cocktail 585315 640

電解質 – 電解質とは何か、体内でどのような役割を果たしているのか?電解質をどのように補給するか?

電解質は、生体内で重要な働きをするミネラルの一群です。神 経信号の伝導を担い、臓器や組織が正しく機能するようにしている。電解質は、体内の水分補給にも重要な役割を果たします。体内の電解質は非常に失われやすく、特に激しい運動、排尿量の増加、下痢などの場合に失われます。体内の電解質の濃度を適切に保つことは非常に重要です。これらが不足すると、水と電解質のバランスが崩れる可能性があります。電解質が不足すると、臓器の機能が低下することがあります(電解質不足の代表的な症状として心拍数の乱れがあります)。特にトレーニングをする人は、電解質を計画的に補給することが大切です。電解質の役割、不足した場合の影響、電解質の補給方法についてはこちらをご覧ください。

電解質とは?

ボトルからグラスに注がれた水

電解質とは、私たちの体液に含まれる塩類イオンのことです。血漿、血液、組織液中に存在します。イオンとは、元素の中でマイナスまたはプラスの電荷を帯びた原子のこと。

最も重要な電解質は、以下のような元素の塩イオンです。

  • カリウム
  • マグネシウムです。
  • カルシウムです。
  • ナトリウムです。
  • 塩素です。

また、鉄イオンやリンイオンも電解質の役割を果たしている。

水分や電解質の代謝を効率的に行うためには、体内の電解質濃度を正しく保つことが前提となります。体全体の動きは、電解質の存在にかかっていると言っても過言ではありません。電解質はその電荷により水分子を引き寄せ、水分子は全身の細胞や組織に運ばれる。

電解質が不足すると、脱水症状や、脳や心臓などの重要な器官の機能低下、筋肉の異常(痙攣など)が起こります。

電解質が身体の正常な機能に不可欠であることは間違いありません。それらは多くの重要な機能を果たし、多くのプロセスや変換に関与しています。その主な役割は、脳が正常に機能するために必要な 神経信号の伝導です。

体内における電解質の働き

  • 電解質は、神経細胞間の電気的インパルスを伝導することで、神経系を正しく機能させる役割を果たします。
  • 筋の収縮と弛緩を促す電気信号の伝達に関与し、筋系の適切な機能を確保する。
  • は、細胞膜の張力を適正に保ち、細胞膜を介して液体が浸透する過程を制御する役割を担っている。
  • は、水を吸収し、その水を全身の細胞に分配して浸透させる役割を担っています。
  • は、血液やリンパ液、脳脊髄液、消化液などの体液に水分を運ぶことに関わっています。
  • アミノ酸やブドウ糖を細胞膜を越えて運ぶのに役立つ。
  • 体内の水分分布を最適化し、水分バランスを安定させます。
  • 胃液の成分である塩酸の生成をサポートします。
  • 体内の正しいpHを維持する役割を担っており、体内の酸塩基バランスを管理しています。

個々の電解質の最も重要な役割

  • マグネシウム:神経系を安定させ、精神を効果的に働かせる役割を果たし、精神的な幸福に良い影響を与え、筋肉系をサポートする。
  • カリウム:心臓の機能を正常に保ち、血圧を正常化し、筋肉の機能を正常に保ち、神経と脳の機能に良い影響を与える。
  • カルシウム:筋肉の収縮力を調整する、心臓のリズムを正常に保つ、神経の伝達に関与する、血管系の機能をサポートする
  • 塩素 – 体内の酸と塩基のバランスを保ち、浸透圧を調整し、体内の水の量と分布をコントロールする。
  • ナトリウム…体内の水分補給、組織への水分供給、細胞膜の透過性に関与する。

電解質の欠乏-原因、症状、補給の方法

ストローで水を飲む女性

生体内の電解質の欠乏と、体内に供給される液体、排泄される液体には明確な相関関係があります。電解質は、尿、便、汗、血液などで失われます。一般的に、尿や便の排泄量が増えたり、過度の発汗や出血があったりする状況では、電解質の損失が大きくなります。

暑いとき、激しい運動をしたとき、ウイルスに感染したときなどには、電解質が急速に失われます。

どんなときに電解質が失われるのか?電解質欠乏症の主な原因

  • 重い肉体労働や集中的なトレーニングなど、かなりの肉体労働。
  • 高熱が出ます。
  • 下痢をする
  • 嘔吐しています。
  • 水分摂取量が少なすぎる。
  • 加工食品が多く、電解質を多く含む健康的な自然食品が少ないこと。
  • 高い周囲温度。
  • 利尿剤の使用。
  • 利尿作用のあるコーヒーやハーブティーを大量に飲む。
  • 不足している、厳しい食生活。
  • 摂食障害。
  • 大量のアルコールを飲む。
  • 腎障害。
  • 糖尿病

電解質欠乏症の症状

電解質の欠乏は、主に心筋などの筋肉機能の低下や神経機能の劣化によって現れます。最も多い症状は

  • の頭痛の種です。
  • 吐き気
  • 全般的に弱いです。
  • 倦怠感。
  • 刺激性
  • 集中力の問題。
  • 過度の眠気。
  • 行動するためのエネルギーと意志の欠如。
  • 心臓障害(不整脈):不整脈、動悸。
  • 心臓部にチクチクとした痛みを感じます。
  • ハイパーテンション
  • 筋肉の震え
  • 筋力低下。
  • 手足のしびれ
  • 筋痙攣を起こします。
  • 下肢の腫れ
  • より深刻なケースでは骨の脆弱性、失神、めまい、痙攣。

脳機能を向上させる効果的な方法を発見:Brain Actives

電解質レベル-基準、検査

体内の電解質の濃度を調べるには、 イオノグラムと呼ばれる特別な診断検査を行います。血液を採取し、体内の水分・電解質バランスを司る個々の元素や化合物の濃度を測定します。特徴的な電解質不足の症状がある患者さんや、様々な慢性疾患の経過中に行われます。

成人の電解質の正常値はどのくらいですか?規範は以下の通りです。

  • マグネシウム:0.65~1.2mmol/l
  • potassiumを使用しています。3.5~5.1mmol/lです。
  • カルシウムです。2.25~2.75mmol/lです。
  • ナトリウムです。135~145mmol/lです。
  • 塩素:95~105mmol/l。

電解質をどのように補給するか?

レモン入りの水をグラスに入れて

イオノグラフ検査を受けて体内の電解質レベルが低すぎる場合でも、自分で電解質不足の特徴的な症状に気づいた場合でも、電解質を多く含む食事を心がけることが大切です。

また、毎日約2リットルのミネラルウォーターを飲むことも重要です。また、既製の飲料用電解質製剤や、ミネラルを錠剤にして使用することもできます。

電解質を多く含む食品

  • 野菜(例:トマト、セロリ、ビーツ、パプリカ、ブロッコリー、パセリ、ほうれん草、にんじん、とうもろこし、キャベツ)
  • 豆類(エンドウ豆、インゲン豆、レンズ豆など)。
  • ナッツやアーモンドなどの
  • カボチャの種、ヒマワリの種
  • 果物(例:バナナ、柑橘類、アボカド、メロン、スイカ、カシス、イチゴ)
  • ココナッツウォーター
  • cocoa,
  • オートミール、ふすま
  • 全粒粉のパン。
  • 蕎麦の実のこと。
  • ドライアプリコット
  • 野菜や果物のジュースやカクテルを

電解質 – どれを選べばいいの?

電解質が大量に失われ、脱水症状を起こしている場合には、特殊な電解質製剤が役立ちます。 通常は、水に混ぜて飲む粉末状のものや、発泡性の錠剤があります。

シニアのための電解質

高齢者では、電解質が不足し、その結果、水と電解質のバランスが崩れ、脱水症状に陥ることがよくあります。これは主に、水分、特に水の摂取量が不足しているためです。高齢者は水を飲むことがあまり好きではなく、全く飲まないことも多く、また、喉の渇きを感じることも少ないので、水分に手を伸ばすこともあまりありません。

また、腎臓の水分保持能力が低下し、組織内の水分量が減少します。また、高齢者はさまざまな病気を患っていることが多く、その影響で体内の水分が失われやすくなっています。そのため、ミネラルウォーターを毎日飲むのが苦手なシニア層には、電解質製剤がおすすめです。

シニア向けの電解質はどれを選べばいいの?最も重要な電解質に加えて、生体を強化し、老年期の病気(循環器系の問題など)に効果のある植物エキスが含まれている製品を選ぶとよいでしょう。

成人用電解質

成人は、以下のような幅広い電解質製剤を選択することができます。ブドウ糖、マグネシウム、カリウム、塩化物、カルシウム、ナトリウムを含む一般的なもの、および追加成分で強化された製剤。興味深いのは、水分補給と電解質の補給を同時に行い、ビタミンや植物を添加した製品です。刺激的な物質)は 、エネルギーと活力を与え、肉体的または精神的に大きな力を必要とする場面で私たちをサポートします。

子供のための電解質

子供の場合は、汎用の電解質製剤を使うのではなく、子供専用の電解質製剤を選ぶとよいでしょう。子どもたちに必要な成分が含まれており、不要なものは一切含まれておらず、甘くてフルーティーな味がします。

運動する人の食事に含まれる電解質

自転車で走った後、ボトルの水を飲む女性

体調を整えるには適切な水分補給が必須条件

定期的にトレーニングを行う人にとって、体に適切な水分を補給することは非常に重要です。電解質が体内の水分量を左右することはよく知られていますので、トレーニングの種類にかかわらず、電解質の定期的な補給を習慣化する必要があります。

集中的なトレーニングを行うと、体はより多くの汗をかき、体内の水分量が減少することを覚えておく必要があります。カリウム、マグネシウム、ナトリウム、カルシウムなどの貴重な電解質も、より早く失われます。体内が脱水状態になると、多くの生理的プロセスが乱れ、代謝が低下し、運動能力が低下し、筋肉の働きが悪くなります。特に、脱水症状が長く続くと、体が疲れてしまい、より深刻な健康障害を引き起こす可能性があります。

そのため、定期的にトレーニングを行う場合には、体系的に水分を補給することが非常に重要な課題となります。ミネラル分の多い水、アイソトニック飲料、活動的な人向けの錠剤や小袋入りの電解質製剤(水と混ぜる)などが最適です。これらの液体はすべて、トレーニングの日に最適です。

水分自体は、トレーニング中だけでなく、1日の中でも小分けにして飲むことを忘れないでください。このようにして、体内の水分量が常に一定でバランスのとれた状態になり、代謝、作業や筋力、再生のプロセスに良い影響を与えます。

チェックしてみてください。マスのためのサプリランキング

アイソトニック飲料の効果は?

ミネラルウォーターには電解質成分が含まれていますが、激しい運動をする場合にはその量が不足することがあります。そのため、運動量の多い日には、吸収されやすい形のナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウムを含むアイソトニック飲料を使用するとよいでしょう。このタイプの飲み物には、ブドウ糖(単純な炭水化物で、次の日に補給する必要がある)も含まれていることに注意してください。とビタミンB群(代謝を良くし、神経系や筋肉系に良い影響を与える)を含んでいます。

アイソトニック飲料に含まれる電解質(特にナトリウム)は、体内での水の吸収を高め、すべての細胞への水の輸送を促進・加速します。また、カリウムやマグネシウムは、筋肉の働きを高め、痙攣を防ぎます。

アイソトニック飲料を選ぶ際には、必ず製品の組成を確認することが大切です。擬似アイソトニック飲料には、ブドウ糖をベースにしているものの、主要な電解質を含まないものが多く出回っています。

チェックしてみてください。脂肪燃焼剤のランキング

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Article by: admin