appetite bowl centimeter 1332189

脂肪燃焼 – スリマーのためのvademecum

脂肪を燃やすことは、太りすぎの程度や個々の生物の状態に応じて、異なる速度で行われるプロセスですが、何よりも食事、身体活動、サプリメントの面で私たちが取るステップ上で行われます。脂肪燃焼プロセスを刺激し、キログラムを2、3倍早く減らすための黄金の方法を学びたいですか?スリマーのためのVademecumを読んでみてください!

1.脂肪燃焼のためのトレーニング

脂肪燃焼トレーニングについては、矛盾した意見が多いです。いくつかのcardio演習(有酸素)をお勧めしますが、他の人は、それが強度トレーニングのために到達する価値があるという意見であり、まだ他の人は何もインターバルトレーニングの効果を置き換えることはできません。どれもこれも少しは当たっていることがわかります。すべては、私たちがいる減量のどの段階とどのような種類の活動の私たちの体は、与えられた瞬間に最高の応答に依存しています。

例えば: 前にあらゆるスポーツをしたことがなく、トレッドミルの40分cardioのセッションを週4回行い始めた非常に太りすぎの人は、体脂肪の大きく、比較的急速な損失に気づくでしょう。逆に言えば、2年間同じような運動をしていても、体重の減少が見られなかったり、ほとんど見られなかったりすることもあります。

woman jogging脂肪燃焼を最大限に加速させたいのであれば、常に「体が出している条件を最新の状態にしておく」ことが必要です。人間の生物は、与えられた活動形態にすぐに慣れ、時間が経つにつれてエネルギーをより経済的に管理し始めるという性質を持っています。ワークアウトを多様化して、少しずつ努力のレベルを上げていく価値があります。これにより、高い代謝率を維持することができ、エネルギー消費量は脂肪組織の形で埋蔵量に手を伸ばし続けることができるほど高くなります。

初心者の方は、有酸素トレーニング(ジョギング、エアロビクス、水泳、固定式自転車に乗るなど)を導入し、定期的に、週に数回、最低でも30分、できれば45~60分程度の運動をしましょう。心拍数が最大心拍数の60~70%の範囲内で変動するように、適度なペースでトレーニングを行いましょう。220歳から年齢を引くことで最大心拍数を計算することができます。 心拍計を使って運動する必要はありませんが、有酸素トレーニングは激しすぎて息苦しくなることもなければ、怠惰でゆっくりしすぎて心拍数が跳ね上がったり発汗量が増えたりすることもないということを覚えておきましょう。

すでにcardioトレーニングの経験があり、定期的な減量の効果をもたらさなくなったことに気づいているなら、筋肉を強く働かせる強度の要素(週に2~3回ダンベルを使ったトレーニングなど)を導入する価値があり、エネルギー消費量の増加を引き起こします。インターバルトレーニングにも手が届くので、代謝率を上げて脂肪燃焼を促す効果が高いです。インターバルトレーニング(HIIT)はどのような種目にも対応していますが、重要なのはその強度とペースの変化です(所定の運動は高強度と中強度を交互に行います)。

脂肪燃焼のための演習は、異なるサイクルと分野で実行することができ、最も重要なことは、あなたのフィットネスの可能性にそれらを一致させることであり、あなたの体がトレーニングに慣れると、その強度を増加させる原則を適用します。また、後ほどこの記事で紹介する急速な脂肪燃焼をサポートするダイエットも同時に紹介することを忘れないようにしましょう。

2.脂肪燃焼ダイエット

脂肪燃焼ダイエットの第一のルールは、単純な炭水化物を大幅に制限することです。しかし、制限と完全な排除を混同してはいけません。単純な炭水化物は、私たちの脳や筋肉の燃料になるので、ある程度の量は体を正常に機能させるために必要なものです。

それは、お菓子の形で隠された最も不健康で危険な炭水化物をあきらめることが重要です、ポテトチップス、惣菜、ファーストフード(また、不健康な脂肪の全体の多くが含まれています)、着色された飲み物。炭水化物のはるかに良いソースは、フルーツ、本物のジュースや自家製のダイエットデザートになります。

皿の上の野菜サラダ速い脂肪燃焼ダイエットでは、それは代謝をスピードアップし、消化されるためには、体によって発生するより高いエネルギー消費を必要とするタンパク質に優先順位を与える価値があります。ここでは以下のようなものが優れています。カッテージチーズ、ケフィア、ナチュラルヨーグルト、バターミルク、卵、赤身の鶏肉、サーロイン、魚

体脂肪の集中燃焼に取り組んでいる方は、毎日のメニューに繊維製品(野菜、果物、全粒粉パン、粗挽き、玄米、シリアル、ふすま、穀物や種子、亜麻仁)を取り入れることを忘れないようにしましょう。食物繊維は、代謝や消化のプロセスを改善し、満腹感を高め、血糖値のスパイクを防ぐことで、空腹発作を防ぎ、余分なカロリーに手が伸びることを防いでくれます。

もう一つの重要な注意点 – 脂肪燃焼ダイエットに従うときは、完全に脂肪をあきらめないでください。良質のオリーブと菜種油、ココナッツオイル、亜麻仁油、ナッツ、アーモンド:彼らはまた、体のために非常に必要ですが、それは適度にそれらの量を維持し、そのような健康的な亜種のためだけに到達する価値があります。

どの製品が例外的に脂肪燃焼をサポートするかを参照してください。

  • チリペッパー– 丸ごとでも粉末状でも、メニューに永久的に含める価値があります。彼らはカプサイシンが含まれており、天然のサーモジェニックの中では文句なしの勝者です。彼らは体温を上昇させ、それと代謝プロセスを激化させ、このように体によってより集中的な脂肪燃焼につながる。
  • シナモン– 唐辛子と同じように、発熱性があり、代謝率を高めます。シナモンの利点は、他に類を見ない興味をそそる味と用途の多様性にあります。甘辛どちらの料理にもよく合います。キッチンで頻繁に使用することで、ほぼ全ての時間を脂肪と戦います!
  • 緑茶-カテキンとポリフェノールのおかげで、食べ物からの脂肪の吸収を減らし、積極的に代謝をサポートし、蓄積された脂肪組織を燃焼させるプロセスを強化するのに役立ちます。
  • ウコン-この東のスパイスには、信じられないほどの痩身効果があります。消化に優れた効果(消化液の生成をサポート)があり、新陳代謝を向上させ、最も重要なのは、新しい脂肪細胞の形成を防ぎ、蓄積された脂肪組織を燃焼させるプロセスを活性化させることです。
  • りんごのサイダー酢は-脂肪質のティッシュの減少のプロセスの強いサポートを構成するかもしれません。ペクチン、善玉菌、有機酸、酵素など、私たちの消化器系にとって貴重な物質が大量に含まれています。消化液の生産を刺激し、炭水化物や脂肪の消化を促進します。さらに、それは毒素のボディをきれいにし、新陳代謝を刺激し、血糖値のレベルを下げることに参加し、満腹感を高めます。消費カロリーが少なくなり、脂肪を早く落とすことができるようになります。
  • グレープフルーツ– それは可能な限り頻繁にそれらに手を伸ばす価値があります。それらは非常に健康的で、非常に低カロリーであり、過度の食欲のための素晴らしい治療法です。体をデトックスして代謝を早め、脂肪燃焼を促してくれます。

脂肪燃焼のためのカプセルや錠剤

あなたはすでに、代謝プロセスを強化し、脂肪燃焼を加速させるために、どのように食べて、どのように運動するかを知っています。まだ第三の非常に重要な要因は、痩身効果がさらに速く来るかもしれないおかげで、それはサプリメントです。減量をサポートするためにカプセルや錠剤を服用している人の意見によると、発熱性のある物質と食欲を抑える物質が配合されたマルチ成分のファットバーナーがベストとのことです。

X例えば、人気のある減量サプリメントの一つであるPiperinoxは、5つの発熱物質として多く含まれています:ピペリン、ビターオレンジエキス、生姜、カイエンペッパー、ガラナ。その隣には、食欲を抑える効果が頼もしいクロムがあります。1つの式に配置された成分のこれらの2つのグループは非常によく働く – 飢餓ブロッカーは、サーモジェニックは、脂肪組織を破壊するのプロセスを強化するの世話をしながら、私たちは、制御下で低カロリーの食事を維持することができます。

読む価値はあるファットバーナーのランキング

Category: 減量

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin