pexels karolina grabowska 4871306 1

脂漏症に効くハーブ-皮脂の分泌を抑えて皮膚の病変を軽減する方法

脂漏症のためのハーブは、皮脂腺からの過剰な皮脂分泌に伴う厄介な症状を軽減する最も効果的な方法の一つです。脂漏性皮膚炎を抑える薬やサプリメント、化粧品を使う以外にも、家庭での治療法としてハーブ療法を取り入れる価値があります。ハーブを定期的に使用することで、皮脂腺の活動を正常化し、修復プロセスを刺激することができます。脂漏性皮膚炎は、頭皮や体の他の部分の皮膚の病気につながることが多いので、早めに対策を始めることをお勧めします。漢方薬は、脂漏症を改善し、肌や髪の美しさを向上させるだけでなく、脂漏症関連の病気の進行を抑えます。脂漏症対策は早めに始めた方が良いと思います。

脂漏性皮膚炎とは?脂漏症の症状と効果

虫眼鏡で見るフケ

漏症は、皮脂腺の不調からくる一般的な疾患です。肌が正常に機能しているときは、皮脂腺から少量の皮脂が分泌されており、洗顔や角質ケアで計画的に取り除かれています。一方、脂漏症の場合は、皮脂腺の活動が活発になります。分泌された過剰な 皮脂が肌表面に蓄積され始め、毛穴を詰まらせます。

脂漏症の場合、スキンケアをしても 肌が過剰にカサカサになってしまいます。テカテカして脂っぽく、ベタベタして、黒ずみや湿疹ができやすく、炎症が起きやすい。毛穴が拡大してふさがっている。その他の症状としては、皮膚の発赤、皮膚のかゆみやほてり、抜け毛の多さ、毛髪の脂っぽさ(洗ってもすぐに毛が抜けてしまう)などがよく見られます。

しかも、脂漏性皮膚は、病原性のある細菌やウイルス、真菌が繁殖しやすい環境にあります。そのため、脂漏症の結果として、さまざまな皮膚疾患を発症することが多いのです。

脂漏症に関連する病気は

  • 脂漏性皮膚炎。
  • 脂漏性皮膚炎(主に顔、胸、関節のひだに皮膚病変が現れる)。
  • 頭皮の乾癬
  • 皮膚乾癬(主に肘や膝に病変が現れる)。
  • 白癬菌
  • seborrhoeic alopecia,
  • 脂性のフケ(脂性フケ)。
  • cystic druff,
  • 尋常性ざ瘡(にきび)。
  • 酒さです。

脂漏症は、皮脂腺の 出口が最も多い場所、つまり主に毛深い頭皮に現れ、また頭皮にも現れます。脂漏性皮膚炎の原因としては、以下のものが挙げられます。

脂漏性皮膚炎の代表的な原因

脂漏症の原因はさまざまですが、最も大きな役割を果たしているのは遺伝的要因です。両親や祖父母が脂漏症に悩まされていた場合、その傾向は後世に引き継がれる可能性があります。

皮脂分泌量の増加や脂漏症の発症に影響を与える要因としては、以下のようなものがあります。

  • 遺伝的素因。
  • ホルモン異常(主にアンドロゲンやプロゲステロンなどの性ホルモンの過剰)。
  • 免疫力が低下します。
  • 不適切な衛生状態。
  • 悪天候(例:高霜、高熱)の場合。
  • のストレスになります。
  • 環境汚染。
  • 酵母菌の感染。
  • 特定の疾患(例:AIDS、神経系疾患)。
  • 太りすぎ、肥満。
  • 食生活の乱れ、特定のビタミンの欠乏。
  • 肌への攻撃性が高く、殺菌効果のある医薬品や化粧品の使用。

寄生虫、有害な微生物、毒素を取り除くのに役立つ準備をチェック:Detoxyn

Detoxyn

脂漏症対策、脂漏性皮膚疾患の予防法は?

脂漏性皮膚炎の対策は、家庭での対策や皮膚科医の協力を得て、できるだけ早い時期に始めることが望ましい。脂漏症の対処が早ければ早いほど、皮膚病の発症や悪化のリスクは低くなります。

脂漏性皮膚炎の改善には、主に体系的で適切なスキンケアが必要です。問題が悪化した場合は、医師の診断を受け、推奨される薬理学的薬剤を使用することをお勧めします。

脂漏症の家庭療法 – 脂漏症を解消する方法の貴重な3つのヒント

オイルとフレッシュハーブのボトル

脂漏性皮膚炎は、厄介で、対策が難しく、再発・悪化しやすく、さらには見苦しく、不快で、とても恥ずかしい病気です。脂漏性皮膚炎とそれによる肌や髪のトラブルを解消するためには、皮膚科医の介入を受けるか、家庭での治療を行うかのどちらかになります。

以下のヒントを適用することで、皮脂腺を「落ち着かせ」、肌の機能を正常化し、徹底的に洗浄し、肌の再生プロセスを刺激することができるでしょう。

まずは、栄養面からですね。

栄養は、肌の状態や機能に大きく影響します。栄養素の乏しい食事や特定の栄養素の欠乏は、脂漏症を悪化させる要因となります。そのため、良質な天然素材を使った健康的な食生活に切り替え、加工度の高い食品を避けることが大切です。

毎日の食事では、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB群(特にB2、B3)、ビタミンC、亜鉛、セレン、銅、硫黄、オメガ3、たんぱく質などの成分を豊富に含む製品を選ぶことが大切です。

化粧品選びは慎重に

脂漏症対策には、肌を清潔にして古い表皮を剥がすというプロセスが重要です。脂漏性皮膚用の化粧品は、アルコールやグリコールなどの刺激性物質を含まないことが望ましい。肌に負担をかけ、肌トラブルを悪化させます(過剰な角質除去により、皮脂腺からどんどん皮脂が分泌されます)。

クレンジングには、皮脂の分泌を調整する特性を持つ、軽くてデリケートなフォームやジェル を使います。また、抗菌作用、毛穴詰まり防止作用、角質除去作用、保湿作用のある化粧水(サリチル酸入りなど)も、毎日の顔のスキンケアに適しています。時々、ピーリングマスクを顔に塗るといいでしょう。

ボディークレンジングには、抗菌、抗炎症、皮脂減少、再生、刺激を和らげる効果のある優しいジェルがおすすめです。また、週に1~2回は角質ケアをするとよいでしょう。

脂漏性フケに悩まされている方は、良質なフ ケ防止シャンプーを常備しておくと良いでしょう。硫化セレンを有効成分とする専用のシャンプーは、フケや脂漏性皮膚炎に高い効果を発揮します。強い殺菌・防カビ効果があり、表皮の過剰な剥離を防ぎます。自家製のハーブリンスは、脂漏性皮膚炎やフケにも有効です。

ハーブを使った治療法を選ぼう

脂漏症や脂漏性皮膚炎、フケ、乾癬などの病気に対処するためには、 ハーブやオイルを使ったホームトリートメントが非常に有効です。

例えば、強い抗菌性、抗真菌性、抗炎症性、洗浄性を持つ ティーツリーオイル は、非常に有用です。このオイルを使って頭皮をマッサージすると、有害な微生物を取り除き、フレーキングを抑え、かゆみを抑え、皮膚の再生を促すことができます。ティーツリーオイルは、自家製のフェイスマスクやボディマスクの材料としても使用できます。

また、マスク、スクラブ、湿布、風邪薬などにも使用できます。また、抗炎症作用があり、汚れをしっかり落とすグリーンクレイや、殺菌作用、有害な微生物の除去、皮脂の分泌量を調整するリンゴ酢も皮脂対策マスクに適しています。脂漏症のホームトリートメントに使う価値のある成分は他にもあります。

  • レモンジュース
  • アロエベラ
  • シアバター。
  • エッセンシャルオイル(例:クローブ、ユーカリ、カモミール、アーモンド、コットンシード、ヘンプ、ローズマリー)
  • ココナッツオイル。
  • シナモン、ジンジャー、ターメリックなどのスパイス。
  • プロポリスです。

脂漏症の家庭治療では、ハーブも重要な役割を果たします。脂漏性皮膚炎にはどのハーブを選べばいいの?

脂漏性皮膚炎に効くハーブ、どれがいい?

4つのボウルに異なるハーブ

フィトテラピー(植物を原料とした治療法)は、皮膚疾患をはじめとするさまざまな疾患の予防に人気があります。ここでは、それらに含まれる生物学的物質や貴重な特性のために、脂漏症や関連する病気に対する家庭治療に使用する価値のあるハーブを紹介します。

スウィートラッシュ

Sweetcalamusは、多くの貴重な特性を持つ多目的薬用植物です。代表的な用途としては、脂漏性疾患や皮膚疾患の対策が挙げられます。有機酸、ミネラル塩、タンニン、テルペン、コリン、エッセンシャルオイルなどが含まれています。

Calamusは、肌や髪にとても良い影響を与えます。鎮静効果があり、赤みやかゆみを抑え、刺激を和らげ、皮脂腺を鎮め、皮脂の分泌を調整します。それと同時に、炎症や有害な微生物と戦う。フケやハゲを防ぎ、髪を強くして保護し、ツヤを与えて見た目を良くします。

カレンデュラ

カレンデュラの花 は、脂漏症対策の植物性栄養素の中でもトップレベルです。これらは、保護、鎮静、再生効果のある有益な粘液を豊富に含んでいます。その他、テルペン類、タンニン、ビタミン類、ミネラル塩、樹脂、サポニンなどが含まれています。カレンデュラは、その非常に強い成分により、皮膚の炎症に対する有効な武器となります。また、細菌や真菌との戦いや、皮脂分泌の正常化にも役立ちます。傷の治癒を促進し、刺激を和らげ、肌を滑らかにし、潤いのある柔らかな状態にします。

また、カレンデュラは髪の毛にも良い影響を与えます。炎症を抑え、頭皮を落ち着かせ、髪に栄養を与え、脂漏性を抑える。カレンデュラは血管にも良い影響を与えるので(血管を密封して強化する)、クモ状静脈、静脈瘤、顔面紅斑、皮膚の変色などに悩む方の貴重なサポートにもなります。

ごぼう

ゴボウは、主にヨーロッパやアジアに生息するキク科の植物で、ポーランドでは非常に広く見られる植物です。ゴボウは、以下のような頭皮や髪の毛に関連するものを含め、皮膚の病気に対して最も価値があり、最も頻繁に使用され、最も効果的なハーブの一つとして数えられています。フケ、抜け毛、髪の成長の遅れ、ハゲ、過度の脂ぎった髪。

ゴボウには、抗酸化物質、ポリアセチレン化合物、セスキテルペン、フラボノイド、タンニン、イヌリン、有機酸、硫黄化合物などが含まれています。このハーブは、抗真菌性、抗菌性、抗炎症性を示します。細くて薄い、弱々しい、ダメージを受けて抜け落ちた髪を再生し、強化する効果があります。毛球と毛根を強化し、毛髪構造のダメージを修復します。ごぼうのエキスは、シャンプー、コンディショナー、ヘアバーム、栄養補助食品などに多く含まれています。また、ゴボウはハーブショップで砕いて購入することもできます。

アンジェリカ

アンジェリカはセロリ科の植物です。主にアジアとヨーロッパに分布しています。アンジェリカの根は貴重なハーブ原料であり、消化器系の病気や神経の緊張状態に内服(インフュージョンやチンキの形で)したり、外用(湿布、コンプレッション、パップ剤の形で)したりします。また、頭皮疾患(ふけ、脂漏性脱毛症、脂漏性皮膚炎)を含む皮膚疾患(乾癬、にきび)に外用(湿布、パップ剤、すり込み剤)としても使用されます。また、髪の毛の過剰な脂分にも使用されます。

アンジェリカは、抗炎症・抗菌作用があり、かゆみを鎮め、炎症を鎮め、頭皮の脂漏を抑える効果があります。頭皮のバランスを整えることで、髪質を改善します。同時に、髪に栄養を与え、毛根を強化し、抜け毛を防ぎます。アンジェリカの組成物には、セスキテルペン、有機酸、ミネラル塩、ビタミン、クマリン、タンニン、フラボノイドなどが含まれています。

ウィロー

ヤナギ は最も一般的な樹木の一つであり、非常に優れた観賞価値を持っています。また、自然療法にも使われています。その樹皮は薬用原料として使用されています。含有成分:有機酸、サリシン、バイオフラボノイド、ビター、樹脂、タンニン、フェノール酸、ミネラル塩。

ウィローには、強い抗炎症作用、抗菌作用、皮膚の正常化、殺菌作用があります。これらの作用により、脂漏症や脂漏性皮膚炎に伴う様々な症状(フケ、かゆみ、毛髪の強い脂っぽさなど)に対する自然療法として最適です。髪の毛を強化して状態を良くすることで、抜けやすくなることもあります。

他にも脂漏症に有効なハーブがあります。

  • sageです。
  • ローズマリー
  • アルニカ
  • カモミール
  • St.John’s wort
  • ネトル
  • violetです。
  • ューです。

トラブル肌に効果的な対処法をチェックしてみましょう。Zinamax

Zinamax

Category: 美容

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin