pexels nataliya vaitkevich 6942015

糖尿病予備軍-症状、原因、診断、治療法

糖尿病は非常に厄介な病気で、最初は気付きにくいのですが、残念ながら若い人でも罹患する人が増えています。ポーランドには約300万人の糖尿病患者がいると言われていますが、そのうち100万人がその事実を知らないと言われています。一方で、いわゆる糖尿病予備軍の状態を適切に診断し、適切な処置を行えば、深刻な病気を回避することができます。

糖尿病予備軍は、血糖値の上昇を特徴とする代謝異常であり、糖尿病発症の重大なリスク信号です。幸いなことに、糖尿病予備軍は可逆的であり、すぐに生活習慣を変えるだけで済みます。

糖尿病予備軍-症状糖尿病予備軍の見分け方は?

耐糖能異常(糖尿病予備軍)は、糖尿病の場合ほどではないものの、血糖値が高いことが特徴です。とはいえ、診断や治療が間に合わなければ、2型糖尿病の発症につながり、残念ながらすでに取り返しのつかないことになってしまいます。

通常、初期にはわずかな糖代謝の乱れが見られますが、検査で発見するのは難しい場合もあります。そのうち、朝や食後にしか血糖値が上がらなくなります。しかし、徐々に体の均衡が乱れ、糖分濃度が上限値を中心に変動したり、上限値を超えたりするようになります。

このようなわずかな血糖値の上昇が続くと、血管や末梢神経に大きなダメージを与え、糖尿病予備軍の状態が進行した糖尿病に変わってしまいます。また、この段階ですでに視覚器官に深刻な変化が起こります。

次のような症状があれば、必要な措置を講じる必要があります。まず、検査を受け、必要であれば医師の診察を受けることです。

  • 永久に疲れが取れない。
  • 急に昼寝をしたくなるなど、過剰な眠気が発生します。
  • 食欲と喉の渇きが異常に増加します。
  • ドライマウス。
  • 肌の過度の乾燥。
  • 頻回の排尿。
  • 頻発する感染症。
  • 突然の視力低下。

血糖値のカーブ – 規範

糖尿病予備軍は、健康な状態と2型糖尿病の中間的な状態です。 検査は、事実を確認するための最良のツールであり、その結果に応じて適切な行動をとるための出発点となります。

健康な人の正常な空腹時血糖値は、70~99mg/dlです。検査結果が100~125mg/dlの場合は、追加でOGTTテスト、いわゆるシュガーカーブを実施する必要があります。シュガーカーブでは、静脈血を採取した後、ブドウ糖液を投与し、60分後と120分後に再び糖度を測定します。

糖カーブテストの空腹時血糖値が100~125mg/dlの場合は、空腹時血糖値の異常です。ブドウ糖を摂取してから2時間後の結果が140~200mg/dlの場合は耐糖能異常です。

このような結果は、糖尿病になる前の状態、つまり本格的な糖尿病になる前の最後の瞬間を示しています。一方、200mg/dl以上になると、2型糖尿病が進行していることになります。

糖尿病予備軍-原因、リスクファクター

散らばった角砂糖、その横にある計量カップ

糖尿病予備軍はまだ糖尿病ではありませんが、いつの間にか糖尿病に発展する可能性があります。そのため、軽視してはいけません。また、生活習慣が危険因子の原因となっている場合には、さらに計画的に血糖値を検査する必要があります。

耐糖能異常の主な原因は、体重過多や肥満、食生活の乱れ、運動不足などと考えられています。

これらに続くのが

  • 心血管疾患。
  • ハイパーテンション
  • コレステロール値が高いこと。
  • 多嚢胞性卵巣症候群。
  • 妊娠性糖尿病の既往がある。
  • 遺伝的条件。

同様の理由は、糖尿病そのものにも当てはまります。

肥満と糖尿病予備軍、糖尿病との関係は?過剰な体脂肪 は、インスリンの正常な作用や細胞へのブドウ糖の取り込みを阻害するさまざまな物質の産生を増加させます。

その結果、体内の微妙なバランスが崩れ、さまざまな代謝現象が起こり、心臓、血管、腎臓、視力、神経系の障害などの深刻な病気を引き起こす可能性があります。

糖尿病の発症には、生活習慣も同様に重要な影響を与えます。運動不足や、いわゆる座りっぱなしの生活は、循環器系を中心に、呼吸器系、神経系、筋肉系、骨格系など、生体全体の働きを乱すリスクがあります。

時間が経つにつれ、心臓の血液を送り出す能力は低下し、体細胞は酸素不足と栄養不足に陥り、肺活量は減少し、骨、筋肉、関節は弱くなります。代謝が低下し、糖質の代謝が妨げられ、エネルギーを生産する代わりに、体は脂肪組織の形で蓄えをしていきます。

糖尿病予備軍-検査、診断

糖尿病の発症リスクをなくすためには、生活習慣や食生活を徹底的に見直す必要があります。しかし、それだけではありません。糖尿病を含む多くの病気では、早期診断、つまり糖尿病予備軍の段階での診断が最も重要であるため、時々、グルコース検査を実施することが望ましい。

頻繁に行われるスクリーニング検査はそのための絶好の機会です。血糖値のチェックに加えて、グルコース 負荷試験、いわゆるシュガーカーブを実施することができます。

まず、検査の数日前に生活習慣や食生活を大幅に変えてはいけません。また、感染症や炎症を起こしているときは、検査結果に影響を与える可能性があるため、検査を行わないでください。

より専門的な診断ツールとしては、インスリン、C-ペプチド、抗体検査などがあります。

糖尿病予備軍を逆転させるには、最高の方法を

健康食品の入ったボウル、その横には聴診器

糖尿病予備軍の状態を無視し、治療(主に健康的なライフスタイルへの変更)を行わないことは、2型糖尿病を発症させる簡単な方法です。

ここでは、危険な糖尿病の発症を予防するためのヒントをご紹介します。

糖尿病予備軍-食事

糖尿病予備軍の食事療法は、特定の食品を完全に排除するような厳しいものではないことを最初にお断りしておきます。むしろ、健康的な食習慣を身につけることで、糖尿病の発症リスクを回避し、さらに重要なのは、体重の減少を伴うことだと思います。

一般的には、 、1日4~5回程度、量やカロリーを抑えた普通の食事をすることです。

エネルギー値の約45%は複合炭水化物、すなわち全粒粉パン、シリアル、黒米、グラートなどの製品で構成されるべきである。低血糖指数に加えて、体(特に消化器系)に有益な食物繊維を大量に含み、満腹感を与え、消化を調整します。

同じ理由で、野菜類や、果物類、特に 糖分の少ないリンゴ、サクランボ、イチゴ、ラズベリー、カラント、グレープフルーツ、グースベリー、ブルーベリーなどもお勧めです。

チェリー、洋ナシ、ブドウ、パイナップル、バナナなどはグリセミック指数がやや高い。

タンパク質源は、赤身の乳製品、卵、魚、鶏肉、豆類である。動物性脂肪は植物性油脂に置き換え、塩分や糖分の摂取はもちろん控えるべきです。

半完成品や高度に加工された食品、菓子類、甘味料入り飲料、フレーバーチーズやヨーグルト、アルコールは避けてください。

糖尿病予備軍-生活習慣の改善

今日では、肉体的にも精神的にも健康であるための条件は、ニーズと可能性に合わせた適切な 身体活動であることは、おそらく誰にも説得する必要はないでしょう。さらに、病気の予防や治療においても、治療に欠かせない要素となっています。これは、糖尿病予備軍と進行した糖尿病の場合です。

定期的な運動は、炭水化物バランスに良い影響を与え、全身のコンディションや幸福感を高め、体重減少を促します。

最も一般的に推奨されているのは、nordic walking、早歩き、サイクリング、水泳などの有酸素運動ですが、年齢や身体能力に応じて、実質的にはどのような種類のスポーツでも行うことができます。最も重要なことは、そのような活動が体系的かつ定期的に行われることです。

糖尿病予備軍-自然療法

ブドウ糖濃度がやや高めの場合には、ハーブが重要なサポートとなります。進行した糖尿病を治すことはできませんが、血糖値を下げ、糖質の代謝を良くし、血糖値の乱れに伴う不快感を最小限に抑えることができます。

この点で最も効果的なハーブは以下の通りです。

  • ホワイトマルベリー – ブドウ糖の生成に関わる酵素の分泌を抑制し、特に食後の血糖値の上昇を防ぐ
  • タンポポ – 糖分濃度を調整するだけでなく、食べ物の血糖値を下げたり、糖分の吸収を遅らせたりするなど、多くの健康増進効果があります。
  • シナモン – 香り高いスパイスとして知られていますが、血糖値を調整する効果もあります。
  • セージ – 一部の抗糖尿病薬と同様の働きをする
  • フェヌグリーク:インスリンに対する組織の感受性を高める、胃の空洞化を遅らせる

糖尿病予備軍の場合、薬物療法はほとんど行われませんが、ハーブの代わりに、糖分を下げ、血糖値を安定させる数種類の天然物質を含む既製の栄養補助食品を利用することができます。

Redusugarは、糖尿病予防に効果があるとされる9種類の天然物質を含む多様な成分を含む、最新で高度な製剤です。

Redusugar
ソース
  • https://www.healthline.com/health/type-2-diabetes/what-is-prediabetes
  • https://www.healthline.com/health-news/how-to-prevent-prediabetes-from-becoming-diabetes
  • https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22683128/
  • https://www.medicalnewstoday.com/articles/317206
  • https://www.medicalnewstoday.com/articles/311056

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin