Depositphotos 170625644 S

勃起障害-原因と対策方法勃起不全を解消し、性生活の質を高めるには?

老若男女を問わず、ほとんどの男性が勃起の悩みを抱えています。たまに発生する程度であれば、心配はありません。しかし、勃起の問題が頻繁に起こるようになると、さらに悪化します。勃 起不全の原因は様々ですが、通常は生物学的な要因ではなく、私たちのライフスタイルや文明的な要因がこの不快な状態の原因となっています。勃起の問題は、一般的なセックスへの欲求の欠如と同時に起こることもありますが、それ以上に、セックスへの欲求にもかかわらず、男性器が私たちに従わないことがよくあります。勃起障害の主な原因を知り、効果的な対策を考えよう

勃起とは?

勃起とは、性交に必要な陰茎の硬さを達成し、維持する能力のことです。勃起していないと交尾ができない。勃起するためには、神経系と循環器系の協力が必要です。

勃起の生物学的メカニズムは以下の通りです。 性的刺激の発生により、脊髄にある勃起中枢が刺激されると、海綿体と海綿体に血液を供給する動脈が拡張し、その後、陰茎に血液が集中的に流入することになる。動脈が拡張し、海綿体の圧力が高まった結果、血液がペニスに滞留して流れ出さないため、ペニスの硬さをより長く保つ効果があります。勃起プロセスのメディエーターは一酸化窒素であり、間接的にはL-アルギニンである。

勃起障害-症状

ベッドルームで対立するカップル

勃起障害はどのようにして顕在化するのでしょうか?ほとんどの男性は、次のような症状を訴えます。

  • 性的興奮が得られず、勃起しにくい。
  • 性的に興奮しているのに勃たない。
  • 勃起を長時間維持できない(性交時に勃起の質が低下し、陰茎が部分的または完全に弛緩してしまう)。
  • オーガズムを得られない、またはオーガズムが弱い、射精が弱い。
  • 陰茎の短い勃起、早漏。
  • 完全な勃起が得られない、いわゆるソフトな勃起(勃起時に陰茎が最大限に硬くならない)。
  • セックスへの興味の欠如、性欲の減退、非常に稀な性行為。

勃起障害の原因

勃起を維持することや、勃起することに問題があることは、深刻な痛手となる悩みです。自信をなくしたり、コンプレックスに陥ったりと、最も恥ずかしいことの一つであることは間違いありません。勃起の問題を解決するために、有名なブルーピルや類似の強力な治療薬など、手っ取り早い処方 箋を探すことが非常に多いのですが、自分自身の生物学的なことを考えることもなく、また不調の背景にも踏み込むことなく、そのような処方箋を探しています。

一方で、勃起不全の原因について少し学ぶことは価値があります。なぜなら、その原因を取り除くことにこそ、効果的で長続きする治療法があるからです。Viagraのような強力な治療薬に頼るのは、 一時的な助けにしかならず、問題を覆い隠すだけで、本当の意味での解決にはならないことを覚えておきましょう。さらに、この種の医薬品は、一部の男性にとっては有害である。有効成分であるシルデナフィルは、様々な副作用を引き起こします。

勃起しない、または勃起不全は、ある種の病気の結果であることもありますが、心理的な要因やその他の要因によって引き起こされることもあります。ここでは、代表的な原因をご紹介します。

  • 疲労、過労、睡眠不足。
  • 仕事上の問題。
  • 過去のトラウマ、困難な経験。
  • 慢性的なストレスを抱え、神経が高ぶった状態で生活している。
  • 座りっぱなしの生活、体を動かさないこと、元気がないこと。
  • bad self-esteem、low self-esteem。
  • 自信のなさ。
  • 小さなペニスのコンプレックス。
  • 鬱病や神経症性障害
  • 性交時の過度の緊張。
  • 性交時に相手の喜びを重視しすぎること。
  • パートナーを妊娠させてしまうかもしれないという不安。
  • 悪い性体験や性体験の不足。
  • 人間関係の問題(例:喧嘩、パートナーとの理解不足、感情の薄れ、パートナーへの性的関心の喪失)。
  • overweight, obesity(肥満)。
  • 特定の疾患(糖尿病、甲状腺疾患、腎疾患、肝疾患、多発性硬化症、高血圧、動脈硬化、脳卒中、前立腺疾患などの心血管疾患など)を対象とする。
  • ホルモンの変動(例:テストステロン値が低すぎる)。
  • 生殖器、骨盤、脊椎の損傷。
  • 特定の薬剤の使用(例:ホルモン剤、高血圧治療薬、向精神薬)。
  • 喫煙、アルコール依存症、薬物使用

効力のある薬のランキング

勃起不全-治療、研究

枕で股間を覆う男

勃起不全は、ほとんどの場合、生活習慣を改善し、男性の健康をサポートするハーブ 製剤 を使用することで解消できます。しかし、時には(私たちの不調が、より深刻な体の不調、病気に関連している場合)。診断テストを実施することをお勧めします。そして、問題の種類に応じて、適切な治療方法を選択します。

勃起不全の診断に用いられる検査項目

  • 身体検査を行います。
  • 血圧検査を行います。
  • ホルモンレベルの検査。
  • 実験室での血液や尿の検査。
  • ドップラー超音波検査(ペニスの動脈の血流を確認します)。
  • 性科学者、心理学者との相談。

勃起不全治療法

  • テストステロン治療(体内のテストステロン濃度が低すぎる場合に使用される治療法で、赤血球数の増加、血管系疾患、にきび、前立腺肥大、乳房肥大など、残念ながら多くのリスクを伴います)。
  • ホスホジエステラーゼ5型阻害剤の経口摂取(PDE5i)。
  • 真空装置での処理。
  • 陰茎の海綿体に注入する。
  • 衝撃波治療(LSWT)。
  • 心理療法を行っています。
  • フィトテラピー(陰茎の血管の血流を促進し、テストステロンの分泌を調整する植物製剤の塗布)。

ペニスの硬さを改善する方法や、勃起の問題に対処する簡単な方法

病気にかかっておらず、医師の診察を必要としない場合で、勃起不全が心身の不調、過労、食生活の乱れ、座りっぱなしの生活などに関連している場合は、自助努力をすることができます。私たちは自分自身を助けることができます。勃起不全は、様々な方法で対処することができます。より良い精神物理的なフォームに気を配り、男性用の栄養補助食品や天然の媚薬を使用し、パートナーとの関係を修復することに気を配ります(最高ではない場合)。自分たちには一体何ができるのか。

勃起力アップ・ペニスサイズアップ商品「Expansil Cream」のレビューを読む

簡単に実践できる勃起不全に有効な4つの方法

  • 体重を減らし、体調管理に気を配る。勃起不全を含む泌尿器系の障害は、座りっぱなしの生活や体重過多による多くの悪影響の一つであることが多い。そのため、できるだけ早く、ランニングやジム、チームスポーツなど、何らかの運動をすることが望ましいと思います。最も重要なのは、定期的にトレーニングをすることだということを忘れないでください。運動することで、全身に酸素が供給され、免疫力が高まり、重要な器官の働きが改善され、体力と活力が生まれ、テストステロンの値が上昇します。体系的なトレーニングで、絶対に男を評価します
  • 健康的な食事に切り替え、刺激物を制限する。タンパク質、ビタミン、ミネラル、オメガ3、オメガ6酸を豊富に含む自然食品で、性機能を正常に保つことができます。高い効力、良いフォーム、強さとスタミナの味方です。逆に、ジャンクフードやその摂取による栄養不足は、体調不良や活力不足、性的パフォーマンスの低下を招く味方となります。さらに、食生活の乱れや刺激物(アルコール、タバコ)の摂取により、体内に毒素が蓄積され、性的パフォーマンスや勃起力に悪影響を及ぼします。
  • 骨盤底筋(ケーゲル筋)を鍛える。排尿時には、流れを少し止めれば簡単に見つけることができます。ケーゲル筋は、筋肉の締め付けを感じる場所に正確に存在します。ケーゲル筋体操は、数秒間ギュッと握ってから離す。週に数回(または毎日)、十数回繰り返して行うことをお勧めします。注意点としては、必ず膀胱が空っぽの状態で運動し、排尿しながら行わないことです。
  • 良い休息を大切にして、精神状態を向上させてください。そして何よりも、十分な睡眠をとること。過労を避け、ストレスを減らし(「ストレスへの対処法」をお読みください)、自分の中のバランスを取り戻すようにしてください。自分に自信を持ち、男らしさを取り戻そう
  • 性的パフォーマンスを向上させ、勃起力を高めるための天然成分を含む男性用食品サプリメントを使用してください:メイス、macaルート、フェヌグリーク、ジンセン、L-アルギニンなど。

効力のある薬のランキング

Category: 男性問題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin