water 1962388 1280

風邪のホームレメディ、自然の力を借りて自分たちで治す!?

鼻水や咳、喉の痛みや頭痛、わずかに温度が上昇するなどの症状が現れる上気道の短期感染を一度も経験しない人はおそらくいないだろう。風邪の大部分のケースでは、古くから知られている家庭での方法で自分たちで対処することができます。

風邪のための人気のホームレメディ-一般的なガイドライン

まず、無害な感染症なのかインフルエンザなのか、診察が必要なのかを見分けられるようにしなければなりません。風邪はインフルエンザとは異なり、ゆっくりと症状が現れ、急に発症することはありません。高熱や筋肉や関節の痛みは伴いませんが、ほとんどの場合は鼻水が出ます。また、通常は天候の変化や凍結に伴うものです。

風邪の場合の基本は、体を温め、水分をたっぷり摂り、適切でバランスのとれた食事(レモン、はちみつ、にんにく、新鮮な野菜や果物を多めに摂る)を摂り、鼻水や咳などの症状を緩和することです。

あなたは、良い、本質的なスープ、生姜、オニオンシロップと熱いお茶、最後に体温以上の非常に暖かい、お風呂の形でおばあちゃんの方法に到達することができます。そして、お風呂にアロマオイル、例えばユーカリを入れれば、鼻の詰まりを解消してくれます。最後に、メンソール、樟脳、タイム、ユーカリなどの物質を含む温感軟膏で1日2-3回、自分自身を潤滑にすることができます。ラズベリージュースを風邪に使うのも、ぴったり温まるのでよくあることです。

風邪の個々の症状を緩和する方法

植物油

吸入 に於いて 寒い でござる 実効性のある ほうほう 闘う 幾多 その の症状が出てきます。 原因となるのは 彼等 膨張 隻の の血管の 増大 仍って 流入 けつえき にとって 粘膜 覆われた 炎症を起こした粘膜に 宛先 吸入 あり得る 使う 何れか z 精油– – ユーカリ タイム ミント ターペンタイン 或いは 薬草 のような のようなものです。 カモミール ラベンダー 浄化作用があります。ローズマリー セージ 宜しい 成績 与える 併せて 活用A に於いて 寒い. 吸入 輸液 或いは かいけつ zA 経由 幾つか 議事録 消毒 呼吸器管。 霽らす はな 希釈 分泌物。 緩和 併せて 症状 咳き込む i 鼻水の

もし o 咳き込む。 それだけの価値がある 試す 手作り シロップ. 乗ったままで 湿った 咳き込む 実効性のある であろう に於いて 例えば シロップ z ニンニク. 用意しています。 それ w 此れ このように… 叩き潰す 幾分 クローブ i 注ぐ 彼等 ジュース z レモン z 聊か 水の中で。 凄いですね。 とはいえ 然程 愉快 臭い でござる シロップ z 玉ねぎ, 演技 殺菌剤。 去痰剤 i 抗炎症作用があります。 ただ 斬り込み 玉ねぎ w スライス。 振りかける 砂糖 i と待って… まで 解放するために 汁が出てきた。 Z とすれば それは 乾いた 疲れる 咳き込む。 助ける さくらんぼ 胡麻桜 i ヒソップ z をもって 蜂蜜だ

のために 痛み i 掻き傷 w 最高 であろう うがい から に基づいて 植物 含有 当たり前 粘液(コルツフット バレリアン シャクナゲです。 アオイ)を使用しています。 リンス あり得る 併せて も用意できます。 z 賢者 或いは ローズマリー どれが 財産 こうえんせい i 殺菌剤。 或いは z 過マンガン酸塩 過マンガン酸カリウム溶液。 古くからの 遣り方 のために 辛い でござる 併せて 呑み あたたかい にゅうにゅう z 蜂蜜 或いは ジュース z またはビートジュース。

風邪の治療に役立つ天然物

時点では ぜんめん 喧嘩の種 z かんせん なければならない なくても 紛れも無く 置く ニンニク. 時点では 寒い でござる それは ぜったいに かけがえのないものです。 呼び出された 当たり前 抗生物質。 から に因る に因る 含まれた w それ ぶっしつ (アリシン i チオスルフィネート)を使用することができる。) 姿形 倔強 財産 殺菌作用があります。 抗ウイルス剤 i 抗炎症作用があります。 緩和 症状 風邪の 可能 はやい 還る にとって i 牽制 でござる 併せて として せいひん 強化 めんえき 生物である。

に加えて 言及された シロップです。 ニンニク あり得る 加算 にとって にゅうにゅう z 蜂蜜 i バター 細かく さいの目に切った 或いは スライス をとおして 押す 置く に於いて サンドウィッチ 或いは 投げつける ソースです。 宛先 療法 であることが判明 効果的です。 なければならない 喰らう 2-3 クローブ ニンニクの 一日。 押しつぶされた。 然れば 抜き出し その 資質 健康のために。 勿論 それは o ニンニク 生で と言うのも 加工 熱処理 滅ぼす w 貴重 物質であることを示しています。

価値ある 盟友 でござる 併せて 蜂蜜, 豊か w ビタミン剤 i 抗酸化物質。 演技 抗菌性。 それゆえ 以後 悠久の昔から 永年 病人に 出ている にゅうにゅう 或いは ちゃ z はちみつ入り。 a にゅうにゅう z 蜂蜜 z をもって バター でござる 偶々 考慮された として 当たり前 薬品 のために 炎症 気管支炎。 等しく 大事 w 処置 人の数 風邪 でござる わさび, 貴重 根源 ビタミン剤 A, B i C, 揮発性油 i ぶっしつ 殺菌剤 そして ジンジャー o 財産 温暖化 i 抗菌性。

風邪にはビタミンC

やさい

W 扱い 感染症 見過す 肝心 ビタミン C, それだけの価値がある 併せて 知る 其れ 傍らに かんきつか その 掘り出し物 である 併せて せいひん– – スグリ。 キャベツです。 ブロッコリーです。 トマトです。 ほうれん草です。 ケールだ ペッパーズ パパイヤ キウイ 野性的 薔薇
ビタミン C 短縮 頃合い 風邪の 向上 免疫力。 強め 血管。 がある ましてや 幾多 財産 薬効があります。 というわけで 然れば 大事 でござる 豊かにするために ダイエット o やさい i 果実 豊か w アスコルビン酸。 一方で 広く 広く利用されている に於いて 風邪 レモン べきである。 にもかかわらず 了承済み 普遍的 メソッドを使用します。 付け足す にとって 暑い お茶。 と言うのも w 此れ 然れば 負ける その のプロパティを使用しています。

風邪に効くハーブ

風邪用のハーブも

広く使われています。タイム、ムクリン、ヒメノプテラ、カモミール、マジョラム、パイン、ジンジャー、アニスシード、セージ – それらの多くは、例えばエルダーベリーは、解熱効果を持っている、他の人は咳を和らげる – まだ他の人は吸入に最適です。瀉下には特に注意を払う価値があります。この最近人気のあるハーブは、多数のポリフェノールのおかげで、多くの癒しの特性を持っていますが、それはまた、すでに形成された感染症との戦いにも効果的です。風邪の場合は、それを吸入するために使用したり、それからお茶を作ることができます。

治療よりも予防の方がいい…。

風邪をひかないようにするためには、免疫力を高め

、日常生活の中で一定のルールを守ることが大切です。野菜や果物、全粒粉製品、ふすま、豆科植物、はちみつ、ナッツ、種子、そしてできるだけ天然の加工されていないものを多く含む適切な食事を摂ることで、私たちの免疫力をサポートすることができます。定期的な運動、良質な睡眠、休息をとることは、身体を鍛えることにもつながります。天候に合わせた服装をして、冬場もこまめに換気をして、最後にウイルスに感染する場所を避けましょう。

も読んでみてください。
  • 免疫力アップのためのダイエット
  • 免疫力を高めるハーブ

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin