computer 3717686 1280

脳のためのダイエット、メンタルのパフォーマンスを上げるための食べ方とは?

脳のためのダイエットは知性をサポートし、集中力や記憶力を高める効果があります。適切にバランスのとれた食事が、心の最適な機能にどれだけ関係しているか、誰もが知っているわけではありません。脳が霧に包まれているような感覚や、効率的な思考形成の難しさを知っていますか?集中できない日はありませんか?新しい知識を覚えたり吸収したりするのに苦労していませんか?精神的に疲弊し、精神効率が低下している状態を知っていますか?もしそうであれば、脳のための特別な食事で、灰白質細胞に大量の燃料を供給することができます。献立の組み方をチェックしてみましょう

ダイエットと脳 – 私たちの皿の内容が精神的なパフォーマンスにどのように影響を与えるのか?

ダイエットというのは、健康状態を左右する大きな要因の一つです。毎日の食生活は、精神状態の良し悪しにも影響します。糖質、ビタミン、ミネラル、不飽和脂肪酸などの栄養素は、脳にエネルギーを供給したり、ニューロン間のインパルスの効率的な流れを可能にしたりと、脳にとって多くの重要な機能を持っています。

脳にとって重要な栄養素を摂取しすぎると、臓器の働きが悪くなり、特に脳に良くない症状が出てきます。

  • イライラする
  • 不振。
  • 記憶力と集中力の低下
  • 思考回路が鈍っている
  • 反応が遅くなります。
  • 警戒心の低下、精神的な鋭さ、鈍い感じ。
  • 精神的な疲労困憊。
  • 機嫌が悪い、無気力。
  • 創造性の低下

脳にとって最悪の食生活とは、加工食品を中心とした食生活で、化学物質や不健康な種類の脂肪や炭水化物が多く、貴重な栄養素がゼロか微量しか含まれていないものです。加工食品には、ファーストフード、既製品および半調理済みの食事全般(例えば、箱入りスープ、インスタント電子レンジ食、コンビニエンス食品など)、精製された白粉を使用した製品、お菓子、チップス、その他の塩味のスナック菓子、カラードリンク、缶詰食品などの加工肉、ソーセージ、焼き菓子、パテ、細かく挽いた低品質のソーセージなどが含まれる。

脳をサポートしたいのであれば、上記のような加工度が高く、人工的な物質が多く含まれている食品はメニューから消えるべきです。健康的な種類の炭水化物、ビタミン、マイクロおよびマクロエレメンツ、タンパク質、または良い種類の脂肪を豊富に含む天然の製品に置き換えると、私たちは比較的迅速に連続的な眠気や疲労、精神的な生産性の低下や気分の低下などの私たちの日常機能を妨害する症状を排除することができます。

次の部分では、どの栄養素とどの製品が脳に最も効果があり、知的パフォーマンスを高めるのかを読み解いていきます。

脳のためのミネラル

ヨーグルトとアーモンドとナッツのサラダ

マグネシウムは、脳の適切な機能を保つために最も重要な食事成分の一つです。神経系を保護し、ニューロン間のインパルスの正しい伝達を守り、放出される神経伝達物質の量を調節します。疲労を軽減し、気分を改善し、ストレスレベルを下げ、イライラと戦います。それは精神的な効率を高め、集中力、記憶プロセスおよび情報の吸収に肯定的な効果を持っています。

マグネシウムが豊富な製品は

  • バナナ
  • ナッツ
  • オートミール
  • ふすま
  • ひまわりの種、かぼちゃの種
  • 玄米、そば、大麦若葉。
  • カカオ、ダークチョコレート
  • マメ科の植物。

また、脳にとって重要なミネラルとしてカリウムがあります。体内の適切な水分補給を行い、神経機能を正常に維持する役割を担う基本的な電解質の一つです。カリウムのおかげで、脳細胞は最適な量の酸素を受け取ることができ、それが脳細胞の効率的な機能を決定し、高い精神的パフォーマンスを維持することにつながります。また、ニューロン間の電気的インパルスの正しい伝達を確実にし、集中力と思考プロセスの質にプラスの効果をもたらします。

カリウムの食料源は豊富です。

  • カカオとダークチョコレート。
  • くるみ。
  • 全粒粉のパン、穀物、穀物、ふすま。
  • ジャガイモ。
  • レンズ豆、エンドウ豆、大豆、豆。
  • トマトです。
  • バナナ
  • ケールだ
  • ほうれん草です。
  • セロリです。
  • ボタニカルとビーツ。
  • パセリです。
  • ウォータークレス
  • ドライフルーツ。
  • グレープフルーツ
  • キウイ

脳のための食事はまた、豊富な食品を避けるべきではありません。 亜鉛.体内で起こるあらゆる代謝の変化に重要な役割を果たす必須の微量栄養素です。また、亜鉛は知性を正常に機能させるために非常に重要です。要素は、神経系の適切な機能に影響を与え、脳のいくつかの領域で神経信号の乱れのない伝達の世話をし、精神的なプロセスと精神的な生産性に肯定的な効果を持っています。何よりも、気分にプラスの効果があり、ストレスを解消し、抑うつ状態を防ぐことができます。

亜鉛が多く含まれています。

  • 肉と内臓
  • シーフード
  • かぼちゃの種。
  • ひまわりの種。
  • 胡麻です。
  • イエローチーズ
  • 全粒粉製品。
  • 卵を
  • 牡蠣のキノコ。

私たちの脳にとってもう一つの重要なミネラルはカルシウムで、これは神経インパルスの伝達に関与し、神経伝達物質が適切な量で分泌されるようにしています。これらの機能により、カルシウムは記憶力や集中力にプラスに作用し、精神プロセスの改善に寄与し、学習やメンタルワークに役立ちます。

カルシウムが豊富な商品は

  • 牛乳です。
  • チーズ
  • チーズ、バターミルク、ヨーグルト、ケフィア
  • 魚です。
  • アーモンド。
  • ナッツ
  • シーズchia。
  • ほうれん草です。
  • ニラ
  • パセリです。

精神的なフィットネスを向上させることを目的とした食事を構成する場合、それはまた、豊富なメニューの製品に追加する価値があります。 ヨウ素(海の魚、魚介類、イエローチーズ、卵、ヘーゼルナッツ)と レバー、ひまわりの種、小麦ふすまと胚芽、オートミール、ココア)。どちらの要素も神経系をサポートし、脳の機能を向上させます。

脳のためのビタミン

脳の働きを正常にするために非常に重要な役割を果たしているのが、主にビタミンB群です。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB6です。
  • 葉酸です。
  • ナイアシン
  • ビタミンX447X

ビタミンB群は神経系の安定した機能を司り、老化の過程から神経細胞を保護します。彼らは神経信号の伝達に参加し、記憶、思考、注意、知覚などの認知機能をサポートしています。

さらに、神経細胞に十分なエネルギーを供給することで、乱れのない脳の働きと高い知的能力に影響を与えます。ビタミンB群の貴重な利点としては、ストレスの軽減、精神バランスの回復、気分の改善、神経質な緊張の緩和、抑うつ状態、恐怖や不安の感情、抑うつ状態の緩和などが挙げられます。

ビタミンB群の最高の供給源は

  • 全粒粉製品(例:ふすま、シリアル、全粒粉パン、グロート)。
  • ナッツ
  • 種子、種子(例:ヒマワリの種、麻の種、かぼちゃの種、亜麻の種、ゴマの種)。
  • マメ科の植物。
  • 葉物野菜。
  • 卵を
  • 牛乳や乳製品。
  • 肝臓
  • 家禽類。
  • 魚です。

ビタミンCも脳の食事に取り入れるべきビタミンの一つです。強力な抗酸化物質で、私たちの神経細胞を変性や老化から守ってくれます。それは適切な脳機能をサポートし、重要な神経伝達物質の合成に参加し、神経インパルスの伝達を助けます。気分を整え、記憶力や集中力を高め、知的能力を向上させる効果があります。

などに多くのビタミンCが含まれています。

  • 柑橘系の果物。
  • 黒カシス。
  • ローズヒップ
  • イチゴです。
  • キウイ
  • ペッパーズ
  • パセリです。
  • ケールだ
  • 芽キャベツ。
  • ブロッコリーです。
  • キャベツです。
  • トマトです。

脳のための重要な役割はまた、いわゆる太陽のビタミン、またはビタミンDを果たしています。神経系の適切な機能をサポートし、神経障害から保護し、精神状態を改善し、記憶力を強化し、認知プロセスを改善し、気分を調整し、大きな精神的努力の間に私たちをサポートします。

ビタミンDは太陽を浴びることで体内で生成されます。などの商品にも含まれています。

  • 海の魚。
  • 卵の黄身。
  • バター
  • 鱈の肝油
  • イエローチーズ

脳に有益なメニューには、ビタミンEを含む製品を大量に追加する価値があります。抗酸化物質で、酸化ストレスから神経細胞を保護し、老化のプロセスや細胞の損傷を防ぎます。さらに、ビタミンEは脳細胞に酸素が供給される過程に参加しているので、記憶力や集中力を高める効果があり、精神的な生産性を高めてくれます。

ビタミンEの供給源には、以下のものがあります。

  • 種と種。
  • ナッツ
  • アーモンド。
  • 股間
  • 全粒粉のパン。
  • ふすま
  • 小麦胚芽。
  • 油や植物性の油を使用しています。
  • ラズベリー
  • 青菜です。
  • 芽が出てきました。
  • 牛乳です。
  • 魚です。

脳のための食事に含まれる不飽和脂肪酸

オリーブオイルとグリーンオリーブのボトル

脂肪の体への有害性については、多くのことが言われています。確かに、脂肪の種類によっては健康に悪いものもあり、避けるべきものもあります。これは、主に植物油の硬化過程の結果として形成される、いわゆるトランス脂肪に適用される。注意して、我々はまた、その過剰が太りすぎや肥満の開発に影響を与える可能性があり、増加したコレステロールに貢献し、心血管疾患のリスクを増加させる動物性脂肪のために到達する必要があります。

しかし、多くの点で彼らは私たちの健康をサポートし、彼らの主な利点の一つは、脳の仕事を改善することですので、毎日のメニューに含める価値が間違いなくある有益な脂肪のグループもあります。

特に私たちの知性に有益なのは、不飽和脂肪酸のオメガ3とオメガ6で、大量にコールドプレスされた植物油に含まれています。オメガ3とオメガ6脂肪酸は、脳組織の構造の一部であり、中枢神経系の適切な脳機能と乱れのない仕事を維持するための責任があります。

毎日の食事にオメガ3とオメガ6脂肪酸を加えることは、認知プロセスを改善し、精神的な効率を高め、集中力や記憶力を高め、分析、連想、思考の定式化、情報の同化など、いわゆるメンタルフォッグ、認知症や問題を軽減するための方法です。

不飽和脂肪酸の供給源は

  • 亜麻仁油。
  • ひまわり油。
  • 菜種油。
  • 大豆油。
  • ピーナッツオイル
  • オリーブオイル。
  • ココナッツオイル。
  • ナッツ
  • アーモンド。
  • 種、ピップス
  • 魚(ニシン、イワシ、サバ、サケなど)。
  • シーフード
  • アボカド。

忙しい脳をサポートするレシチン

レシチンは、高度な精神的努力にさらされ、高度なストレスや疲労、高度な年齢による記憶力の低下や脳効率の低下に悩んでいる人にとって、特に価値のある物質です。レシチンはリン脂質のグループに属する物質で、現在は主に大豆から得られています。レシチンは、神経細胞の細胞膜はもちろんのこと、すべての体細胞の細胞膜を構成する成分です。

食品やサプリメントで供給されるレシチンは、強化、より良い栄養と神経細胞の変性プロセスへの抵抗力を高め、また、新しいニューロンとそれらの間の新しい接続の形成を促進します。レシチンのおかげで、私たちは、脳のより効率的な作業とその生産性の向上だけでなく、記憶力と集中力の向上、およびより効果的な学習を期待することができます。

食品中のレシチンの供給源は、次のとおりです。

  • 卵を
  • 大豆です。
  • 豆。
  • 肝臓
  • ナッツ
  • 菜種。
  • ひまわりの種。

他にも脳の働きに良い影響を与えるダイエット成分は?

  • 炭水化物– 私たちの脳のための主な「燃料」であり、それらのおかげで私たちは多くのエネルギーを持っており、私たちの心は高速で動作することができます。最も好ましいのは複合炭水化物であり、例えば穀類製品、野菜、豆類に存在する。ゆっくりと放出され、長期的なエネルギー源となります。しかし、脳のための燃料の即時かつ集中的なブーストが必要な時には、果物が特にお勧めです – なぜなら、彼らはすぐに消化しやすい単純な炭水化物の力を含んでいるだけでなく、貴重な食物繊維を欠いていないからです。
  • チロシン、トリプトファン、グルタミン酸などのアミノ酸を豊富に含むタンパク質。彼らは、脳と神経系の適切な機能を確保し、精神活動を刺激し、認知機能をサポートし、神経伝達物質やホルモンの合成に参加し、神経インパルスの伝達に関与しています。牛乳や発酵乳製品、チーズ、肉、魚、豆類、種子、ナッツ類に含まれています。
  • 抗酸化物質(抗酸化物質)、すなわち有害なフリーラジカルと戦い、細胞の酸化ストレスを防ぎ、文明病のリスクを軽減し、身体の老化を抑制する化合物。脳のために有益な食事療法では、彼らは神経細胞と全体の神経系の保護効果を示し、脳細胞の老化や破壊のプロセスを打ち消し、このように1つは、何年も何年もの間、優れた知的パフォーマンスを楽しむことができますので、重要なリンクです。

抗酸化物質が豊富な製品には、以下のようなものがあります。

  • 果物(例:ブルーベリー、イチゴ、チョコベリー、グレープフルーツ、カシス、オレンジ、ブラックベリー、チェリー、クランベリー、ラズベリー)。
  • 野菜(例:ビーツ、トマト、ピーマン、ブロッコリー、ほうれん草、にんじん、いんげん)。
  • ナッツや穀物
  • ココアです。
  • ローズヒップ
  • 緑茶です。
  • 香辛料
  • クロレラとスピルリナ。
  • 植物油。

脳のためのダイエット – メニュー

脳のためのダイエット, 健康的な食事, 卵, アボカド, ほうれん草

脳に栄養を与え、刺激を与えてより生産的に働くためのサンプルメニューをご紹介します。

1日目

  • 朝食:牛乳にシリアルミックス(オートミール、ソバ、ライ麦など)とレーズン、ドライクランベリー、バナナを加えたもの
  • 2 朝食:アボカド、チャイブ、天日干しトマトペーストの全粒粉ロール(胡椒入り) cayenne
  • 昼食:小豆入りクリームスープ、セカンドコースの玄米、七面鳥胸肉のフィレ肉のハーブ和え、キャロットサラダ
  • ティータイム:バターミルクとフルーツ(例:ブルーベリー、イチゴ、バナナ)のカクテル、一握りのナッツ類
  • 夕食: 全粒粉のパンにブルーチーズ、新鮮なほうれん草(またはケール、レタス)、トマト、オリーブ、チャイブを挟んだサンドイッチ

2日目

  • 朝食:オートミールとchia種の野菜フィリング入りオムレツ(例:ほうれん草、ピーマン、トマト、ズッキーニ入り
  • 2回目の朝食:全粒粉のパスタ、ツナ、パイナップル、ピーマン、エンドウ豆、コーンのサラダ、ギリシャヨーグルトとカレーをベースにしたドレッシングをかけたもの
  • 夕食:鶏肉とオイスターマッシュルーム(またはシャンピニオン)の煮込み、梨麦、きゅうりの漬物
  • 午後のおやつ:ヨーグルト、ナッツ、フルーツを使ったデザート。
  • 夕食: グラハムクラッカー、赤身ハムとスモークしたカッテージチーズ、緑のキュウリ、レタス、トマト

3日目

  • 朝食:全粒粉パンのトーストに黄色いチーズと鶏肉、トマト、ピーマン、玉ねぎ、パセリのサルサをチリペッパー、オイル、レモン汁で味付けしたもの
  • 2 朝食:フルーツサラダ、アーモンド一握り
  • 夕食:ブロッコリーのクリームスープ、ローストしたかぼちゃの種を添えて、セカンドコース:魚の焼き物、野菜添え、グロートまたはライス
  • ティータイム:ココア入りオートミールボール
  • 夕食:トマト入りスクランブルエッグ、サラダミックス、全粒粉パン

4日目

  • 朝食:レタス、スモークサーモン、トマト、キュウリ、ディルの全粒粉ロール
  • 2回目の朝食:ブラン入りヨーグルト、ひまわりの種、プルーン
  • 夕食: レンズ豆のスープ、鶏レバーのリンゴと玉ねぎの煮込み、そば麦、ザワークラウトのサラダ
  • ティータイム:全粒粉トースト(ピーナッツバター入り
  • 夕食:ライス、アボカド、チキン、コーン、スプラウト、ロケットのサラダ

脳をサポートするサプリメント

メンタル面でのパフォーマンスを向上させて、集中力や記憶力の低下といった悩みを解消したいのであれば、食生活の変化に加えてサプリメントを導入する価値があります。最適な解決策は、認知プロセスを改善する物質を豊富に含んだ向精神である。そのような準備の例としては エックスワンエックスその品質の高さだけでなく、有効成分の最適な選択によっても区別されています。この構成は、高い精神的努力にさらされている人々のニーズを満たし、より高いギアに頭脳を入れたいと考えています。

クリックしてBrain Activesのレビューを読む

エックスワンエックス

Memoratinも参照してください。

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin