snow white 468919 1280

痩せるためには何を食べればいいの?ダイエットを促進する食品と禁断の商品

食事は、運動と一緒に、減量のプロセスの基礎であることは間違いありません。堅実な食生活の実施のみが、効果的かつ永続的な減量を保証します。では、痩せるためには何を食べればいいのか、どのような食べ物を避ければいいのでしょうか。この記事を読めばわかる!

痩せやすいダイエットの特徴

多かれ少なかれ、私たちはすべての重量を失う一方で、脂肪分の多い揚げ物、お菓子や高度に処理された食品、白いパンやファーストフードを避けるべきであることを知っています。その代わりに、大量の野菜や果物、全粒穀物の穀物、魚や赤身の肉、天然のヨーグルトや脂肪分を抑えた乳製品、そして最後に種やナッツ類をメニューに入れるべきです。

しかし、それだけでは終わらない。また、消化のプロセスを調整することで、体重の減少に直接貢献するような食品があることを知る価値があります。同時に、健康に欠かせない栄養素を多く含んでいます。これらのいわゆるスーパーフードは 、一般的に低カロリーであることが特徴であり、同時に、例えば加工食品などには見られない貴重な栄養素が豊富に含まれています。

スーパーフードは、痩身のプロセスを促進し、免疫システムを強化し、文明のほとんどの病気のリスクを最小限に抑えます。蜂蜜、ニンニク、ザワークラウト、ブロッコリー、雑穀米、海の魚、クルミ、卵:これらは、他の人の間でです。

また読んでください:減量のためのカプサイシン

痩せるためには何を食べればいいの?

テーブルの上で野菜と測定

野菜

野菜は、過剰な体重との戦いの中で圧倒的に最も貴重なツールです。カロリーが低く、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、現代の食品ピラミッドの基礎を形成しています。彼らは完全に食欲を満たすだけでなく、私達の腸にまたなだめるような効果があり、それらに含まれている繊維は非常に細くを支えます。

レンズ豆などの野菜には、腹部肥満の形成を防ぐ効果さえあるものもあります。その他、ブロッコリーなどは抗酸化物質が豊富なため、強い抗がん作用があります。上記に加えて、毎日のメニューに恒久的に導入する必要がありますニンジン、トマト、ホウレンソウ、セロリ、グリーンパセリ、ビーツ、ズッキーニ、ジャガイモ、キュウリ、カリフラワー。

漬物は、健康的で減量に適したダイエットのために特別な役割を果たします。このように、ザワークラウト(酢漬けではない)には、ビタミンCをはじめとする多くのビタミン、ミネラル、抗酸化物質が含まれています。免疫力を高め、腸内を浄化し、消化を助け、コレステロールを低下させ、食欲をブロックします。

探せ食欲を抑える方法

果物

現代の栄養学は、割合¾野菜、¼果物で、果物は少し少ないのに対し、できるだけ多くの場合、野菜を食べることをお勧めします。同時に、体が夜の休息前に炭水化物を燃やすのに十分な時間がない可能性があるので、午後よりも遅くならないように果物を食べるのがベストです。

普通のリンゴをスリム化する過程で、巨大な役割を果たすことができます。前菜として食べると、主食のカロリーを減らし、食欲を抑え、食物繊維が含まれているため、消化を助ける効果があります。痩身のための重要な果物は、それが代謝をスピードアップし、さらに効果的に毒素の体を浄化するので、グレープフルーツです。痩身ダイエットでは、梨やイチゴ、ラズベリー、acai、キウイ、パイナップル、アボカドなどのベリー類を含めることも価値があります。

全粒穀物製品

痩せるための味方であるだけでなく、亜鉛、鉄、マグネシウム、ビタミンB群、繊維などの必須ミネラルの源でもあり、体重を落とすことに大きな影響を与えています。そのおかげで私達に小さい食欲があります、私達の腸はより効率的に働きます、新陳代謝はより速く動きます、私達は私達の体からの有害な物質をより容易に取り払います。そのため、全粒粉のパン、太めのグロス、玄米、全粒粉のパスタ、オートミール、ふすまなどを食べるようにしましょう。

減量には欠かせない助けになります。バイタルファイバーFibre Select

エックスじゅうにエックス

牛乳・乳製品

牛乳や乳製品は 、たんぱく質やカルシウム、ビタミンB2などを体に供給してくれるので、ダイエットには欠かせないものなので、バランスの良いダイエットにも取り入れていきましょう。ただし、カロリーの高さから、脂肪分の少ない牛乳やナチュラルヨーグルト、無駄のないホワイトチーズ(加工されていない、自然な形のもの)を選ぶと良いでしょう。乳製品を食べることで代謝率が上がり、食欲を抑えることができることを覚えておきましょう。減量中にこのカテゴリからの製品に到達するすべてのより多くの理由。

卵、魚、赤身肉

痩身ダイエットでは、また、好ましくはゆで卵を含める必要がありますし、揚げた場合は、脂肪なしで、その後。ゆで卵はタンパク質、ビタミン、鉄分を摂取でき、肉の代わりになり、長い満腹感を得ることができます。肉を食べるなら赤身のもの、特に鶏肉は脂身のない状態で煮たり焼いたりしたものが良いでしょう。ソーセージなどの食肉加工品は避けましょう。

週に2回以上は、海の魚、サバ、マグロ、ニシン、タラ、サーモン、魚介類をホイルで蒸したり焼いたりして食べましょう。その他の重要な栄養素に加えて、スリムな体型を実現するのに役立つ貴重なomega-3酸が含まれています。

ナッツ、種、ピップス

ナッツ、種子やpipsは、高エネルギー値を持つ製品ですが、同時にビタミン、ミネラル、不飽和脂肪酸や繊維の豊富な時間です。サラダやおやつの添加物として優れており、食欲を抑える効果があり、脂肪組織の形成を最小限に抑えることができます。健康的な脂肪や抗酸化物質が含まれており、少量でも体に必要な栄養素が含まれています。

脂肪については、栄養ピラミッドの最上位に位置しているため、最小限の量(動物性脂肪ではなく植物性油脂の形であることが望ましい)で摂取する必要があります。

減量ダイエットには絶対に欠かせないのがです。新陳代謝を活発にして体をきれいにすることで、ダイエットを促進してくれます。液体の需要は1日2.5リットル程度で、そのうち1.5リットルは水であるべきですが、太りすぎの人はもう少し多めに飲んだ方がいいでしょう。

また読んで下さい: スリミングのためのレモンが付いている水

痩せるための食べ方とは?

魚卵とフルーツの野菜サラダ
  1. 小さな食事を食べるが、より頻繁に – 3時間ごとに1日5食、最後の1つ、軽い、就寝前の4時間以上ではなく、遅くない。
  2. その時は何もしないでゆっくり食べる。ポイントは、うっかり消費しすぎないこと。
  3. 食べ過ぎには注意しましょう。
  4. 外食はせず、ヘルシーな手作り料理だけを食べましょう。
  5. 食事の前にコップ一杯の水をゆっくり飲むのがいいですね。

痩せるために食べてはいけないもの、飲んではいけないものとは?

  1. 加工度の高い食品。
  2. アルコールは、それはいわゆる空のカロリーであり、それに加えて、それは食欲を増加させることができますので。
  3. 既製品・半製品(ソース、インスタントスープ、餃子、シリアル、ポテトチップス、スティックなど)。
  4. 揚げ物、特に揚げ物。
  5. 甘い飲み物。
  6. 白パン、焼き菓子、お菓子全般。
  7. 塩分や糖分の摂取量を制限する必要があります。

チェック最も効果的な減量薬のレビュー

Category: 減量

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin