kale 233127 1280

体を浄化し、貧血と戦う – 驚くべきケール

それは、緑、茶緑または紫緑の色、装飾的なしわのある葉と健康物質に有益な全体の多くを持っています。問題のケールは、体に良いとはいえ、わが国ではまだあまりポピュラーな野菜ではありません。しかし、できるだけ頻繁に店頭で探して、日替わりメニューに加えてみる価値はあります。ケールの栄養価、体にいいこと、調理法は?

ケールの栄養学的事実

ケールはキャベツ科に属する葉物野菜ですが、実はその見た目と味から、キャベツよりもレタスを連想する人が多いようです。ケールの栄冠は、その栄養価の高さにあります。ビタミンK、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンC、葉酸、鉄分、カリウム、カルシウムを多く含んでいます。ビタミンB群、マグネシウム、マンガン、銅、亜鉛、セレン、ナトリウム、リンなどもあります。また、クロロフィル抗酸化作用を持つ他の物質(ルテインやゼアキサンチンなど)だけでなく、タンパク質、フラボノール、食物繊維鉱山でもあります。

ケール – 特性と効果

ケール

ケールは、ビタミンやミネラルの不足分を自然な方法で補給するのに最適な方法の一つです。

ケールによく手を伸ばせば、血液の固まりが改善され、血液中の鉄分やヘモグロビンの含有量が改善されるため、貧血を緩和したり、完全に取り除くことができます。

ケールはまた、私たちの免疫力と神経系を強化し、血管、心臓、循環の状態にプラスの効果を持っています。ケールを食べることで、より簡単に炎症を取り除くことができ、骨、関節、皮膚、髪、爪だけでなく、視覚装置の仕事の状態を改善することができます。

ケールのもう一つの利点は、減量に役立つことです。食物繊維が豊富で、消化過程をサポートし、ゆっくりとした代謝を助ける、非常に低カロリーな野菜です。

ケールのもう一つの重要な特性は、抗酸化物質が豊富に含まれていることで、ガンや老化を防ぐ効果があります。また、ケールの葉緑素による脱酸・解毒効果も非常に重要です。

他にも貴重な葉緑素が豊富に含まれている商品をお探しの方には、大麦若葉がおすすめです。

ケールを生で調理するには?

ケール

ケールは特定の料理を作るのが難しいように見えますが、実際にはその用途の多さで区別されています。冷たいお料理にも温かいお料理にも相性抜群です。

生のケールは、どんなサンドイッチ、ダイエットサラダ、サラダ、おつまみにも加えることができます。ケールのための素晴らしいと非常に健康的なアイデアは、スムージーです。ケールスムージーは、ケールの葉と他の野菜や果物(キウイ、リンゴ、セロリ、キュウリなど)をブレンドすることで簡単に作ることができます。

ホットケールの作り方は?

ケールのスープ

食事をできるだけ低カロリーに保つことを気にするダイエット中の人に特にアピールするオプションは、フィリングクリームの形をしたケールスープです。

ケールとお好みの野菜(グリンピース、ひよこ豆、玉ねぎ、にんにく、パセリなど)を煮込み、赤身のスープと合わせ、滑らかなペースト状になるようにブレンドし、最後に味付けをします。

ケールの他のレシピもありますが、実際にはほとんどの料理によく合う非常に汎用性の高い野菜です。ケールの揚げ物、ケールの煮込み、マカロニとチーズで焼いたケール、ケールのタルト、ケールの団子は、多くの提案のほんの一部です。

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin