12210886046 d9d5d0d14b c

ストレスや精神的なバランスを整えるための黄金の根であるロディオラ・ローザ(Rhodiola rosea)。この植物の優れた品質を発見してください。

ゴールデンルート、ローズヒップ、アーロンズロッド、ロイヤルクラウン、アークティックルート – これらは、専門的にRhodiola rosea (Rhodiola rosea)として知られている植物を説明するために使用される名前です。 これらの幻想的な碑文は、薬草としての植物の並外れた資質を完全に反映しています。その影響の本質は、それがいわゆるアダプトゲン、すなわち広い意味でのストレスに対する身体の適応を促進する植物に属するということです。ロディオラ・ローザは、特に神経系のバランスを回復させ、知的機能を向上させるのに役立ちます。

Rhodiola rosea – 植物の起源、発生と組成

Rhodiolarosea(ロディオラロゼア)は雑木林科に属する植物で、古くから漢方薬として知られ、ユーラシアの人々に薬用として利用されてきました。北半球の北極圏や高山地帯、ヨーロッパ、アジア、北米などに生息しています。そして、そのプロパティの公式研究は20世紀にのみ始まったが、民間療法はすでに黄金の根に起因していた物理的、精神的な効率性とストレスへの抵抗力を高める能力を科学的に今日確認されています。

根茎や根には最も貴重な物質が含まれているため、薬用として利用されています。これらには、ストレスレベルを低下させ、体の自然なバランスを回復させるロザビンや、酸化ストレスから神経細胞を保護するサリドロシドなどがあります。

さらに、Rhodiola roseaには、フラボノイド、フィトステロール、カテキン、プロアントシアニジンなどの他の貴重な化合物が含まれています。その豊富な内容のおかげで、植物は神経系や精神機能だけでなく、他の健康上の病気の数を治療するためにも有用であることが証明されています。

植物適応物質の一例としてのロディオラ・ローザ

多くの場合、ストレスは神経が緊張している状態と理解しています。しかし、医学的には、特定の内部または外部の状況が生物の自然なバランスを乱すときには、常にストレスの多い状況が存在しています。

植物アダプトゲンは、特定の状態を治療するのではなく、むしろ臓器やシステムの機能の安定性とバランスを回復させることで、体が悪条件に対処できるようにします。アダプトゲンは、臓器や器官との関係で保護機能を持ち、免疫力を強化するため、既存の状態に体が適応しやすくなります。

適応性のあるハーブとして、ロディオラ・ローザは、他の多くのものの中で、神経系に有益な効果があり、ストレスへの抵抗力を向上させ、脳の機能をサポートし、記憶力、集中力、学習能力を向上させます。それは強さとエネルギーを追加し、それはまた、抗うつ特性を示しています。重要なことは、Rhodiola roseaの有効成分は、ストレスレベルを軽減し、正常な身体機能を妨げることなく、バランスを回復するために必要な範囲で、目の前の状況に適応するのを助けることです。

ロディオラローザRhodiola rosea

ロディオラ・ローザ – 健康促進効果

Rhodiola roseaの数ある資質の中には、次のようなものがあります。

神経系と精神へのポジティブな効果

この植物の重要で珍しい特徴は、中枢神経系を同時に刺激して落ち着かせることです。脳と神経系をサポートすることで、同時に鎮静化と緊張の除去を行い、エネルギーを与え、気分を改善し、疲労を解消します。

心臓の保護

Rhodiola roseaは心臓の筋肉のエネルギー資源を増加させ、不整 脈や その損傷につながる ストレス要因から心臓を保護し 、血圧を正常化し、 低酸素症の リスクを軽減します。

免疫力を高める

この植物は、免疫系の働きに良い影響を与えます。NK細胞、つまり特別な役割を果たす特定の免疫細胞の産生を刺激することで、体の免疫活動を高め、恒常性の回復に影響を与えます。

パフォーマンスの向上と筋肉の保護

北極の根は、同化プロセスの増加 エネルギー埋蔵量の効率的な使用を引き起こし、アスリートの効率と持久力を大幅に向上させます。同時に抗炎症作用を発揮し、筋肉組織を損傷から守るのに役立ちます。

抗酸化作用

低酸素の影響を最小限に抑えるというユニークな特性を示す一方で、Rhodiola roseaはまた、効果的にフリーラジカルを破壊し、抗凝固作用と抗発がん性の効果を持っています。サリドロシドの含有量のおかげで、酸化ストレスから神経細胞を保護し、神経変性疾患を予防します。

予防値

根茎や根に含まれる活性物質には抗炎症作用や抗酸化作用があるため、様々な病気の予防や老化を遅らせる効果があります。また、心身ともに強化されるので、疲れがたまっている時期や脱力感がある時期、療養中の方にもおすすめです。

精神状態を良くするための山のロジオラの重要性

Rhodiola roseaエキスは、経験したストレスの長さに関係なく、 精神的・感情的なバランスを回復させるのに役立ちます 。植物のアダプトゲンとしての効果は広範囲にわたっており、一方では神経系を刺激し、他方では心を落ち着かせ、リラックスさせる効果があるとされています。精神機能を活性化させ、同時に緊張を和らげ、気分を安定させ、疲労を解消します。

神経系への刺激

nootropicsと呼ばれる物質は、中枢神経系のプロセスの数に有益な効果を持って、ここで重要な役割を果たしています。第一に、効率を上げることで精神力を高め 、第二に、神経系の働きを正常化することで、リラクゼーションや気分の改善を促進します。

ロディオラ ロゼアを含むnootropics、または脳ブースターのこの多方向の効果は、その特定のプロパティの結果である、すなわち、彼らは神経伝達物質、ドーパミンやセロトニンなどの神経細胞間の信号を伝達するために責任のある物質を制御します。また、向精神薬は、脳の異なる領域間の接続を調節し、その血液の供給量を増加させます。

マルチイングリッシュブレインブースター:Brain Activesのレビューも読む

思考プロセスのサポート

脳のブースターは間違いなく精神機能の質に影響を与えます。思考プロセスの効率を高め、集中力と学習プロセスを向上させ、記憶力を高めます。ローズマリーは間違いなく 私たちの知的能力を開発するので、集中的な精神活動の期間中に特に推奨されている理由です。

ストレスへの抵抗力アップ

Rhodiola roseaのもう一つの重要な特徴は、他の植物アダプトゲンと同様に、 あらゆる種類のストレスの多い状況への抵抗力を高め、主に精神的な自然のバランスを回復させることです。研究では、ロディオラの物質は、コルチゾール、ストレスホルモンのレベルを下げ、不安を和らげ、気分を改善することが示されています。

うつ病に役立つレメディ

その特性から、ロディオラ・ローザは、軽度から中等度の抑うつ状態の治療に役立ちます。このような場合には、合成薬とほぼ同等の効果があること、すなわち、合成薬では避けられない副作用を引き起こすことなく、体に負担をかけることなく、 うつ病を緩和することが示されています。

羅針盤

北極根の使い方は?

ロディオラ ロゼアは、広くカプセルの形で利用可能であり、また、ビーガン、エキス、そして最終的には植物の粉砕された根で構成されている粉末。また、砕いた根茎に精神を注ぎ、2週間放置することで、自分でチンキ剤を作ることもできます。

ロディオラは、朝、または激しい精神的・肉体的労作の前に服用する必要がありますが、就寝前に服用すると、刺激的な特性のために睡眠障害を引き起こすことがあります。

ロディオラには危険な副作用は認められていませんが、使用する際には節度を持って注意することが大切で、抗うつ薬を服用している場合には、ハーブエキスの服用について医師に相談することが不可欠です。

情報源です。

  • https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30477830/
  • https://www.healthline.com/health/adaptogenic-herbs#takeaway
  • https://www.medicalnewstoday.com/articles/319619#possible-health-benefits-and-evidence
  • https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6288277/

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin