Depositphotos 2282566 s 2019

空腹にならずに早く痩せる方法 – 効果的な3つのダイエット法を見つけよう!

速く痩せるには? 短期間で余分な体重を減らすことを決意した多くの人々は、即効性のあるダイエット法を探しています。これにより、体重は10kgまたは15kg減少し、体型はかつてないほどスリムになり、治療の効果は永続します。しかし、そのような即席のダイエットは、残念ながら効果がありません。その多くは、体が本当に必要としているカロリーに対して、あまりにも低すぎるのです。飢餓状態や単調すぎる食生活は、決して私たちの味方ではありません。

黄金律を探して、メニューを1つまたはいくつかの製品に制限することなく、一方で、余分な脂肪組織を燃やすために生体をダイナミックに刺激するように構成された、そのような食事を選択するのが最善です。早く、効果的に体重を減らすには?ここでは、余分な体重を効率的かつ迅速に減らし、同時に空腹を防ぎ、多彩なメニューをこなすことができる、合理的で整った3つの痩身ダイエット法をご紹介します。

効果的なダイエットをするには?

お皿の上の野菜と果物を1cmにする

すべての食事が体に有益なわけではありません。 痩身ダイエットの多くは、体重を減らすのに役立つどころか、妨げになっています。食生活に大きな犠牲を強いられることになり、健康にも悪影響を及ぼします。体に負担をかけ、タンパク質やビタミン、鉄分などの重要な栄養素が不足するようなダイエットをする必要はありません。カロリーが極端に低かったり、単調だったりして、体の正常な働きを阻害し、常に気分が悪くなり、挙句の果てには治療終了後にヨーヨー効果を経験するようなダイエットに、なぜ苦しむのでしょうか?

それよりも、消費カロリーは減らしても、食事の回数は減らさないという、合理的な痩身ダイエットを行う方が良いでしょう。なぜなら、体が脂肪組織の形で蓄えを始めるかどうかは、主にメニューの構成によって決まるからです。

短期間で効果的かつ永続的に減量したい場合は、低カロリーで繊維質の多い健康的な食品や、デトックス効果があり代謝を促進する食品(乳製品、魚、香辛料など)を中心としたダイエットを行うとよいでしょう。そんなダイエット法を3つご紹介します。

速く痩せる方法-安価で効果的な野菜ダイエット

刻んだ野菜をサラダボウルに入れる

手っ取り早く5kgや10kgの減量をしたい場合は、野菜 ダイエットが最適です。野菜ダイエットはその名の通り、野菜だけを食べればいいというものではありません。野菜の種類や調理法は数え切れないほどあるので、食事が単調になる心配はありません。

野菜食の原則

野菜は食物繊維の宝庫であり、体形をスリムにするための最も重要な味方です。食べれば痩せる!」という一言で片付けられる食品です。野菜はカロリーが非常に低く、血糖値の上昇が少なく、食べ応えがあり、栄養価が高く、貴重な成分をたくさん含んでいます。そのため、ダイナミックに体重を減らすためのメニューの基礎となるものとして最適です。

野菜ダイエットのメニューは5つの食事に分かれており、定期的(できれば2.5~3.5時間おき)に食べるようにしています。ほとんどの食事は、様々な形の野菜で占められているはずです。非でんぷん質の野菜(にんじん、ビートルート、セロリ、トマト、ピーマン、きゅうり、大根、キャベツ、コートレット、ブロッコリーなど)が多く使われ、でんぷん質の野菜(じゃがいも、とうもろこし、豆)はあまり使われません。

野菜ダイエットは2週間から5週間続きます。終了後は、不健康な食生活には戻りません。私たちは、野菜の含有量が多く、軽食的で健康的なメニューを継続するようにしています。

野菜ダイエットメニューの構成は?

野菜ダイエットの利点は、特に野菜だけの料理や野菜を中心とした料理の場合、食事の量を制限する必要がないことです。このような野菜料理(野菜スープ、野菜キャセロール、野菜ペースト、ローストベジタブル、野菜パテなど)は非常に低カロリーなので、かなりの量を食べることができます。

私たちの毎日のメニューのメインとなるべきものです。

  • 生で食べる野菜。
  • 野菜の調理、煮込み、グリル、焼きなど、脂肪分のないもの。
  • 野菜のカクテル。
  • 野菜ジュース。
  • 軽い野菜スープ。
  • 野菜のシチュー。
  • 野菜のペースト。
  • 野菜を使ったダイエットサラダ。
  • サラダです。

野菜ダイエットは、手っ取り早く体重を落とすことを優先しているが、食欲が旺盛で食事の間に頻繁に間食をしてしまうため、なかなか体重が落ちないという人に最適です。野菜を中心とした食事は、血液中のブドウ糖の濃度を安定させるため、猛烈な空腹感の発作をなくし、食欲を調整します。

同時に、野菜食は消化プロセスを正常化し、便秘や鼓腸などの厄介な症状を軽減します。重要なのは、野菜ダイエットはスリムな体型を手に入れるだけでなく、健康な体と美しい容姿を手に入れるための手段でもあるということです。野菜は、体内の堆積物や毒素を見事に洗い流してくれます。ビタミン、バイオエレメント、抗酸化物質が豊富に含まれているため、 体に栄養を与えて若返らせ、健康状態を総合的に改善します。

野菜ダイエットで認められているその他の製品としては、以下の通りです。

  • のフルーツを使用しています。
  • 鶏肉の赤身と魚の赤身。
  • カッテージチーズ
  • の卵です。
  • スキムミルク。
  • ナチュラルヨーグルト。
  • のケフィアです。
  • 濃厚なシリアル。
  • 玄米です。
  • の種を使っています。
  • 全粒粉のパン。

ただし、上記の製品は主役ではなく、食事の補助として扱うことを忘れないでください。野菜はすべての(あるいはほとんどすべての)食事の基本であるべきです。

野菜ダイエットメニュー例

  • 朝食:トマトとほうれん草のオムレツ、アイスバーグレタス、オリーブ、ピーマンのサラダ(レモン汁で味付け)。
  • 2回目の朝食:ナチュラルヨーグルト1杯、ニンジン2本、グレープフルーツ小1個
  • 昼食:野菜シチュー(大)とそば粉(コップ半分)を食べる
  • ティータイム:フルーツと野菜のカクテル
  • 夕食:ピーマン、キュウリ、ラディッシュ、エンドウ豆、ゆで卵、ツナのサラダ(ヨーグルトとハーブのドレッシングで
  • 朝食:カボチャと洋ナシ入りのキビ入りグラーツ
  • 2回目の朝食:ガスパチョ、全粒粉のトースト
  • 昼食:ブロッコリーのカツレツ、サラダプレート(白菜と人参のサラダ、ビーツのサラダ、ネギとリンゴのサラダなど
  • ティータイム:ナチュラルヨーグルトとグラノーラ、フルーツ
  • 夕食:マッシュルーム、鶏胸肉、ピーマンを詰めて焼いたコートレット

速く痩せる方法 – 代謝を高めるヨーグルトダイエット

ヨーグルトとフルーツのカップ入り

飢餓状態に陥ることなく、また長時間同じものを食べ続けることなく、非常に早く体重を減らす方法は?ヨーグルトダイエットは、良い特許になるかもしれません。余分な体重を減らす効果があるのは、発酵乳製品が私たちの体に及ぼす特定の効果によるものです。

なぜヨーグルトダイエットがダイエットに適しているのか?

ナチュラルヨーグルトをはじめとする乳製品は、満腹感が長続きし、余分なものを食べないようにしてくれます。さらに、貴重なプロバイオティクス菌が含まれているため、健康的な腸内フローラを形成し、体内の毒素を浄化し、消化を調整し、便秘や鼓腸を解消し、排便のリズムを安定させてくれます。そうすることで、ウエストやヒップ周りのスリム化をサポートし、いわゆるおへそを早く目立たなくすることができます。

痩身において重要なのは、ヨーグルト、ケフィア、バターミルク、カッテージチーズなどのたんぱく質製品は、代謝を促進し、生体で消費されるカロリー量を増加させます(たんぱく質を消化するために、より多くのエネルギーを必要とするため、カロリー消費量が多くなるのです)。ヨーグルトなどの食品は、代謝率を上げることで体重減少率を高めますが、定期的に大量に摂取すればなおさらです。

ヨーグルトダイエット – そのルール

ヨーグルトダイエットは1つのカテゴリーの製品をベースにしていますが、単調で退屈なものではありません。発酵乳以外にも様々な商品があるので、料理の想像力を膨らませることができます。

ヨーグルトダイエットでは1日5食食べます。そのうち3つは栄養価の高い完全な食事で、残りの2つはおやつと考えていいでしょう。

ヨーグルトダイエットのメニューの基本は、天然のヨーグルトとその関連製品、すなわちバターミルク、ケフィア、凝乳などです。また、脱脂したカッテージチーズも重要なメニューの一つです。一日のうちのすべての、あるいはほとんどすべての食事の中で食べられている製品です。

ヨーグルトダイエットには、野菜や果物も欠かせません。また、赤身の肉、赤身の魚、穀物、玄米、シリアル、ふすま、穀類などが少量含まれることがあります。また、全粒粉のパンを1日に2~3枚程度食べるとよいでしょう。

ヨーグルトダイエットで禁止されているのは、お菓子、甘い飲み物、脂肪分や粉の多い食品、ファーストフード、ポテトチップス、冷凍食品、惣菜、赤身の肉、脂肪分の多い魚類です。

ヨーグルト痩身ダイエットは、14~21日が目安です。この間、約5~7kgの減量が可能です。ダイエット終了後は、高カロリーの食事に戻らず、軽めの食事メニューを心がけることが大切です。

ヨーグルトダイエットのメニュー例

  • 朝食: 種子とサルタナ入りのナチュラルヨーグルト、チキンハム、レタス、キュウリ入りの全粒粉パン1枚
  • 2回目の朝食:ライスブレッド、smoothieとヨーグルト、バナナ
  • 昼食:茹でた鶏肉と茹でた野菜で作ったミートローフを1部、そば粉をコップ半分、ミートローフ(ナチュラルヨーグルトまたはバターミルクにのせて)を1部
  • ティータイム:カッテージチーズとフルーツ
  • 夕食:ゆで卵とトマトのグラハム半分、バターミルク300ml
  • 朝食:ヨーグルト、煮込んだリンゴ、シナモン入りオートミール
  • 2回目の朝食:青キュウリとディル入りカッテージチーズ、ケフィア入りsmoothie、フルーツ
  • 昼食:軽いブロッコリーのスープ、2皿目は玄米をスプーン3~4杯、七面鳥の胸肉のロースト1枚、インゲン豆
  • 午後:ヨーグルト、chiaの種、ラズベリーまたはストロベリーのデザート
  • 夕食:ヨーグルト1杯、全粒粉パン2枚にモッツァレラライトチーズ、オリーブ、トマトをのせたもの

チェックします。ダイエットのためのカクテル – ランキング

高速で体重を減らす方法 – 痩身と健康改善のデトックスダイエット

冷蔵庫の中、野菜、果物、ジュース

デトックスダイエットは、スムーズな減量に貢献するだけでなく、体全体の働きをより確実なものにします。脂肪組織が多いだけでなく、不健康な食事や汚染された環境での生活、刺激物の過剰摂取などによって体内に毒素が蓄積されている人には最適です。

デトックスダイエットとはどのようなものですか?

体内の毒素が過剰になることは、現代では非常に一般的な現象です。主な影響としては、気分が悪くなる、肌や髪の状態が悪くなる、太りやすくなる、食欲が増す、体が弱くなる、頻繁に疲労感や倦怠感を感じる、眠くなる、頭痛、集中力の低下、消化器系の問題、重苦しさを感じる、エネルギー不足、免疫力の低下などが挙げられます。

体内の毒素を排出するデトックスダイエットは、これらの症状を効果的に解消し、低下した代謝を調整し、活力を取り戻し、体を再生し、脂肪組織の減少を活性化します。

デトックスダイエットは、2週間から4週間続きます。その主な成分は、身体の自浄作用を刺激する製品です。これらは主に

  • 繊維製品(毒素を結合して排出する働きがあり、蠕動運動を活発にして、有害な不要物や未消化の食物残渣を腸内から排出する
  • 利尿剤(腎機能を刺激して尿量を増加させ、毒素をダイナミックに体外に排出します。
  • 血液を浄化する作用のある製品(特定のハーブや抗酸化物質を多く含む製品など)。
  • 胆汁分泌促進剤、肝機能改善剤。

体内の毒素を浄化する食品の一覧です。

  • グレープフルーツです。
  • レモン
  • オレンジ
  • ブルーベリー
  • クランベリー
  • のりんごです。
  • ドライプラム。
  • アボカド
  • ブロッコリー、ほうれん草、ケールなどの緑黄色野菜。
  • beets。
  • パセリ。
  • セロリ。
  • タマネギとニンニク。
  • トマト。
  • キャベツ。
  • アーティチョーク
  • 漬け物(きゅうり、ザワークラウト)。
  • 若い緑の大麦。
  • のスプラウトです。
  • アマニ油。
  • 穀類(オートミール、大麦、ライ麦など)。
  • シーズ chia。
  • ブランです。
  • 小麦胚芽。
  • Vital fibre,
  • ヒマワリの種
  • パンプキンシード。
  • クロレラとスピルリナ
  • きびだんご。
  • 蕎麦の実のこと。
  • 大麦麦芽。
  • ケフィア、バターミルク
  • ターメリック
  • クローブ。
  • ginger,
  • ハーブ(イラクサ、タンポポ、アザミ、ゴボウ、瀉血、バーチ)。
  • アップルサイダービネガー
  • アロエベラ
  • 緑茶。

デトックスダイエット中の食事は、少なすぎず、多すぎず、できれば3~4時間おきに、規則正しく食べるようにします。そのため、1日に4〜5回の食事を摂ります。上記リストの製品は、ほとんどの食事に含まれているはずです。同時に、メニューは健康的で栄養価の高いもので構成されるようにしています。

重要なのは、ダイエット中は 水分をたくさん摂ることです。食事全体を通して、1日あたり1400~1500kcal程度のカロリーを維持するようにしています。

デトックスダイエットでは、甘いもの、塩分の多いスナック、ファーストフード、調理済み食品、質の悪い肉類など、栄養価が低く、保存料などの人工添加物が多く含まれ、糖分や脂肪分が多いものをメニューから排除することが重要です。また、コーヒー、濃い紅茶、アルコールもNGです。

デトックスダイエット – メニュー

そのマルチタスク性から、デトックスダイエットの支持者はますます増えています。毒素を素早く効率的に排出し、心身の状態を改善し、内臓機能を向上させ、体を若返らせ、再生させ、肌や髪の状態を改善するのに適した方法です。また、恒久的かつ効果的に体重を減らすための最良の方法の一つでもあります。

デトックスダイエットのメニューは以下のようになります。

  • 朝食:パセリ入りトマトのスクランブルエッグ、プンパニッケル1枚、グレープフルーツ半個
  • 2日目の朝食:全粒粉パンのサンドウィッチとワカモレ(アボカド、チリペッパー、コリアンダー、ガーリックペースト)、ネトルインフュージョン
  • 昼食:焼き魚、焼き長芋のフリッター、ギリシャ風ヨーグルトとガーリックのディップ、赤キャベツのサラダ、緑茶
  • ティータイム:セロリの根、ニンジン、洋ナシ、リンゴのブレンダーカクテル、カボチャの種をひとつかみ
  • 夕食:ダイエットシチュースープ(ピーマン、トマト、マッシュルーム、タマネギ、鶏胸肉入り
  • 朝食:リッチオートミール(あらかじめ水で煮たオートミール、クルミ、ヒマワリの種、ドライプラム、ブルーベリー、ナチュラルヨーグルト、ハチミツ
  • 2日目の朝食:全粒粉のトルティーヤロールにカッテージチーズ、サーモン、バジルまたはロケットを挟んだもの
  • 夕食:緑の野菜(ブロッコリー、セロリ、ネギ、グリーンピースなど)入りクリームスープ、2品目:玄米、七面鳥胸肉のシャシュリク、キャベツサラダ、緑茶
  • 午後の軽食:フムスとレタスを挟んだ全粒粉パンのサンドイッチ、レモン、ハチミツ、ショウガを入れた水1杯
  • 夕食:キビの実、オリーブ、ケイパー、ピーマン、サンドライトマトのサラダ

チェックします。痩身用タブレットのランキング

Category: 減量

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin