lopian

脂漏症による抜け毛に効くハーブ3選

脂漏性脱毛症は、脂漏性皮膚炎に端を発し、主に中年男性を悩ませる症状です。脂漏性脱毛症の原因や症状、治療法についてはこちらの記事で詳しく書いています。今日は、それらに含まれている物質と貴重な特性のために、脂漏性脱毛症に対する家庭での治療に使用する価値がある髪のための3つのハーブを紹介します。

ゴボウ

ゴボウ

それはキク科に属し、主にヨーロッパとアジアで発生し、ポーランド全土で発生し、非常に広範な植物です。ゴボウは、頭皮や髪の毛に関連するものを含む皮膚の病気と戦うために最も価値があり、最も頻繁に使用され、最も効果的なハーブの一つです:フケ、抜け毛、髪の成長の遅れ、ハゲ、髪の毛の過剰な脂っぽさなど。この植物には次のものが含まれています:酸化防止剤、ポリアセチレン化合物、セスキテルペン、フラボノイド、タンニン、イヌリン、有機酸、硫黄化合物。ゴボウは抗真菌、抗菌作用を示し、炎症を鎮め、細い髪、細い髪、弱った髪、ダメージを受けた髪、抜け落ちた髪の再生と強化効果があります。ゴボウエキスは、栄養補助食品だけでなく、シャンプーやコンディショナー、ヘアバームなどにも多く含まれています。ゴボウの根は、ハーブショップでも粉砕した状態で購入することができます。

アンジェリカ

セロリ科に属し、ポーランドなどアジアやヨーロッパに分布しています。アンゼリカの根は貴重なハーブ成分で、内服(輸液やチンキの形で)は消化器系の病気や神経の緊張状態に、外用(リンス、湿布、擦り薬の形で)は皮膚疾患(乾癬、にきび)や頭皮疾患(フケ、脂漏性脱毛症、過剰な髪の脂汚れなど)に使用されています。この植物は抗炎症作用、抗菌作用があり、かゆみを抑え、刺激を和らげ、頭皮のバランスを整えます。さらに、髪に栄養を与え、髪を強くし、それ以上の抜け毛を防ぎます。アンゼリカの組成物には、セスキテルペン、有機酸、ミネラル塩、ビタミン、クマリン、タンニン、フラボノイドがあります。

ヤナギ

ポーランドで最も一般的な木の一つで、自然療法にも使われています。その樹皮は薬用として利用されています。ヤナギには、有機酸、サリシン、バイオフラボノイド、ミネラル塩が含まれています。強い抗炎症作用、抗菌作用、正常化作用、防腐作用があり、脂漏性皮膚炎に伴う病気の自然療法として理想的です。頭皮や髪の毛の状態が全体的に改善されることで、抜け毛が発生しやすくなることもあります。

ハゲ対策のためにビタミン剤を探している方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin