14426790990 c89352acd5 o

体重減少のためのダイエット – どのダイエットがあなたの体型に役立ち、どのダイエットがあなたの体型に悪影響を与えるのかを知ることができます。

減量ダイエットは、非常にキャパシティが大きく、多様なカテゴリーのダイエット方法です。短期ダイエット、長期ダイエット、単品ダイエット、多品ダイエット、分割ダイエット、超低カロリーダイエット、適度なカロリーのダイエット……理論的にはそれぞれの痩身ダイエットが体重減少をもたらしますが、実際には結果が異なります。期待したよりも体重が減らないものもあれば、全く効果がないものもあります。また、そのようなダイエット法は、その過激さゆえに完了することができませんが、治療の終了後すぐにヨーヨー効果に遭遇するため、しばらくの間だけ効果的であることがわかります。

自分でダイエット法を選ぶときは、約束された体重の減少やダイエット期間の短さに惑わされることなく、治療の合理性を重視すべきです。体の仕組みと矛盾せず、重要な栄養素が大幅に不足していないダイエット法だけが、スリムな体型という夢のような(そしてそれが持続する)効果を得られる可能性があるのです。痩せるためのダイエットはどれが効果的?絶対に避けたほうがいいダイエット方法は?ベスト&ワーストダイエットのリストをチェック

痩身ダイエットと健康的なライフスタイルで、完璧な体型と健康を手に入れよう

食卓には料理本と野菜が並ぶ

健康的なライフスタイルが人気を博しているのと同様に、ダイエット人気も高まっています。日頃から自分の体をケアすることの良さを認識する人が増えています。

健康的なライフスタイル(健康的な食生活、身体活動、刺激物の制限、植物性の健康をサポートする調理法の使用、汚染された環境への暴露の制限、化学物質の回避など)を送ることで、見た目だけでなく、気分も良くなります。気分が良くなり、感染症や病気の影響を受けにくくなります。肌や髪の毛の状態も良くなり、年齢を重ねるのもゆっくりと(きれいに)なっていきます。

効果的に体をスリムにしたいのであれば、生活習慣を見直すことが大切です。生活習慣全体、特に運動量を改善し、有害物質(刺激物、スモッグ)を避けるようにするとよいでしょう。体全体がその恩恵を受け、さらに減量の効果がより早く、より長く続くことになります。

また、理想的なダイエットをしても、それを終えた後に、主役であるダイエッターの悲惨な食習慣に戻ってしまっては、永久に完璧な体型を手に入れることはできないことを忘れてはいけません。また、理想的な痩身ダイエットを行っても、ダイエット終了後に不健康な食習慣に戻ってしまうと、体に良くない脂肪や高血糖の炭水化物を含む製品や料理が多くなり、完璧な体型を維持することはできませんので注意が必要です。

痩身ダイエットの主な種類

ケールを手にする女性

体重を減らすことはとても難しいことですが、適切なサポートツール を選べば簡単な仕事になります。基本的なものは、もちろん痩身ダイエットです。

ダイエットには大きく分けていくつかの種類(メニューの構成による)がありますが、その中でも特に重要なものがあります。

低カロリー(低エネルギー)ダイエット

低カロリーの商品を中心にメニューを構成し、 1日に必要なカロリーを少なくとも数百キロカロリー下回るようにするのです。必要なカロリーを大幅に下回ることで、体は蓄えていた脂肪を集中的に使い始めます。ここでの代表的な例は、1000kcalダイエットです。このような食事は、非常に制限が多く、不足しており、長期的には健康を損なう危険性があります。他にも1200kcalダイエット、1400kcalダイエット、1500kcalダイエットなどの低カロリーダイエットが有名です。

非組合せ食(分離食)の場合

これらのダイエットの主な原則は、1つの食事の中で、特定の製品グループが互いに組み合わされないようにメニューを構成することです(例:1つの食事の中で、複数の製品グループが組み合わされることはありません)。例えば、Montignacaダイエットでは、脂肪製品と血糖値の高い炭水化物製品の組み合わせが禁止されており、Hayaダイエットやダイヤモンドダイエットでは、炭水化物とタンパク質の組み合わせが禁止されています)。

分離食の考案者によると、タンパク質と脂肪、または炭水化物と脂肪を組み合わせると、以下のような障害が発生します。分離食の考案者によると、タンパク質と脂肪、または炭水化物と脂肪を組み合わせると、代謝が乱れて沈着物ができたり、便秘や消化管の炎症、毒素の蓄積、脂肪の蓄積などが起こるという。これらの食品群を切り離すことで、体を浄化し、代謝を高め、体重を減らすことができるとされています。

プロテインダイエット

プロテインダイエットは、タンパク質を多く含む赤身の製品をベースにしており、そのおかげで体重減少のプロセスが早くなります(体はタンパク質の消化に多くのエネルギーを使うため、より多くのカロリーを消費します)。

プロテインダイエットの利点は、空腹感を上手にコントロールできること(プロテインは満腹感が長続きするので、空腹になりにくい)と、脂肪組織の燃焼が早いことです。一方、デメリットとしては、メニューが単調になりやすく、体への悪影響(体への負担が大きく、タンパク質の過剰摂取や他の栄養素の不足による疲労や健康の悪化も考えられる)が挙げられます。プロテインタイプの減量ダイエットとしては、デュカンダイエットが有名ですが、他にもOXYダイエットやゾーンダイエット(zone diet)なども人気があります。

低脂肪の食生活

これらのダイエット法で最も重要なことは、不健康な種類の脂肪(トランス脂肪酸と飽和脂肪酸)を多く含む食品を避けることです。脂肪分の多いたくさんの肉、ファーストフード、脂肪分の多いクリーム、ラード、ベーコン、バター、非常に脂肪分の多いチーズ、ファーストフード、チップ、チップス、揚げ物。悪いタイプの脂肪は、次のような健康的な脂肪で置き換える必要があります:油、良質の植物油、アボカド、ナッツ、アーモンド、種子、魚。

強調しておきたいのは、低脂肪ダイエットは余分な体脂肪を取り除くだけでなく、健康増進のためのツールでもあるということです。低脂肪食は健康食であり、その効果はコレステロール値の低下、消化機能の向上、動脈の状態の改善、血圧の安定などが挙げられる。低脂肪食は、心血管疾患、肝臓、膵臓、腸、胆管の疾患に推奨されることが非常に多い。

低炭水化物ダイエット(low carb)

低炭水化物ダイエットの場合、最も重要なのは 食事に含まれる炭水化物の量を大幅に減らすことで、特に(甘いもの、白い小麦粉製品、塩分の多いスナック、ファーストフードをメニューから排除し、果物やシリアルの量を減らす)

低炭水化物ダイエットは、多かれ少なかれ制限されます。最も厳しいのはケトジェニック・ダイエットで、炭水化物の摂取をほとんどゼロにします。低炭水化物ダイエットはとても人気があります。炭水化物の摂取を控えることで、短期間で体重を減らすことができますが、一方で、炭水化物の摂取を控えすぎると、体調や健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

低糖質ダイエットの効果的なサポートをチェックしてみましょう。NuviaLab Keto

モノダイエット(単一成分の食事)

その名の通り、 1つの製品をベースにしたダイエット法です。メニューのベースとなるのは、与えられた製品か、その異なる形態の製品です(例:米食の場合、メニューのベースとなるのは異なる米の料理です)。モノダイエットの場合、1つの商品を1日に何度も食べることになるので、1日のバリエーションはほとんどありません。

単品ダイエットの利点は、ある製品を満腹になるまで、また1日のうちに何度でも食べることができるので、空腹感に悩まされることがないことです。デメリットは、大きな単調さ、与えられた製品への飽きや落胆、そして栄養不足です。単品タイプのダイエットとしては、キャベツダイエット、ヨーグルトダイエット、キビダイエット、グレープフルーツダイエット、オートミールダイエット、バナナダイエット、米ダイエット、牛乳ダイエット、リンゴダイエット、キュウリダイエット、トマトダイエットなどが有名です。

痩身ダイエットは期間によっても分けられますので、ここでは区別します。

エクスプレス ダイエット

これらは最速のダイエット法ですが、非常に集中力を必要とします。通常、1日、2日、3日と続きます。このような超高速ダイエットは、脂肪を燃焼させて余分な体重を減らすことが目的ではなく、体内の無駄な物質や代謝の副産物、組織に残っている毒素などを徹底的に洗い流すことが目的です。

1日または数日のダイエットは、通常、非常に厳しく、野菜ジュースやケフィア、ヨーグルト、ピューレ状の野菜や果物のみを食べることが多い。このような短時間ダイエットの最も過激な形態は飢餓です。

短期集中型のダイエット

ここでよく見られるのが、1週間ダイエットと10日間ダイエットのバリエーションです。この種のダイエットは、通常、かなりの制限があります。食事の数や大きさ、構成などに多くの制限があります(推奨される食品は、通常は「おにぎり」です。野菜、卵、脂肪分の少ない乳製品、脂肪分の少ない魚、果物、少量の全粒粉製品)。

大量のカロリーをカットし、加工食品や脂肪分の多い食品、炭水化物を多く含む食品をメニューから排除することで、短期集中型のダイエットは、痩身やクレンジングのためのダイエットとなります。このタイプのダイエットの効果は、わずかな体重の減少(約3kg)、腹囲の減少、体内の余分な水分の排出、体のデトックスです。1週間から数日間のダイエットでは、消化器系も改善され、代謝プロセスも向上します。

長期滞在型の食生活

長期ダイエットとは、適度なペースで計画的に体重を減らすことを目的とした、時間をかけた食事プランです。これらのダイエットは、約3週間から数ヶ月間続きます。2〜3段階に分けて、まず体の毒素を集中的に洗い流して痩身の準備をしてから、脂肪の燃焼を強めていくこともあります。

長期的なダイエットは、一般的に短期的なダイエットに比べて、カロリーやメニュー構成を適度に制限することができます。長期的なダイエットの中には、一時的なダイエットというよりも、健康や活力、スリムな体型を維持するための、一生付き合っていくための食事のシステムがあります。

最高の減量ダイエット法

ヘルシーフードトレイ

良い減量ダイエットとは、何よりもまず、健康的な減量ダイエットです。永久にスリムな体型を維持し、体重の変動や食事制限、不機嫌な気分との戦いを避けたいのであれば、思い切って体重を減らすことをお勧めします。過酷なダイエットはやめて、長期的な痩身ダイエットを行い、同時に健康を増進させることが大切です。

地中海食

地中海食は、体型と健康を同時にケアすることができるため、多くの人にとって最適なダイエット法です。心臓血管系の健康をサポートし、貴重な抗酸化物質を豊富に含み、老化のプロセスを遅らせ、がんや心臓血管系の病気のリスクを軽減し、老後まで良好な状態を維持します。

地中海食は、不飽和脂肪酸を多く含む食品が多いため、過剰な食欲を抑え、満腹感を高め、代謝を促進し、体のリズムに合わせて余分な体重を減らすことができます。同時に、悪玉コレステロールのレベルを下げ、動脈硬化を防ぎ、心臓をサポートし、血行を良くします。

地中海食で推奨される食材は、主に野菜(特に緑葉野菜)、魚、魚介類、油のほか、穀物や全粒穀物、ナッツ類、果物、豆類、乳製品、ハーブやスパイスなどです。赤身の肉、糖分や飽和脂肪の多い製品、加工食品を避けています。

また、痩身と健康の両面で効果が高いと評価されているのが、地中海食に似たDASH食と、この2つを融合したMIND食です。

フレキシタリアンダイエット

フレキシタリアンダイエットと呼ばれる減量と健康促進のための食事法は、肉の摂取量を制限することにあります。制限はしても完全な排除はしない、これが古典的なベジタリアンとの違いです。フレキシタリアニズムとは、簡単に言えば、柔軟な菜食主義のことです。タンパク質、ミネラル、ビタミンが豊富で、脂肪と炭水化物が少ない食生活を送っています。また、出来合いの食事や化学物質を含んだ半製品もないため、非常にヘルシーな食事プランとされています。

この食事法では、野菜や豆腐、卵、豆類(豆、エンドウ、レンズ豆、ヒヨコ豆など)などの肉の代替品を中心としたメニューにします。また、果物や乳製品、種子、全粒粉のパンなどにもよく手が伸びます。肉、魚、魚介類の摂取量を週に数回または1~2回に減らします。

繊維食

また、ダイエットには繊維質の食事が効果的です。食物繊維の多い食事は、毎食後の満腹感が長続きします。血糖値を正常化し、インスリンの分泌を安定させ、脂肪組織の蓄積を防ぐ効果があります。また、猛烈な空腹感に襲われるのを防ぎ、甘いものへの欲求を抑えます。

食物繊維を摂ることで、食欲を抑え、摂取カロリーをコントロールすることが容易になります。野菜、果物、ふすま、シリアル、粗挽きパン、全粒粉パンなど、食物繊維を豊富に含む製品は、空腹感を抑え、改善するのに適しています。空腹感を抑制し、糖質の代謝を高め、腸内の沈殿物や毒素の排出を促し、痩せやすい体を作ります。

最悪のダイエット法、またはスリムにならない方法

皿の上のカリカリパンと花と1センチ

減量のための食事療法には、制限の多いものと少ないものがあります。中には非常にリスクの高いものもあります。これらはヨーヨー効果や著しい栄養不足の可能性が高く、貧血やその他の健康問題を引き起こす可能性があります。ここでは、人気のあるダイエット法であっても、大きなお辞儀をして避けたほうがよい危険なダイエット法をご紹介します。

デュカン・ダイエット

プロテインダイエットで知られるデュカンダイエットは、近年最も注目されている減量法のひとつです。タンパク質を多く摂り、脂肪と炭水化物をほぼ完全に排除することです。デュカン・ダイエットは効果的で、計画的な減量につながり、短期間で期待通りの結果を得ることができます。

このダイエット法の利点は、食事の量に制限がないことで、空腹を感じるとすぐに食べ物に手が伸びることです。重要なことは、許可された製品のリストにある食品を食べることだけです。繰り返す空腹感や食欲の増加に悩む太った人にとって、摂取カロリーの制限がないことは、このダイエット法を支持する非常に重要な論拠となります。

しかし、プロテインダイエットには大きな欠点があることも忘れてはいけません。タンパク質の摂取量が多く、他の必須栄養素が不足しているため、気分が悪くなったり、多くの健康問題の原因になったりしています。デュカン・ダイエットは、腎臓や肝臓に負担をかけ(時にはこれらの臓器が機能しなくなることもあります)、それはまた、体を強烈に酸性化させ、脳の働きを乱すこともあります(ちなみに、デュカン・ダイエットで不足する炭水化物を餌にしています)。

単純な糖質がないため、プロテインダイエットの一般的な副作用は、集中力の低下、過度の眠気、神経質、そして脱力感や絶え間ない疲労感です。ビタミンやミネラルが不足すると、髪や肌、爪の状態、神経系、免疫力などに影響を及ぼします。

コペンハーゲン・ダイエット

コペンハーゲン・ダイエットは、数キロの急激な減量という大きな成果をもたらしますが、危険な痩身ダイエットの仲間入りをしてしまいました。コペンハーゲンダイエットが危険なダイエット法であるのは、非常に単純な理由からです。摂取カロリー、食事回数、食事の種類をあまりにも劇的に減らしてしまうからです。

きちんとした朝食を摂らずに、スプーン1杯の砂糖を入れたコーヒーを飲むだけかもしれません。そして、1日2回の小食にして、炭水化物と脂肪の摂取量を最小限に抑えます。コペンハーゲンダイエットでは、1日に食べられるのは800kcalまでです。これは、成人の1日の必要量の半分以上にあたります。

このような大幅なカロリー制限を行うと、頭痛やめまい、疲労感(失神もあり)、エネルギー不足、脳機能の低下、気分の低下などが起こりやすくなります。また、重要な栄養素が不足し、がやせ細り、感染症や病気にかかりやすくなることもあります。コペンハーゲンダイエットに対するもう一つの論拠は、ヨーヨー効果の確率が高い(100%ではないにしても)ことです。ダイエットを終えると、体はすぐに健康的な食べ物を求め、その量も増えていきます。

バレリーナ・ダイエット

危険なダイエット方法を挙げるとすれば、非常に厳しいバレリーナ・ダイエットを挙げないわけにはいきません。一時的な体重の減少を除けば、何の利益ももたらさず、それどころか健康や幸福、美しさを著しく損なうことになるからです。

バレリーナダイエットは、他のダイエット法に比べて非常にドラスティックなダイエット法です。なぜなら、毎日のメニューに大きな体制を課すだけでなく(1日目と2日目は水しか飲まず、その後は1日中1種類の食べ物しか食べない、例えば茹でたジャガイモだけ、パンだけなど)、体重減少のリスクも高いからです。1日目と2日目は水しか飲まず、1日中1種類の食べ物しか食べない(例:茹でたジャガイモだけ、赤身の白身肉だけなど)だけでなく、ダイエット3日目からは体を動かす(例:エクササイズマシンでのトレーニング、ジョギングなど)ことが求められます。

バレリーナ・ダイエットのような食事制限をして、運動量を増やすことは考えられません。このような機能を持とうと決心した人は、極度の疲労、脱水、体内の栄養素の大幅な不足、新陳代謝の乱れ、免疫力の低下、主要な器官の障害、髪や肌の状態の悪化などに見舞われることになります。その上、ヨーヨー効果も保証されています。

他にも、マヨネーズダイエット、800kcalダイエット、肉食系ダイエット、サナダムシダイエット、アトキンスダイエット、コルセットダイエットなど、危険でドラスティックなダイエット方法があります。

オーソドックスな食生活で自分を苦しめるのは勿体ないですよね。同様の結果を得るためには、カロリーを抑えたバランスの取れた食事(例:1500kcalの食事)をして、体内で消費されるカロリー量を増やすことが必要です(ただし、ヨーヨー効果はありません)。同様の結果を得るためには、カロリーを抑えたバランスの取れた食事(例:1500kcalの食事)、運動量の増加、減量をサポートする良質なサプリメントの使用が必要です(ただし、ヨーヨー効果はありません)。

ダイエットをどうやって我慢したらいいかわからない?リーチ・フォー・サポート
:痩身用タブレットのランキング

女性が自分のウエストを1cmで測ると

Category: 減量

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin