berries citrus citrus fruits 1132047

脚の静脈瘤やクモ状静脈のための食事 – 私たちが食べるものは、それが循環器疾患に来るときに大きな違いになります

不健康な食習慣と太りすぎは、主に血管の過度の肥大に寄与するため、足の静脈瘤やクモ状静脈のための食事は、病気のこのタイプで非常に重要です。そして、我々は静脈瘤を開発するために継承された傾向に影響を与えていないが、彼らの予防と病気のさらなる進行をブロックすることはかなりライフスタイルと適切な食事に依存しています。変化に富んでいなければなりませんが、低カロリーで、ビタミン、ミネラル、食物繊維を摂取でき、塩分は少なく、トランス脂肪酸は含まれていません。

クモ状静脈や静脈瘤はどのようにして発症するのでしょうか?

上げ足

通常、足が重く感じる、ふくらはぎの痛みやけいれん、足首周りのむくみ、座っているときや立っているときに頻繁に足を動かす必要があるなど、循環障害が顕在化した状態から始まります。次の段階では、いわゆるクモ状静脈の出現、すなわち一点から広がる特定のネットワークを形成する拡張血管が出現します。時間の経過とともに、このプロセスが激化し、永久的な静脈拡張や静脈瘤 – 紫色の色が連続しているのねじれた膨らみ – 脚に見えるようになります。足首の周りの腫れの増加を伴います。

このような異常の主な原因は、血管の収縮・弛緩のメカニズムの障害や静脈弁の機能不全である。彼らは結果として静脈壁の不自然な拡張と変形した静脈血管の作成を引き起こす血管内の血液、そのうっ血と圧力の増加の逆流につながる。最初はほとんど気づかない静脈不全は、深部静脈血栓症やうっ血などの生命を脅かす結果を引き起こす可能性があります。

生活習慣や食事は、クモ状静脈や静脈瘤との戦いに役立つのでしょうか?

遺伝的要因とは別に、後天的な素因が下肢の循環障害に有意に寄与している。これは主に仕事の種類、すなわち長時間の座りっぱなしや立ちっぱなし、運動不足や過度の身体的負担、不適切な食事や太りすぎ、高血圧、妊娠やホルモン治療、日光やアルコール、喫煙などへの過度の曝露などに関係しています。

外見に反して、適切な食事と、結果的に、余分なキログラムを取り除くことは、循環器疾患の予防に重要な影響を持っているし、我々 はすでにそれを経験するのに十分な不運なされている場合は、大幅に病気のさらなる進行を抑制することがあります。遺伝的負荷の重要性を軽減し、一般的に私たちの健康を促進してくれるからです。

静脈瘤ダイエット – 本質的な目標

静脈瘤のダイエット - 果物と野菜

今日ではおそらく誰もが、様々な病気との戦いの中で医学の最も近代的な成果であっても、体の自然の防衛力を活性化することによってサポートされなければならないことを疑うことはありません。多くの他の疾患と同様に、クモ状静脈や静脈瘤の場合には、我々は根本的に私たちの食事を変更し、その再生を助長する物質を持つ体を提供することによって、これを行うことができます。達成すべき目標をご紹介します。

静脈の壁を強化

不適切な食生活は、弱った静脈が伸びやすくなったり、ダメージを受けやすくなったりと、体全体の機能に悪影響を及ぼします。そのため、メニューには血管を強化する物質を含む商品を充実させる必要があります。それは主にバイオフラボノイド(そうでなければフラボノイドとして知られている)、すなわち植物由来の化合物であり、多くの有益な健康特性を示しています。

フラボノイドには抗酸化作用と抗炎症作用があります。ビタミン類、特にビタミンCにも同様の効果があり、コラーゲンの産生を促進し、血管の強化にも貢献しています。

脚の静脈瘤やクモ状静脈のための食事はまた、他のビタミンやミネラルだけでなく、Omega 3不飽和脂肪酸なしで行うことはできません。これらの酸には、抗炎症作用や抗凝固作用があり、血圧を調整したり、静脈うっ血のリスクを軽減したりします。

健康的な体重の達成または維持

太りすぎ、特に肥満は体全体に非常に悪影響を及ぼします。また、過剰な体重は足の血圧を上げて循環器系に大きな負担をかけ、循環器障害や静脈不全を促進させます。甘いもの、加工食品、脂肪分の多いものや揚げ物をあきらめて、その代わりに全粒穀物製品、ふすま、オートミール、厚めのグロス、大量の野菜、果物、赤身の肉や魚、種や種を食生活に取り入れるなど、食生活を変えれば痩せることは可能でしょう。

も読んでみてください。 ボディデトックス – 健康、幸福とシェイプアップされた図への道

便秘の予防

不適切な食生活、低繊維、液体、野菜製品、糖分やトランス脂肪が豊富な食事は、しばしば便秘の原因となります。彼らは圧縮された静脈が下肢に戻って開始され、血液を介して許可することは困難であることを見つける結果として、彼らは、腹腔内の圧力を増加させるため、静脈循環障害の場合には危険です。便秘薬を使っても、原因ではなく効果を排除して一時的に作用するので、問題は解決しません。

脚の静脈瘤やクモ状静脈のための食事 – メニューのヒント

籠の中の穀物

では、日替わりメニューにはどのような商品を入れればいいのでしょうか?野菜や全粒穀物の穀物製品は、毛細血管や静脈を強化し、同時にスリムな姿と腸の蠕動運動に貢献する貴重な食事の基礎となります。このようにして、貴重なビタミン類やフラボノイド、ポリフェノール、食物繊維など、血管を拡張して血流を促進する重要な物質を体に供給しています。

ビタミンCを含む野菜や果物

血液凝固、血管の強化、コラーゲンの生成にも重要な役割を果たすこの多くの重要なプロセスのための非常に重要なビタミンは、ブラックカラント、ローズヒップ、イチゴ、柑橘類、赤唐辛子、ザワークラウト、ブリュッセルスプラウト、ホウレンソウ、パセリ、ワサビ、カリフラワー、ジャガイモなどに含まれています。

ビタミンEの供給源

若さのビタミンと呼ばれるビタミンEは、細胞の変性や老化を防ぐ強力な抗酸化物質です。その供給源は、乳製品、植物油、穀物のふすま、ナッツ、アーモンド、種子などです。

ビタミンPP

穀物、ナッツや肉のビタミンPPに存在し、赤血球の生産に参加し、血管を拡張し、加えて、コレステロールのレベルを正常化します。

フラボノイド

植物由来のこれらの物質は、血管の壁を大幅に強化し、そのひび割れや透過性のリスクを最小限に抑え、その結果、むくみを防止します。循環器疾患の文脈で最も重要なフラボノイドは、ヘスペリジン、ジオスミン、ルチンである。主に柑橘系の果実に発生しますが、ペパーミントやセントジョンズワートの葉にも発生します。ソバノキ、チョークベリー、ソレル、エルダーベリーもルチンの原料となります。青や赤の色をした野菜や果物、ブルーベリー、ブルーベリー、プラム、ブラックベリー、さくらんぼ、赤豆、赤キャベツなどに含まれるアントシアニンは、循環器系にとっても非常に重要な成分です。

また、チェックしてください。ケルセチンの健康増進効果

繊維が豊富な製品

食物繊維は消化を調整し、多くの貴重な物質を提供するだけでなく、減量を促進する効果もあります。胃の中で膨らむので、満腹感が出て食欲が減退します。食物繊維の豊富な供給源は、低カロリーの野菜、全粒穀物(全粒粉パン、グロート、ダークライス、シリアルフレーク、ふすま)、果物、かぼちゃの種、ひまわりの種です。

不飽和脂肪酸

極端に不健康ないわゆるトランス脂肪とは対照的に、オメガ3不飽和脂肪酸には抗炎症作用や抗凝固作用があり、中性脂肪のレベルを下げ、塞栓症のリスクを減らし、血圧を正常化します。彼らは主に海の魚、キャノーラ油、亜麻油、卵黄、ナッツ、アボカドに含まれています。

ポリフェノール

緑茶やココアなどに含まれるポリフェノールは、動脈硬化性プラークの蓄積をブロックし、強力な抗酸化作用と抗炎症作用を持つ、心臓や循環器系を保護する物質です。

シリコン

それは一見重要ではないように見えますが、実際には重要な役割を果たしている栄養素です。体内に不足すると、血管は弾力を失い、もろくなって破裂してしまいます。ケイ素の供給源は、穀物、果物の皮、にら、にんにくです。

ダイエットサプリ-下肢静脈瘤のための食事の追加サポート

食生活や生活習慣を変えるだけでなく、循環器系を改善したり、血管の変化を落ち着かせたりする物質が含まれている特別なサプリメントで自分の力になってみるのもいいでしょう。静脈瘤やクモ状静脈と戦う最も人気のある物質は、トチノキの果実に見られるエスシン、です。それゆえに、静脈不全を持つ人々に向けた様々な調剤におけるトチノキエキスの幅広い応用が可能になりました。

エシンは血管を密閉して強化し、浮腫みを抑えて痛みを和らげ、抗凝固作用を発揮します。ウィッチヘーゼルも同様の効果があります。関係なく、あなたが外部使用のための静脈瘤の錠剤やゲルを決定するかどうかの、それはしたがって、これらの物質の両方が含まれている製品を探す価値があります。

トチノキとマンサクで静脈瘤に効くダイエットサプリのレビューも読んでみてください。エックスワンエックス

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin