smoothies 4608349 1280

抗ウイルスダイエット、体を強くして病気にならないためには何を食べればいいのか?

抗ウイルスダイエットとは、体の免疫力を高めて、ウイルス性のものを中心に、細菌や真菌などの感染症にかかりにくくする方法です。 現在、社会の大きな部分では、高い免疫力を維持することに問題があります。不健康なライフスタイルや不健康な食生活は、病原体をブロックしてその発生を抑制する体の自然な能力の弱体化に寄与していますが、それらがシステムに入ることを管理している場合。抗ウイルス食は、免疫賦活作用のある食品を大量に摂取することで、乱れた免疫力の向上に寄与し、感染症にかかりにくくなります。インフルエンザやインフルエンザに似た感染症や、最近私たちの文明を蝕んでいるコロナウイルス(Covid-19)から、よりよく身を守ることができるようになるでしょう。記事を読んで、体を強くして体調を崩さないためのメニューのまとめ方を学びましょう

秋冬になると体調を崩すことが多くなるのはなぜでしょうか?

秋冬シーズンの到来により、人口の呼吸器感染症、風邪、インフルエンザ、インフルエンザ様の感染症の発生率が増加します。低い周囲温度、強い風、降水量は、私たちにとって好ましくない条件であり、体の冷え性を頻繁に引き起こし、免疫力の低下と有害な病原体への感受性の増加に寄与しています。

秋と冬の病気の発生率の増加に影響を与える他の要因は次のとおりです: 多くの種類のウイルスや微生物の季節的な活動の増加、私たちの 食生活 – 野菜や果物の量が 夏よりも はるかに少なく 太陽の下での滞在がはるかに少ない、私たちが知っているように、太陽の光は私たちの免疫力に重要なビタミン D の生産を刺激します。

これにより、秋と冬になると風邪やインフルエンザにかかりやすくなりますが、私たちのほとんどは年に1~2回は呼吸器感染症にかかるのが当たり前になっています。しかし、すべての感染症が同じというわけではありません。感染症はウイルス性のものと細菌性のものに分けられます。両者にはどんな特徴があるのでしょうか?

ウイルス感染症と細菌感染症-その違いと基本的な症状は?

ウイルス感染症と細菌感染症は似たようなものですが、両者の間にはいくつかの違いがあり、どちらを相手にしているかを判断することができます。

ウイルス 感染症は非常に急速に始まり、わずか数時間ほどで、体調が良くて全く症状が出ない状態から、非常に体調が悪くなり、多くの症状を高強度で経験するようになります。ウイルス感染症は通常、亜熱や中等度の発熱、疲労感、体の大きな脱力感を伴います。

ウイルス感染は通常1週間ほど続きます。このタイプの感染症では抗生物質は使用せず、抗炎症剤、解熱剤、鎮痛剤、去痰剤、鼻水や咳を抑える薬のみを使用します。

ウイルス性の感染症で最も多い症状です。

  • 倦怠感
  • 機嫌が悪い
  • と幻滅感を抱く。
  • 高温になっています。
  • 寒気がする
  • 筋肉、骨、関節の痛み
  • 頭痛がする。
  • 水っぽい鼻水
  • 乾いた咳。
  • 喉が痛い
  • 食欲不振。

細菌感染は通常、突然発症することはなく、ゆっくりとしたペースで発症します。徐々に気分が悪くなり、個人の症状も日に日に強くなってきています。細菌感染症はしばしば高熱、同様に大きな脱力感、一定の眠気、消化器系の不平をもたらします。細菌感染は、ウイルス感染とは異なり、抗生物質で治療することができます。

細菌感染症で最も多い症状です。

  • 高熱が出る。
  • 疲労感、倦怠感
  • 濃くて粘液性のある鼻水。
  • 煩わしい湿った咳、大量の痰の分泌物。
  • 息切れ。
  • 非常に赤い、喉の痛み、多くの場合、白い、膿疱性の斑点があります。
  • 腹痛
  • 吐き気、下痢。

感染症から身を守るには?

ウイルスの攻撃を止める手

コロナウイルス、インフルエンザウイルス、ライノウイルス、アデノウイルス……これらをはじめとする病原体は、毎日何百人もの人を襲い、発熱、鼻水、咳を頂点とした迷惑な病気の症状を引き起こしています。ほとんどの感染症は、副鼻腔や鼻から喉や喉頭までの上気道に影響を与えます。しかし、時には感染が発展し、気管支や肺などの呼吸器系のさらなるセクションを占めるようになり、体への負担が大きく、より深刻な健康合併症のリスクが高まることがあります。

感染を未然に防ぎ、呼吸器感染症の危険な合併症を避けるためには、最初の症状が現れたらすぐに治療(例:抗炎症剤や解熱剤)を開始することが非常に重要です。

適切な栄養を含む自然な方法での予防と日々の免疫力の構築も重要です – それは私たちが感染症をより簡単かつ穏やかに通過するだけでなく、一般的に病原体に対する体の防御バリアを強化し、感染症のリスクを軽減するのに役立ちます。

病原体に対する予防の基礎としての抗ウイルス食

抗ウイルスダイエットや抗ウイルスダイエットは私たちの免疫システム(免疫システム)を強化するために役立つ食品が豊富な食事の恒久的な実装は何もありませんが、病原体に対する封鎖を構築し、彼らはシステムに侵入したときに病原体を中和するために体の能力を向上させます。

免疫系の仕事の一つは、ウイルスや細菌などの有害な微生物を捕獲し、細胞内に侵入しないようにすることです。私たちの免疫システムが良好な状態にあると、病原体を効率よく認識し、迅速に免疫反応を送り出すことができ、結果的に病原体を吸収して消滅させることができます。

中でも、マクロファージ、好中球、リンパ球などの免疫細胞や、抗体やサイトカインなどの特殊なタンパク質を含む免疫細胞は、病原体を捕捉し、排除する免疫反応を担っています。

免疫メカニズムを強化し 、免疫細胞、サイトカイン、抗体の活性を刺激することで免疫システムをサポートするサプリメントなどに使用されるハーブや薬用植物だけでなく、食品のすべての種類があります。また、毒素の浄化に刺激を与える効果のあるものが多く、免疫力の向上にもつながります。その商品は何ですか?ウイルスなどの病原体に対する食事のまとめ方は?

抗ウイルス食-ルール、何を食べて何を避けるべきか?

抗ウイルス食の大原則は、加工食品を避けながらも、できるだけ自然な食品をメニューのベースにして、加工度が低いかゼロであることを特徴としています。私たちは、すべての加工食品(惣菜、インスタントスープやソース、ファーストフード、お菓子、塩辛いスナック、缶詰、半製品を含む)は、栄養価がほとんどないが、人工的で不健康な物質が多く含まれていることを知っておく必要があります。飢えの一時的な満足感に加えて、それは私たちに何の役にも立たず、私たちを傷つける。

抗ウイルス食では、このような食品をベースにメニューを構成しています。

  • 野菜(例:ビーツ、ニラ、ニンニク、玉ねぎ、豆類、セロリ、ほうれん草、ケール、ブロッコリー、ピーマン、わさび、パセリ、キャベツ、レタス、にんじん、芽キャベツ)。
  • 完全なタンパク質(乳製品、卵、赤身肉、魚、クロレラやスピルリナなどの藻類)のソース。
  • 全粒粉と全粒粉のパン。
  • 濃厚な穀類。
  • 米。
  • 全粒穀物の穀物を使ったパスタ。
  • 漬け物。
  • 発酵乳製品。
  • 植物油。
  • 穀物やナッツ類
  • 穀物、新芽、細菌
  • 果物
  • スパイスやハーブ(ジンジャー、ターメリック、バジル、オレガノ、シナモン、マリーゴールド、セージ、イラクサなど)。

抗ウイルス・免疫力アップの食事を構成する際に特に注意すべき食品成分とは

  • ビタミンA(大量に含まれています:トマト、ニンジン、ピーマン、ほうれん草、レタス、ブロッコリー、パセリ、ケール、スイスチャード、グレープフルーツ、オレンジ、さくらんぼ、プラム、桃、レバー、バター、クリーム、牛乳、卵)。
  • ビタミンE(含有量:オートミール、ふすま、全粒粉パン、グロート、種子・種子、アーモンド、スプラウト、牛乳、緑黄色野菜、植物油)。
  • ビタミンC(大量に含まれています:柑橘類、ピーマン、ブラックカラント、ローズヒップ、イチゴ、キウイ、ケール、芽キャベツ、パセリ、トマト)。
  • ビタミンD(その供給源は、海の魚、卵黄、タラ肝油、バター、イエローチーズ)。
  • 亜鉛(かぼちゃの種、ひまわりの種、肉や内臓、ゴマ、卵などに含まれています。
  • セレン(良いソースは次のとおりです:マグロ、サーモン、卵、鶏肉、小麦、キノコ、ブラジルナッツ、米、全粒穀物、ニンニクなどの魚
  • 鉄分(最適な供給源は、レバー、肉、ココア、卵黄、豆、パセリ、ブロッコリー、ほうれん草、ビーツ、アプリコット、プルーン、小麦ふすま、そば、ナッツ類、サバ、ニシンです。
  • 硫黄(最高のソースは次のとおりです:タマネギ、ネギ、ニンニク、ブロッコリー、カリフラワー、ワサビ、大根、クレソン、カブ、肉、内臓、牛乳、卵)。
  • プロバイオティクス(最良のソースは、バターミルク、ケフィア、ヨーグルト、牛乳、漬物、ザワークラウト、パン酸、豆乳、豆腐などの発酵乳製品です)。
  • オメガ3酸(魚、魚油、魚介類、種子、chia種子、植物油、亜麻仁に含まれる)。
  • β-グルカン(オートミール、ライ麦フレーク、大麦フレーク、小麦、オート麦とライ麦のふすま、大麦麦芽、カキコ、酵母に含まれる)。
  • 抗酸化物質(最良の供給源:チョコベリー、エルダーベリー、ブルーベリー、カシス、イチゴ、チェリー、ラズベリー、ザクロ、アプリコット、グレープフルーツ、オレンジ、アボカド、カボチャ、ピーマン、緑の野菜、セロリ、ブロッコリー、トマト、豆類、緑茶、ココア、yerba mate、ハイビスカス、穀物、ナッツ、油)。

抗ウイルスダイエット~献立(4日分の献立例

ウイルスや細菌に対する自然のバリアを強化するために、健康的で栄養価の高い食事を定期的に摂るように気をつけ、体を毒したり、代謝を阻害したり、免疫力を弱めたりする人工的で不健康な食べ物を制限する必要があります。

1日4~5回程度の食事で、それぞれに野菜や果物が含まれていることを確認し、そのほとんどに全粒穀物製品、タンパク質製品、健康的な種類の脂肪の供給源(ナッツ類、穀物、植物油、ココナッツオイルなど)が含まれていることを確認するのがベストです。

毎日のメニューでは、それはまた、頻繁に免疫メカニズムを刺激する蜂蜜、だけでなく、免疫賦活効果と体内の抗ウイルス物質の分泌を刺激するハーブのために、そのようなエキナセア、高麗人参、エルダーベリー、アストラガルス、アセロラ、野生のバラ、アロエベラのために到達する価値があります。

体のデトックスを刺激するハーブやサプリメント(例:バイオレット、イラクサ、タンポポ、既製品のSpirulin Plus製剤)は、免疫力の強化にも役立ちます。

抗ウイルス食のサンプルメニュー

1日目

  • 朝食:オートミール(オートミール、大麦、ライ麦など)、レーズン、クランベリー、ナッツ、種、chia、全乳と蜂蜜を混ぜたリッチオートミール
  • 2 朝食:グラハムクラッカー(アボカドペースト入り)、オレンジジュース1杯
  • 夕食:ブロッコリーとグリーンピースのクリームスープ、山芋のロースト、スモークサーモン、ハーブ(ディル、チャイブ、オレガノ、バジル)、モッツァレラチーズ添え
  • 午後のおやつ:ココナッツとピーチのヨーグルト、エルダーベリーまたはチョークベリージュース1杯
  • 夕食: 全粒粉のパンにバターを塗ったサンドイッチ、チキンテンダーロイン、レタス、スプラウト、大根、トマト

2日目

  • 朝食:全粒粉パンのトーストに卵とイエローチーズ、グレープフルーツを添えて
  • 2 朝食:カッテージチーズの黒カブおろし、緑のキュウリとchiaの種、緑茶
  • 夕食: ビーツまたはウクライナのボルシチ、玄米、レンズ豆、コーン、マッシュルーム、トマト、七面鳥の胸肉の生姜焼き、カレー、ターメリック風味の料理
  • ティータイム:ズッキーニのパンケーキ、フムス添え
  • 夕食: チキンゼリー、ピーマン、レタス、トマト、全粒粉パンのスライス

3日目

  • 朝食:ヨーグルトにオートミール、バナナ、ココア、はちみつ、シナモン入り
  • 2 朝食:フルーツと野菜のカクテル(ふすま入り
  • 夕食:チキンミートボールのワサビとディルソース、全粒粉パスタ、人参とセロリのサラダ
  • 午後:赤や紫のフルーツ(ラズベリー、ブラックベリー、ブルーベリー、イチゴ、チェリー、プラムなど)とヨーグルトのオムレツ
  • 夕食: カッテージチーズペーストとサバまたは野菜ペーストのサンドウィッチ、キュウリ、大根、ピーマン、ニラ、ピクルスの軽いサラダを添えて

4日目

  • 朝食:全粒粉パンのトースト、新鮮なほうれん草の葉、目玉焼き、トマト、ローストしたヒマワリの種を振りかけたもの
  • 2日目の朝食:ツナ、コーン、ひよこ豆、米、パプリカ、キュウリのピクルス、ネギ、パセリ、マヨネーズ少々のサラダ
  • 夕食:かぼちゃとりんごのクリームスープ(生姜入り)、そばかす、鶏レバー、玉ねぎ入りビーツサラダ、オリーブオイルとレモン汁で味付けしたもの
  • ティータイム:フルーツを使ったケフィアカクテル(イチゴ、マンゴー、ブルーベリーなど
  • 夕食:ピーマン、トマト、玉ねぎ、ズッキーニ、鶏胸肉のメドレー

情報源です。

https://www.medicalnewstoday.com/articles/322412
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31426423/
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23688939/
https://www.healthline.com/nutrition/how-to-boost-immune-health
https://www.healthline.com/health/cold-flu/immune-boosting-tips-to-prep-for-winter

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin