456313094 47eda03921 o

危険なステロイド – アナボリックの副作用

アナボリックの筋肉は「目で見て成長する」、それはすべてのアマチュアのボディビルダーが望むものではありませんか?しかし、それはまた、コインの反対側、すなわちステロイドの副作用は、残念ながら多く、いくつかの臓器の永久的な障害を含む非常に深刻な健康上の問題を引き起こす可能性があります知っておく価値があります。ここでは、知っておくべきステロイド使用の最も重要な副作用についてです。

ホルモン障害 1.

筋力トレーニングの達人によって使用されるステロイドは、それらの中に強力なテストステロン誘導体を含んでいます。これらの物質は間違いなくホルモンシステムに無関心ではありません;逆に、彼らは強く、増加した筋肉タンパク質の合成と急速な質量利得を引き起こし、同化プロセスを強化し、それを妨害します。同化剤を使うとホルモンの分泌が乱れます。人工的に供給されたホルモンの結果として、あなたの体は、例えば、主要なホルモンの生産を低下させ、次のような症状を与えることによって、”狂い始める”でしょう。

  • 精巣収縮蛋白同化ステロイド
  • 勃起不全
  • 性欲減退
  • 不妊症
  • 前立腺肥大
  • 女性化乳房
  • 体毛
  • 禿げ
  • にきび
  • せいちょうはだか

2.肝臓の損傷

経口摂取した同化ステロイドは肝臓で代謝されます。長期的に見れば、肝臓への負担は非常に大きいです。同化剤を長期間使用すると、肝機能障害の原因となったり、その構造に永久的な損傷を与える可能性があります。肝臓は、血液の凝固、酵素や胆汁の生成、代謝過程の一翼を担い、栄養素を貯蔵し、血液をろ過し、毒素の体を浄化するなど、多くの重要な機能を持つ臓器であることを忘れないでください。

3.循環器系の障害

同化ステロイドの否定的な副作用も別の重要な器官、心臓だけでなく、全体の心血管システムに影響を与えます。同化薬は血圧の急激な上昇を助長し、心臓に負担をかけ、血液密度を高め、血栓症、動悸、冠動脈疾患、心臓発作、脳卒中、動脈硬化症などの原因となります。

4.行動の変化、攻撃性の増加、感情の調節障害

蛋白同化ステロイドは、精神圏に影響を与えずに残っていません。これらの物質を使用している人は、感情のコントロールに問題があることが多く、気分の変動、怒りや怒りに陥りやすく、抑うつ状態に陥りやすいだけでなく、攻撃性の爆発、不安、睡眠障害などの問題を抱えています。

5.他の体の機能不全

ステロイドの使用は、水と電解質の障害のリスクが高い。これらの物質は体内に水分を貯留させ、むくみ(顔や関節の周り)の原因となります。ステロイドの他の副作用は次のとおりです:腎障害、免疫力の低下、感染症や病気への感受性の増加、関節や骨の問題、消化器系の障害(膨満感、下痢、嘔吐など)。

蛋白同化ステロイドの上記の副作用は、使用する価値がないことを確信している場合は、おめでとうございます!私自身の例から私は筋肉の建物の面で同様の効果は、彼らの助けなしで達成することができると言うことができます(それは少し時間がかかる場合がありますが)。条件はもちろん、きちんとしたトレーニングプランやダイエットです。追加の「キック」は、マスやスカルプのための栄養補助食品(安全なものから!)で行います。

筋肉の成長をサポートする最も効果的なサプリについてはこちらから入力してくださいオススメです!(笑)。

Category: トレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin