1894839

足のクモの静脈 – 些細な問題ではない(原因・症状・対処法

脚のクモ状静脈は、主に女性に影響を与える悩みであり、見た目に反して、老年期だけではありません。いわゆるクモ状静脈は、過度に拡張して破裂した血管で、細い、赤や青の糸のように見えて、クモの巣に似た全体のネットワークを形成しています。このタイプの血管拡張は、telangiectasiaまたはvenenulectasiaと呼ばれています。多くの場合、純粋に美容上の欠陥として扱われますが、重篤な病気の最初の症状である静脈不全になることがあります。

静脈不全とは?その発生のメカニズム、症状、治療法

赤血球

下肢の血管のひび割れ 循環器系の障害の症状であり、下肢の静脈不全の結果として将来の静脈瘤の前兆であることが多い。

この病気は、静脈高血圧症が原因で静脈弁が機能不全を起こし、血液が自由に流れるのではなく逆流して静脈が拡張してしまう、いわゆる逆行流と呼ばれるものです。下肢静脈瘤はまた、血栓症によって引き起こされる閉塞の結果として発生する可能性があります。時間の経過とともに病理学的変化は拡大し、腫脹、血栓症、塞栓症のリスクをもたらします。

静脈不全のリスクを高める要因はいくつかあります。第一に、すでに述べたように、主に女性に発症すること、第二に、年齢とともに発症の可能性が高くなることです。遺伝的条件、肥満、過去の妊娠、長時間の立ち仕事や座り仕事、姿勢の異常、慢性的な便秘、ホルモン療法なども不摂生の一因となることがあります。

下肢の静脈不全は、病期に応じた強さの様々な厄介な症状が現れます。これらには、特に長時間一姿勢で立っていると脚が重く感じたり、痛みを感じることがあり、夜のふくらはぎの痙攣、落ち着きのない脚症候群、拡張静脈に沿った痛み、腫れ、さらには出血などがあります。

確かに、現代医学は、静脈不全(レーザー技術、静脈幹の除去、抹消など)を治療するための方法のかなり広範なセットを持っていますが、医学は、主に特定の習慣を変更することによって助ける価値があります。主に、長時間の立ちっぱなしや座りっぱなし、足をつけたり、熱いお風呂に入ったり、激しい日光浴をしたりするのをやめて、代わりに身体活動をしたり、適切な食事を摂ったり、場合によっては圧迫療法、つまり特別なストッキングやタイツを履いたりして、圧迫療法を利用したりすることです。

クモの静脈とは具体的にどのようなもので、どれくらい私たちを心配させるべきなのでしょうか?

クモ状静脈、破れた血管

クモ状静脈とは、皮膚の表面のすぐ下に形成された、赤、青、または紫の小さな拡張した血管のことです。彼らは、脚や顔に最もよく発生し、一点から広がる細かい網目を形成します。これらのクモ状静脈は、医学用語では毛細血管拡張症と呼ばれています。

それ自体は無害に見えるが、他の警戒すべき症状、すなわち足首の周りの腫れ、足の重さの感覚、ふくらはぎの筋肉のけいれんや痛み、ヒリヒリと脈打つ感覚、努力に不十分な四肢の疲労を伴う場合は特に、警告信号でなければなりません。

足の毛細血管のひび割れ(毛細血管は原則として破裂せず、拡張するだけなので、この用語は少し誤解を招く)は、非常に多くの場合、慢性静脈不全の第一段階であり、血栓性静脈炎などの危険な結果をもたらす可能性がある深刻な状態です。時間内に対応し、医師のアドバイスを求め、保存的治療を行うか、より進行した場合には、毛細血管拡張症の外科的摘出を行うことが重要です。

足のクモ状静脈 – 発生の原因

クモ状静脈は四肢の静脈系の血行障害が原因です。静脈弁の機能不全、血管の脆弱性や弾力性の低下、血管の収縮・弛緩の乱れにより、血液が逆流したり、停滞したり、血管内の圧力が上昇したりします。その結果、特定の場所に血液がたまり、過剰な血管拡張が起こり、血管が破裂することもあります。これらのプロセスは時間の経過とともに増加し、目に見える結果として赤または紫の毛細血管のネットワークが拡大していきます。

毛細血管拡張症は、その発生源について、自然発生する一次性と後天性の二次性に分けられます。自然発生的な原因には、遺伝的素因や先天的素因があり、後天的な原因には、長時間の立ち仕事や座り仕事、運動不足、肥満、高血圧、妊娠、日光浴や高温浴のしすぎ、ホルモン療法、不適切な食生活、アルコール乱用、喫煙、過度の肉体的負担などがあります。

ほとんどの場合、我々は方法で我々はクモ状静脈の形で静脈循環とその結果の混乱を担当していることを意味する後天的な毛細血管拡張症に対処し、さらにその結果として、静脈瘤。

過度な運動は手足の静脈循環障害を助長する可能性がありますが、適度な運動は間違いなく脚に有益であることは注目に値します。ランニングやマーチング、サイクリングの際には、筋肉が働くことで血流が促進されますが、長時間の立ち仕事や座り仕事の際には、特に脚を置いた状態では血流が阻害されます。そのため、常に静止した姿勢で仕事をしている人は、時々運動をして筋肉を強制的に働かせるようにし、自宅ではなるべく足を上げた状態で休むようにしましょう。

脚のクモ状静脈を取り除くには?

足を揉む

最初の変化とあまり進んでいない変化に対応しているのであれば、美容外科や皮膚科で利用できる治療法を利用することができます。

これらは次のものが含まれます:血管の壁を密封する ビタミン圧縮、泥の治療、ホットとコールドマッサージ、リンパドレナージ、血管の化学的閉鎖に基づく電気分解、血管の熱閉鎖に基づく熱分解、光凝固、ブルーフィルター、拡張した血管を縮小ソノフォレーシスとSoluxランプとの治療を交互に。

より高度な変化の場合は、単一の血管を扱うのか、クモ状静脈のネットワーク全体を扱うのかによって、様々な治療方法が使用されます。最も一般的に使用されている医療治療としては、閉塞、すなわち注射した製剤で血管を閉じることで構成される硬化療法が あります。小さな一本の血管を扱っている場合、一般的には一回の治療で十分に成長することができます。その他の状況では、数回の治療を行わなければなりません。硬化療法のもう一つの変形は、静脈を閉じるために発泡した調製物を注入することで構成されている、いわゆるTessari発泡法である。

以前に硬化療法を行った後に、パルスレーザーを使用して追加治療を行うこともあります。レーザー光がヘモグロビンに吸収されて血管の壁を破壊し、周囲の組織に吸収されるような働きをします。もう一つの一般的に使用される方法は、電流が血管の壁のタンパク質を切断することによって、時間が経過した後に吸収されて排出される電気凝固法です。また、亜酸化窒素や液体窒素の作用で静脈が閉じてしまうクモ状静脈を凍結手術で除去することもできます。

強調しておきたいのは、どのような処置をするにしても、血管の壁を強化して脆くならないようにするために、薬やサプリメントを摂取するのが良いということです。これらには、ルチン、マンサク、トチノキ抽出物を含む薬剤が含まれます。このおかげで、私たちは血管性クモ状静脈の再発を防ぐことができます。重要なのは、計画的な運動、下肢の循環を改善するための運動、適切な食事、循環を妨害し、血管を圧迫する原因となる衣類や下着、靴を辞めることです。

チェック 静脈瘤に効く薬ランキング

脚のクモ状静脈のホームレメディ

1.運動は健康になる!

新鮮な空気の中での動き

毛細血管拡張症の問題の本質は下肢の静脈系の血行障害にあるので、脚の筋肉を活性化させることで適切な血流を回復させ、その逆流を防ぐことが重要です。これはマッサージはもちろんですが、何よりも体を動かすことです。

1日1回の早歩き、ランニング、水泳、サイクリング、体操など、1つの不動体勢、立ったまま、座ったままの姿勢で過ごすことが多い人は特に注意が必要です。それは、殺人的な運動で体を強制することについてではなく、それは良いよりも多くの害を行うことができますので、主に下肢を含む適度な、しかし体系的な物理的な努力についてです。

仕事中でも、筋肉を緊張させてリラックスさせたり、数歩やスクワットをしたり、つま先とかかとを交互に立ったりと、足の運動をすることができます。ポイントは、血流が滞ってしまうため、足が動かない状態が長く続いてはいけないということです。ハイヒールも諦めて、足を高くして家で休んだ方がいいですよ。

ダイエットをおろそかにしてはいけない!

きちんとした食生活を送ることは、これほど重要なことではありません。クモ状静脈という形で血行不良の兆候がある場合は、食生活を変えることを検討してみてはいかがでしょうか。野菜や果物が豊富な食事は、この場合に必要なビタミンA、C、Eのほか、銅、亜鉛、セレンなどのミネラル、またはビオフラボノイドグループの化合物、中でもルチンが特に重要であるなどの化学物質を体に供給します。重くて辛い食べ物、甘いもの、アルコールの代わりに、アルニカ、鳥足のトレフォイル、カモミール、フィールドスギナ、チョークベリー、トチノキの樹皮、レモングラスを含むハーブティーに手を伸ばす方が良いでしょう。

3)肌を温めすぎない、日光浴はあきらめよう

寒さと急激な温度変化からそれを保護しながら、熱いお風呂、サウナ、強烈な日光浴をあきらめて、つまり肌の過熱を避けるために間違いなく必要があります。血管クモ状静脈を持つ肌は、幸いにも今日の市場で豊富にある良質の化粧品の準備を使用して世話をする必要があります。クリームは紫外線防止フィルター付きのものしか使っていません。

クモ状静脈や静脈瘤に対して特殊な着圧タイツを着用しましょう!

我々はまた、そのような静脈瘤に対するタイツなどの広く利用可能な医療製品に到達することができます。しかし、実際にEU基準に準拠した医療品を扱っているかどうか、正確に指定されたレベルの圧迫と明確にマークされたかかとを扱っているかどうかに注意を払う必要があります。適切な形状のヒールが足首部分の適切な圧迫を保証するため、それは重要です。足首での圧迫を100%とし、徐々に上に向かって減少し、ふくらはぎで約70%、太ももで約40%とすることを想定しています。

5.足の毛細血管が切れたときに錠剤を飲もう

毛細血管拡張症の影響を受けた皮膚の外側からのケアに加えて、血管をサポートして血行を良くする物質を体の内側から補給することも忘れてはいけません。これらには上記のようなものが含まれています。

  • ビタミンC– 血管を密閉して弾力性を持たせ、再生を促し、血管の硬化を防ぐ。
  • ビタミンKとビタミンE– 血行を良くします。
  • ビタミンPP– 血管の透過性を低下させ、血管のひび割れを防ぎます。
  • シリコン– 血圧を下げ、血管の透過性を調整し、皮膚への血液供給を改善します。
  • ルチン – 血管を強化し、密封し、柔軟性を高める。
  • ジオスミンとヘスペリジン– 抗炎症作用があり、ヒアルロン酸の分解を抑制して血管を強化し、密封します。
  • エスシンとエスクレチン– 抗炎症作用、腫れを抑える、血管を封鎖する。

これらの物質の多くは、食物を介して体内に供給されるが、通常は量が不足しており、特に循環器系の障害により需要が増加した場合には、その量が不足する。そのため、脚のクモ状静脈に問題がある場合は、適切なスペシフィックを体系的に補うことが望ましいと言えます。製薬市場で利用可能な毛細血管とより良い末梢循環のための錠剤は、クモ状静脈や静脈瘤との戦いに不可欠な活性物質とあなたの毎日の食事の良いサプリメントになります。

このセグメントで最高のサプリメントは、いくつかの特に価値のある植物エキスをベースにしていますが、その中でも特に、セントジョーンズワートエキス、グレープバイン葉エキス、トチノキエキスなどは、このような場合に不可欠なものです。後者の成分は、血管を強化して密閉するだけでなく、血液をサラサラにして流れを早くしたり、むくみを解消したり、抗炎症作用があったりと、その効能が広く知られています。

血管を強化し、下肢の血行を改善し、脚のクモ状静脈の形成を抑制するために最適な結果を得るためには、マルチ成分の栄養補助食品(例:Varicorin)を使用するべきであり、関連する特性を持ついくつかの異なる成分が存在するおかげで、単一または2つの成分の調剤よりもはるかに強力な効果があります。

Category: 美容

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin