spring 2220553 1280

足の静脈瘤、家の治療

下肢静脈瘤は、残念ながら頻繁に、そして同時に不快で見苦しい、下肢の状態です。彼らは主に成熟した、高齢者の年齢の女性、肥満の人々や長時間座ったり立ったりすることを必要とする仕事をしている人に影響を与えます。そして、その高度な段階で、それは通常、外科的介入を必要としますが、それはまた、自宅で静脈瘤を治療し、その形成を防ぐことが重要です。

下肢静脈瘤の病気の特徴と原因

足の静脈瘤

下肢の静脈瘤は、下肢の循環不全が原因で表在静脈が過剰に拡張して肥大化したものです。この条件のルートでは、 静脈弁の機能の障害があります。静脈を通る血液の自由な流れが閉塞した結果、血液が逆流して圧力が上昇し不自然に静脈が拡張し、閉塞した部分が変形してしまいます。初期には、病変は目に見えないか、あるいはいわゆるクモ状静脈、すなわち強調された血管のネットワークとして現れます。時間が経つにつれ、静脈瘤が目立ちやすくなり、その数も増えていきます。

前述のクモ状静脈、足が重く感じる、じっとしていられない、むくみ、けいれん、ふくらはぎの痛みなど、一見何の害もないように見える症状でも、無視してはいけません。未治療の静脈瘤の結果として静脈不全、さらにうっ血や死につながることができる危険な病気です。静脈瘤の原因は遺伝的なものが多いですが、同じように重要なのは循環器系の病気、生活習慣や仕事、肥満、妊娠などです。推定では、静脈不全はポーランド人成人の最大50%に影響を及ぼす可能性があり、その脅威は加齢とともに増大します。

足の静脈瘤 – 治療。外部・内部対策、外科的介入

静脈瘤との戦いの外部方法は、主に 血管壁の強化と効率的な血液循環に大きな影響を与えている血液系細胞のより良い栄養に有益な効果を持っている物質を含む、静脈瘤のための様々なクリームや軟膏の使用が含まれています。ジェルやクリームも腫れや拡張した毛細血管の除去だけでなく、ある程度、すでに存在する静脈瘤の減少に貢献しています。

また、症状を最小限に抑える方法として、 着圧ストッキングやタイツを履くという方法もあります。これらの製品を製造するのに使用される技術は、特定の圧縮、足首の周りの最大値を発揮し、下肢からの静脈血の流出を助ける上向きに減少することを意味します。

内服薬も様々なものがあります。静脈瘤用の錠剤は、外用軟膏と同じように、ジオスミンなどの血行促進や血管の弾力性を高める物質や、ヘパリンなどの鎮痛・抗凝固作用のある物質が含まれています。

多くのspecificsは、そのような人気のあるDiosminexなどのジオスミンに基づいていますが、静脈瘤の治療法として、それはその式は、循環と可動性、柔軟性と血管壁の強化、腫れや拡張した血管や静脈の除去に肯定的な効果を持っている活性物質の数が含まれているVaricosenまたはVaricorinなどの多成分製剤を使用する価値があります。

静脈不全が進行し、静脈瘤が強く発達した状態では、通常は血管外科医による介入が必要となります。下肢静脈瘤は、すなわち、方法のいずれかによって削除されます:レーザーを使用して静脈を縮小して閉じると、蒸気を使用して手順を介して静脈瘤の除去、特殊な流体を使用して静脈を注入することを伴ういわゆる抹消、そして皮膚が切開され、病気の静脈が除去されている間に、最終的に古典的な手術。

足の静脈瘤 – 自宅での治療

下肢の循環不全の治療において重要な役割を果たすのは、患者が個々に行う行動や、特定の習慣や行動の変化、特定の規則の遵守に関するものである。全生物の適切な機能が良好な循環のための前提条件であり、したがって、下肢にも適切な血流のためのものであるため、外観に反して、静脈瘤のためのいわゆる家庭療法は、非常に重要である。

絶対的に基本的な問題は、適切な食事の遵守であり、その主なタスクは、適切な体重を維持または達成し、消化プロセスを改善し、便秘を防止するだけでなく、静脈の壁を強化することです。

適正体重

静脈瘤の場合になぜ重要なのか?太りすぎ、特に肥満は一般的に身体にとって非常に好ましくない状態であり、多くの危険な病気の原因となることがあります。他の否定的な症状に加えて、過剰な体重は循環器系にあまりにも大きな負担をかけ、下肢の動脈圧の上昇を引き起こし、循環障害や静脈不全を促進し、時間の経過とともに進行します。

消化不良の改善、便秘の解消

不十分な食事は通常、消化不良を起こし、結果的に便通が悪くなります。これは、私たちの食生活の中で、水分や植物性食品が少なすぎたり、貴重な繊維質の源である糖分やトランス脂肪が多すぎたりすることで起こります。また、便秘は腹腔内の血圧をさらに上昇させ、その結果、下肢に血液が逆流し始めるので危険です

静脈壁の状態

食生活が循環器系をはじめとする身体全体の構造に大きな影響を与えることは明らかです。そのようなバイオフラボノイド、ビタミン、ミネラル、最終的に不飽和脂肪酸など、私たちの食生活の中で植物由来の十分な有益な物質が存在しない場合は、静脈は、順番に静脈瘤の形成を促進するストレッチや損傷に、より敏感に、弱体化しています。

静脈瘤形成のリスクを最小限に抑えるために良い食事の原則

野菜や全粒穀物は、適切な消化を促進し、毛細血管や静脈を強化するだけでなく、スリムな姿を保つための食事の基本となるはずです。食物繊維、フラボノイド、ポリフェノール、ビタミン、ミネラルなど、最も価値のある栄養素を体に与えてくれます。

黒カシス、イチゴ、柑橘類、ザワークラウト、パセリ、赤ピーマン、ビーツ、ほうれん草、芽キャベツ、カリフラワーなどのビタミン C を含む野菜も一緒に摂るようにしましょう。

また、乳製品、植物性脂肪、ふすま、ナッツ類、種子に含まれるビタミン Eや、穀類、ナッツ類、肉類に含まれるビタミンPPも重要です。

抗炎症と抗血栓の食事の重要な要素は、魚肉や魚介類に含まれるオメガ3不飽和脂肪酸です。野菜は全粒穀物製品と同様に貴重な食物繊維を体に供給し、消化プロセスを調整し、減量を大幅にサポートします。

植物由来の製品に含まれるフラボノイド、アントシアニン、ポリフェノールは大きな役割を果たしています。ジオスミン、ヘスペリジン、ルチンなどのフラボノイド類は、血管の壁を強化し、血行を良くします。フラボノイドやアントシアニンは、柑橘類、サクランボ、ブルーベリー、チョコベリー、赤キャベツや豆類、そば麦などに含まれています。心臓や循環器系を保護し、フリーラジカルと戦い、動脈硬化性プラークの形成を防ぐ ポリフェノールは、とりわけ緑茶やココアに存在しています。

ホーム調合薬、軟膏、湿布 – 静脈瘤のための最も効果的なハーブ

ハーブと漢方薬

薬草の薬効については、誰かを納得させる必要はないのかもしれません。静脈に関連して、植物のいくつかは、有益な活性物質の存在に起因する特に重要な効果を示しています。ハーブの多くは、体全体にポジティブな影響を与えることができるように、そのような広い範囲のプロヘルス属性を持っています。

外用ハーブとホームレメディ

披針葉樹

血流を刺激し、血管を強化し、抗炎症作用を発揮します。さらに、貴重なフラボノイド、ミネラル、ビタミンCも含まれています。湿布の形で使用したり、挽いた葉と少しの蜂蜜と水から自家製の軟膏を作ることができます。患部に塗布します。

キャベツの圧縮

キャベツは、静脈瘤や他の炎症状態のための自然療法として長い間使用されている、それはまた、血管を強化します。キャベツの葉は、汁が出始めるように杵で叩き、手足はそれらと一緒に湿布する必要があります。

静脈瘤のためのリンゴ酢

これも昔から知られている方法で、りんごリンゴ酢が血管の状態を改善したり、血流を促進する効果があることが知られています。それは静脈瘤の領域に直接こすることができますし、軟膏は、すりおろしたニンジン、ビーツ、アロエベラエキスで作ることができます。

サイの軟膏

これは、静脈瘤や関節の治療、さらには骨折の場合の両方で、何世紀にもわたって民間療法によって使用される植物です。それは強い抗炎症作用を示し、細胞の再生を刺激します。湿布薬としては、根を砕いたものに油を加えてペースト状にしたものを使用します。

ブドウの葉

果実に加えて、ブドウの葉にも貴重な特性があることが判明しました。植物全体にはフラボノイド、アントシアニン、アミノ酸、ビタミンなどが豊富に含まれています。グレープフルーツには、適切な血行を促す効果があります。オリーブオイルに葉っぱを混ぜた軟膏で、抗炎症作用や循環促進作用もあります。

トチノキエキスで静脈瘤に効く

トチノキの実には優れた薬効があります。彼らは、循環系の機能をサポートし、シール、強化し、血管の弾力性を増加させ、血液の流れを加速させ、それを薄くし、うっ血、静脈瘤の主な原因を防止します。トチノキエキスが多数の軟膏、クリーム、経口剤の成分であることも不思議ではありません。

静脈瘤のためのマンサク

トチノキエキスと同様に、マンサクは外用と内用の両方の調剤に使用されています。ウィッチヘーゼルは血管の状態や血行に良い影響を与えます。それは抗炎症性の特性を示し、毛細血管を密封し、むくみと戦います。ウィッチヘーゼルエキスは湿布薬としても使えますし、乾燥させた葉っぱは健康茶としても使えます。

内服用ハーブ

万能にんにく

その料理の品質のために広く評価され、ニンニクはまた、貴重な薬効成分を持っています。天然の抗生物質と呼ばれ、抗炎症、抗真菌、抗菌作用があります。最も貴重な栄養素が豊富に含まれており、さらに免疫力を強化し、血小板の凝集を抑制し、血管を拡張させます。別にニンニク(好ましくは生)を食べることから、静脈瘤の治療では、我々は以前にオリーブオイルを加えて均質なペーストにそれをこすり、外部湿布のためにそれを使用することができます。

サンザシとヤドリギ

彼らは最も頻繁にハーブティーや輸液の形で使用されています。サンザシにはビタミンCやフラボノイド、亜鉛が多く含まれており、静脈不全の治療に役立ちます。ヤドリギには拡張作用があり、血管を拡張させるので血流が良くなります。

予防は常に最高のもの

静脈瘤を取り除くためにどのように質問への答えは簡単ではありません。さらに、下肢の循環不全が進行している段階では、家庭での治療ではおそらく不十分であることを正直に認めざるを得ません。特にこのリスクが遺伝的要因や仕事の種類によって高まる場合は、事前に静脈瘤の形成を防ぐことが重要です。

の他の部分を中心に、座っているときや立っているときの運動や短時間の運動は非常に重要です。健康的な食生活と適正体重を心がけ、体に負担をかけすぎず、刺激物や体を温めすぎないようにすることが大切です。また、それはあなたがすでに静脈瘤を開発している場合でも、上記のヒントのすべてに従うことが 大幅に病気のさらなる進行を抑制することができ、これはまた、大きな価値があることを知っておく価値があります。

チェック 静脈瘤に効果的な薬のランキング

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin