子が小さいので、髪を重くすることなく、ボリュームを出し、コンディションを整え、皮脂の分泌を調整します。

穿孔率の高い髪に最適なオイル

  • アルガンオイル
  • ブラッククミンオイル
  • 月見草オイル。
  • 亜麻仁油。
  • グレープシードオイル。
  • ヒマワリ種子油
  • ラズベリーシードオイル
  • アボカドオイル。
  • ベニバナ油。
  • パンプキンシードオイル。
  • ヘンプシードオイル。
  • 大豆油。
  • 小麦胚芽油。
  • 綿実油。
  • ローズオイル。

ミディアムヘアに最適なオイル

  • マカダミアオイル
  • ひまし油
  • オリーブオイルです。
  • アルガンオイル。
  • 米油です。
  • 菜種油。
  • スイートアーモンドオイル
  • アプリコットカーネルオイル
  • ホホバオイル
  • ツバキ油。
  • ヘーゼルナッツ・オイル
  • ごま油。

湿気の少ない髪に最適なオイル

  • ココナッツオイル
  • パーム油
  • シアバター。
  • ココアバター
  • マンゴーバター。
  • ひまし油。
  • ババスオイル。
  • バオバブオイル
  • ざくろ種子油
  • モリンガオイル。

ヘアオイル – 実績のある6つの方法をご紹介します。

オイルボトルの横には花が飾られている

1種類のオイルでオイルアップする場合と、数種類のヘアオイルを混ぜてオイルアップする場合では、いくつかの方法があります。これらの技術は、オイルを塗布する量とトリートメントに必要な時間が主に異なり、数分間だけオイルを髪に塗布するものもあれば、数時間かけて塗布するものもあります。

これらの方法の中には、非常に多孔質な髪の女性に適した方法(オーバーナイト・オイルリング法など)もあれば、中・低孔質な髪の女性に適した方法(30分クイック・トリートメントやオイルと水の混合法など)もあります。

髪の毛にオイルを塗る方法としては、最も一般的なものがあります。

乾いた髪に一晩オイルを塗る

大さじ1~2杯のヘアオイルを、事前に手のひらで揉み込むようにして、ブラッシングした髪に塗布します。オイルを髪全体に行き渡らせます。髪の根元が油っぽくなりがちな人は、中間から毛先に向かってオイルをつけてください。三つ編みやお団子を作る。枕の上に厚手のタオルを置き、汚れないようにします。朝、髪にオイルを塗った後、マイルドなシャンプーでしっかりと洗います。

クイックドライオイリング

この方法は、1時間後に家を出なければならないなど、時間に余裕がない場合や、最もシンプルで負担の少ないヘアケアをしたい場合に適しています。乾いて櫛で整えた髪に、選んだオイルを毛先に注意しながら塗布する(大さじ1杯程度)。約20分待ってから、髪を洗います。時間に余裕がある場合や、髪が非常に傷んでいたり乾燥している場合は、オイル塗布の時間を30分や1時間に延長することができます。

濡れた髪にオイルを塗る

大さじ1~2杯のオイルを非常に湿った状態の髪に塗布する(ドライヘアの場合はほぼ根元から、ノーマルヘアやオイリーヘアの場合は髪の中間から)。約1.5時間後、髪をすすいでから洗ってください。

コンディショナー付きオイルトリートメント

髪を浸した後、軽く水気を切ります。コンディショナーを塗布した後、手のひらに広げた少量のヘアオイルをコンディショナーに塗布します。また、オイルとコンディショナーを組み合わせて、髪に塗布することもできます。20~30分待って、混合物を髪から洗い流した後、マイルドなシャンプーで髪を洗います。

ミストで髪にオイルを塗る

選んだヘアオイル(またはオイル)とハーブインフュージョン(例:イラクサ、カモミール、カラムシ、ゴボウ、ローズマリー)を、インフュージョン約200mlに対してオイルをスプーン1杯の割合で混ぜる。また、インフュージョンの代わりに、すぐに使えるヘアミストやハイドレートを使うこともできます。アトマイザー付きのボトルに注いで混ぜる。混ぜ合わせたものを頭皮を避けて髪にスプレーする。櫛で切って完了です。

ボウルでのオイル塗布

この方法は、髪を浸した水が、スープのように特徴的な脂目を形成することから、「スープ」方式とも呼ばれています。大きめのボウルにぬるま湯を注ぎ(髪が浮くくらい)、天然の植物油(大さじ1~2)を入れます。髪の毛を浸し、頭皮をマッサージしながら数分間洗い流します。髪の毛の水を切り、30分待ってから髪の毛を洗います。

髪の毛に最適なオイルを紹介!髪の毛の表情が一新するオイルTOP6

ヘアオイル&ハーブ

どのヘアオイルを選べばいいの?すべての植物オイルには髪に良い効果があるとされていますが、含まれている有効成分によってそれぞれの特性が微妙に異なります。自分の髪にぴったりのオイルを探すには、いくつかのオイルを試してみるのがよいのですが、ブレンドを変えてみるのもよいでしょう。

ここでは、それぞれが多くの価値ある特性を持つ、興味深いヘアオイルの提案を紹介します。

ウィートガームオイル – 100%コンディショニングされた、ツヤのある滑らかな髪のためのレシピです。

小麦胚芽油のユニークな特性は、多孔質の髪のケアに最適です。ビタミンEをはじめ、さまざまな貴重な生体成分が豊富に含まれています。髪に完璧に栄養を与え、強さを加え、髪の構造のダメージを修復します。また、髪に潤いを与え、なめらかにし、ツヤを与えます。枝毛や縮れ毛を防ぎ、ダメージから保護し、抜け毛を減らし、髪の成長を促します。

ババスオイルで潤いのある美しい髪と規律あるスタイルに

毛量の少ない髪に最適なオイルです。髪をなめらかにして柔らかくし、柔軟性と弾力性を高め、まとまりやすく、気まぐれでなく、スタイリングしやすい髪にします。潤いと栄養を与え、保護効果を発揮し、ヘアスタイルの見た目を総合的に向上させます。

ゴボウ油 – 髪と頭皮の健康を1つにまとめて強化・再生する

ゴボウは、抜け毛対策や髪の毛の成長を促すために使われる最も効果的なハーブの一つです。また、脂漏症やフケなど、頭皮の衰えや皮脂腺の機能異常に伴う病気にも効果的です。ごぼうオイルは、純粋な状態でも、頭皮の機能を正常に保ち、髪の状態を改善する他の成分(例えば、フィールドスギナ)との組み合わせでも利用できます。

ゴボウ油は、抗炎症作用と正常化作用(皮脂分泌の調整)を示します。同時に、髪に完璧な潤いを与え、髪を再生し、刺激を和らげ、髪の構造を改善します。

抜け毛や髪の成長の遅れに悩んでいる人には、微小循環を促進する成分を含んだゴボウのオイルをお勧めします。(このタイプの優れた成分の一つは、唐辛子エキスです)。このような添加物により、皮膚細胞への酸素供給と栄養補給が促進され、オイルの有効成分が髪の毛の根元や球根に吸収されやすくなります。

アルガンオイル – 健康で強い髪のためのエキゾチックな天然美容液

アルガンオイルは、高ポーラス、中ポーラスの髪の女性に最適です。モロッコからヨーロッパに渡ったこのエキゾチックなオイルには、ビタミンE、不飽和脂肪酸、抗酸化物質が豊富に含まれています。

アルガンオイルは天然の髪の毛の美容液で、髪の毛を活性化させ、栄養を与える効果があります。同時に、水分が失われるのを防ぎ、有害な外的要因(例:太陽光線)からも保護します。ダメージを受けた髪の再構築をサポートし、切れ毛を防ぎ、健康的な髪を提供し、枝毛から毛先を守ります。さらに、髪の成長を促進し、毛根を強化します。だからこそ、アルガンオイルを使ったオイルトリートメントやマスク、ラブインは、弱った髪や抜け毛の多さに悩む人にお勧めしたい。

ブラッククミンオイル – 強くて活力に満ちた艶やかな髪のためのメソッド

ブラッククミンオイルは、徹底的に栄養を与えなければならない弱った髪のケアにおいて、まさに発見です。ニゲラシードには、毛髪細胞にとって非常に貴重な不飽和脂肪酸をはじめ、多くのミネラル、アミノ酸、ビタミンなどが含まれています。ブラッククミンオイルは、マスクやスカルプラブとして使用することで、毛根を強化し、ハゲを防止し、髪の成長を早める効果があります。また、疲れて細くなった髪や、くすんで脆くなった髪を効果的に再生します。

貴重な亜麻仁油-すぐに再生が必要な髪に

リンシードオイルは、化粧品や自然療法の分野で高く評価されています。貴重なオメガ3、オメガ6、オメガ9の不飽和脂肪酸が大量に含まれており、何よりも人体にとって非常に有益な割合で含まれています。

アマニ油は髪に塗ると、毛髪再生に高い効果を発揮します。髪の毛の毛根を強化し、髪の毛をダメージから守り、補修する効果があります。薄毛に悩む男性にとって重要なのは、男性型脱毛症の原因となるDHTホルモンの量を減らす効果があることです。

毛髪を強化し、再生し、成長を促進するための複数の成分が配合されていることを確認してください。Locerin

Locerin

Category: 美容

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Article by: admin