Depositphotos 164262054 s 2019

ベルベリン:高い健康増進効果と痩身効果を持つ貴重な植物性物質。

ベルベリンは、様々な価値を持つ植物性物質として急速に普及しています。中でも、血糖値を調整し、脂肪燃焼率を促進する効果があります。私たちにとってベルベリンは目新しいものではありませんが、実は何世紀にもわたって受け継がれてきた伝統的な物質です。古代からすでに使用されており、中国やインドの伝統的な医学では重要な位置を占めており、ヨーロッパやアメリカでは何世紀も前に様々な病気の自然療法として使用されていました。ベルベリンとはどのようなもので、どのような特性があるのでしょうか?

ベルベリンとは何か、どこから入手できるのか?

コモンバーバリー

ベルベリンは、漢方薬やサプリメントに使われる植物性の生理活性物質の一つです。生体の状態を全般的に改善し、代謝を向上させ、消化器系や循環器系を含む多くの病気と闘うことに影響を与えます。また、体脂肪や体重を減らす効果もあります。

ベルベリンは強力な作用を持つ一方で、健康への安全性も高いことが、この物質に関する多くの研究で確認されています。

ベルベリンは、イソキノリンアルカロイドに属する植物性有機化合物である。ベルベリンを含む植物には、コモンバーベリー、インディアンバーベリー、ヘンビット、カナダビャクシン、チャイニーズティンクチャー、コモンマホニア、マーシュダックウィード、キンポウゲ、アムールコルクワート、グドゥチ、カリフォルニアメイスなどがあります。

しかし、ベルベリンが抽出される主な原料は、前述のバーベリーです。バーバリーの根、茎、葉、果実、樹皮のいずれにもこの貴重な生体物質が含まれています。

健康増進効果の高い物質「ベルベリン

粉末ベルベリン

黄色い粉末状のベルベリンは、強い生理活性を持ち、非常に広範囲に渡って体に良い影響を与えることが特徴です。強力な抗酸化作用があり、多くの文明病のリスクを軽減し、免疫細胞のレベルを向上させますが、これらはベルベリンの数多くの資産の一部に過ぎません。

ベルベリンは、その優れた効果から、古来より医療に用いられ、その名声は世界中に広まっています。多くの健康問題を解決するための ベルベリンの有効性に関する研究 は継続的に行われています。その後のテストでも、非常に高い評価を得ています。ベルベリンが大きな治療効果を持つ物質であることは間違いありません。

ベルベリンの複数の効果

ベルベリンは、特に不健康な生活習慣に起因する多くの病気を治療するための自然療法です。食生活の乱れ、刺激物の過剰摂取、慢性的なストレスや疲労、運動不足など、これらすべての要因が生体の劣化、免疫力の低下を招き、太りすぎや肥満、心臓病、高血圧、肝臓病、糖尿病やインスリン抵抗性、腫瘍、動脈硬化などの多くの病気を発症させます。

ベルベリンはどのように私たちの健康を守るのでしょうか?

  • 予防効果があり、文明病のリスクを軽減します。
  • すでに文明病(2型糖尿病を含む)を発症している人の発症を遅らせる。
  • 体内の代謝プロセスを調整し、体重過多や肥満、それに伴う健康障害を防ぐ。
  • デトックスプロセスを刺激する。
  • 細胞や組織の再生プロセスをサポートします。
  • 病原菌やフリーラジカルの有害な影響から体を保護する。

ベルベリン – 健康増進効果

ベルベリンの最も重要な作用の一つは、血糖値の安定化と糖尿病の進行防止であり、これは多くの研究結果によって確認されています。しかし、ベルベリンのこのような価値ある特性は他にもたくさんあります。その中でも特に重要なものをご紹介しましょう。

ベルベリンと血糖値

ベルベリン

ベルベリンは、体内のインスリンとグルコースの代謝に良い影響を与えます。膵臓からのインスリン分泌を促進し、インスリン受容体を活性化し、組織のインスリン感受性を高め、細胞によるグルコースの取り込みを増加させる。また、肝臓でのブドウ糖の生成を抑えます。糖質の代謝を調整することで、食事から摂取した糖質が血液中に急激に吸収されるのを防ぎます。

ベルベリンは、血糖値を正常化し、糖尿病の悪化を防ぎ、血糖値のコントロールを改善します。糖分過多やインスリン抵抗性などの問題が発生したばかりの糖尿病予備軍はもちろん、2型糖尿病と診断された後も、私たちの貴重なサポートとなります。

糖質制限に有効な製品のレビューを読む:Redusugar

ベルベリンと免疫力

ベルベリンは、私たちの免疫力をサポートする最も貴重な天然物質の一つです。マクロファージ(免疫細胞)の活動を活発にすることで、ウイルスや細菌、真菌などの病原体をより早く、より効果的に捕らえて排除することが可能になります。

ベルベリンは、ウイルスや微生物の増殖を抑制することで、感染症や風邪の抑制・ 緩和に貢献します。その強い抗菌性から、天然の抗生物質と呼ばれることもあります。

ベルベリンは、炎症性サイトカインの濃度を下げることで、炎症を効果的に抑えることができます。細菌性の下痢に効果があり、耳の感染症やブドウ球菌の感染症にも効果があります。インフルエンザウイルス、HIV、HPV、ヘルペスウイルスなどのウイルスの複製を抑制します。

ベルベリンの抗酸化作用と抗がん作用

また、ベルベリンは強力な抗酸化物質でもあります。有害なフリーラジカルと戦い、私たちの体の細胞をダメージや早死にから守ります。生体の老化プロセスを抑制し、組織の再生プロセスに好影響を与えます。

重要なのは、ベルベリンががん細胞を破壊し、その増殖プロセスを阻害することで、がんのリスクを低減することです(大腸がん、子宮頸がん、肝臓がん、脳がん、乳がん、甲状腺がんの場合に役立ちます)。強力な抗酸化作用を持つベルベリンは、心血管疾患や神経変性疾患のリスクを軽減します。

ベルベリンと循環器系

ベルベリンは、心臓や循環器系に有益な効果を示します。心筋を保護し、心臓の機能を正常化します。コレステロール値やトリグリセリド値を下げ、リピドグラムを改善します。血管の状態を改善し、動脈硬化性プラークの形成を防ぐことで、脳卒中や動脈硬化を予防します。また、血圧を調整し、心臓病のリスクを軽減します。

ベルベリンと体重減少

ベルベリンは、体重増加のプロセスを抑制すると同時に、蓄積された脂肪組織の分解を促進します。その高い生物活性により、体重減少プロセスをサポートする最も価値のある物質の一つです。

AMPKという酵素を活性化させることで、効果的に代謝を促進することができます。糖質や脂質の正しい代謝を守ります。食物からの糖質の吸収を抑制し、脂肪細胞の成長と脂肪組織の蓄積を防ぐ。体内の脂肪代謝に影響を与えるホルモンの働きを調整し、体内の脂肪を燃焼・除去する割合を高めます。

また、ベルベリンは、空腹感の増加から私たちを守り、食欲を安定させるので、食事のコントロールがしやすくなり、カロリー摂取量を減らすことができます。

ベルベリン配合の強力な脂肪低減剤:Berber Fastのレビューを読む

ベルベリンと消化器系

消化器系の機能に良い影響を与えることもベルベリンの価値ある特性です。腸内細菌叢の構成を改善します。つまり、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌の濃度を下げます。消化プロセスを改善し、膵臓や腸の機能を向上させます。

ベルベリンの肝臓への影響

ベルベリンは、 肝機能に好影響を与え、その解毒をサポートし、その細胞(肝細胞)を損傷から保護します。エタノールなどの毒性物質による肝不全や、脂肪沈着、線維化などの肝障害に効果があります。

ベルベリンによる神経系のサポート

あまり知られていませんが、ベルベリンは私たちの神経系に非常に良い影響を与えます。認知機能を向上させ、集中力や記憶力を高め、知識を吸収する能力を高めます。知的能力を高める効果があり、新しい神経の結合の形成を促進します。

また、神経細胞(ニューロン)の保護作用も示しています。脳への血液供給と酸素供給を改善します。フリーラジカルから神経細胞を保護し、神経細胞の損傷や死を防ぎます。完璧なメンタルパフォーマンスをより長く保つことができます。Alzheimer、老人性うつ病、認知症などの加齢による脳疾患を予防します。

ベルベリンは、私たちの気分や全般的な精神状態にも良い影響を与えます。うつ病対策、気分の落ち込み対策、神経の緊張をほぐし、ストレスレベルを軽減します。

ベルベリン – 投与量、使用方法

ベルベリン

ベルベリンの摂取量は、調理法や1回の摂取量によって異なる場合があります。ベルベリンは、1日1カプセルまたは1タブレットで十分な場合もあれば、2~3カプセルの場合もあります。

ベルベリンを含む栄養補助食品、ベルベリン単独の栄養補助食品のいずれを摂取するにしても、必ず製造者の指示に従い、リーフレットやパッケージに記載されている用量を正確に摂取する必要があります。

ベルベリンの1日の摂取量は、通常500mgから1500mgの間で変動します。これは大きな範囲ですが、ベルベリンを予防的に使用するのか、減量のために使用するのか、治療目的で使用するのかによって大きく異なります。ベルベリンの摂取量が多い場合は、分割投与を行います。

ベルベリン – 副作用, 禁忌

ベルベリンは、健康への安全性が十分に検討された物質です。しかし、ベルベリンを含む製剤の推奨用量を超えないようにすることが重要です。この物質を過剰に摂取すると、主に消化管に多くの悪影響を及ぼす可能性があります。

ベルベリンを大量に摂取した場合に考えられる副作用

  • 腹部の痛み。
  • 嘔吐しています。
  • 下痢をする
  • 便秘です。
  • 扁平率
  • 胃や腸の痙攣

ベルベリンの使用に関する禁忌事項

ベルベリンは、妊娠中の女性および授乳中の女性は使用しないでください。また、子供が服用してはいけません。様々な種類の(糖尿病薬、抗うつ薬、免疫抑制剤、β遮断薬、抗生物質など)を服用している人は、ベルベリンを服用する前に医師に相談してください。ベルベリンは多くの薬と相互作用する可能性があります。

チェックします。脂肪燃焼剤ランキング

ソース
  • https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25153862/
  • https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27671811/
  • https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32594322/
  • https://www.healthline.com/nutrition/berberine-diabetes
  • https://www.healthline.com/nutrition/berberine-powerful-supplement
  • https://www.medicalnewstoday.com/articles/325798

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin