17332744041 86754a2eb3 z

髪の毛のための銅と亜鉛 – なぜこの2つの要素を豊富に含む食事をする必要があるのでしょうか?

銅と亜鉛は私たちの体の中で重要な役割を果たしており、特に不足すると髪の健康や状態に悪影響を及ぼす可能性があります。亜鉛と銅が髪にどのような影響を与えるのか、亜鉛と銅の欠乏症とは何か、そしてこれらの元素を十分に体内に取り入れるにはどうすればよいのかをご紹介します。

銅は何の責任があるのか?

銅は健康という意味ではあまり語られることはありませんが、もっと注目したいものです。この要素は、特に私たちの健康のために多くの重要なタスクを実行します。

  • 銅
    は、全身の細胞への酸素輸送のプロセスに関与しています。
  • 循環器系をサポートしています。
  • 鉄分の吸収を良くします。
  • 貧血を防ぎます。
  • は、骨格系、神経系、脳の機能の正しい働きに影響を与えます。
  • 体内の細菌を排除するのに役立ちます。

髪の毛のための銅 – それはどのように動作しますか?

また、銅は私たちの髪の毛にも重要な役割を果たしています。皮膚の色素、すなわちメラニンの生成に関与しているため、強くて飽和した健康的な髪の色を維持することに貢献しています。また、銅は髪の弾力性のレベルを担当しており、その強度と状態に影響を与えます。銅欠乏症の人は、髪が弱い、細すぎる、スタイリングが難しい、分け目がある、白髪になるなどの問題を抱えていることがよくあります。

銅欠乏症 – それはどのようにそれ自身を明らかにするのですか?

銅の欠乏は免疫システムに影響を与え、感染症や病気にかかりやすくなります。骨や血管を弱らせ、貧血につながり、心臓病の原因にもなります。また、銅欠乏症は四肢のしびれ、しびれ、集中力の低下、記憶力の低下などの症状が現れます。

食品に含まれる銅 – どこで探せばいいのか?

多量の銅は、ヒマワリの種、豆類、ナッツ類、シリアルフレーク、ふすま、その他の全粒穀物製品などの穀物に含まれています。レバーや魚介類、魚介類、葉物野菜、ココアも銅の豊富な供給源です。

亜鉛とその体内での役割

亜鉛は私たちの体を正常に機能させるために必要不可欠な元素です。それは、とりわけ多くの重要なプロセスに参加しています。

  • 細胞分裂において
  • 蛋白質合成、RNA、DNAにおいて。
  • 炭水化物や脂質の代謝において

また、亜鉛は体の免疫システムにも大きな影響を与え、性機能、骨格系、皮膚、髪、爪の正常な機能にも必要です。

髪の毛に亜鉛

亜鉛

亜鉛が髪の毛に果たす役割は、髪の毛を作るプロセスの調整役であることから、計り知れないものがあります。亜鉛は髪の毛の適切な成長と発育を決定します。亜鉛は毛髪細胞の分裂速度に影響を与え、毛母細胞による毛髪タンパク質の生成に必要な酵素を「活性化」させ、毛髪に必要な量のケラチンを供給する働きをします。

亜鉛欠乏症 – 症状

体内で亜鉛が不足すると、皮膚や髪の毛、爪の状態が悪化するなどの症状が出ることが多いです。傷が長く治りにくい、肌の不定愁訴の頻度が増える、肌の過剰な乾燥が起こる。爪がもろくなって不健康な見た目になり、白い変色が現れます。髪の毛が弱くなったり、細くなったり、くすんだりする。抜け毛も増えます

体内の亜鉛不足は、免疫力の低下、成長と発育の遅れ(子供や若者の場合)、老化の加速、食欲不振、味覚と嗅覚の障害、頻繁な疲労、抑うつ状態、集中力の低下、ホルモン障害、貧血などの症状を示すこともあります。

亜鉛 – どのような食品に含まれていますか?

食品に含まれる亜鉛はかなり一般的ですが、最も良い供給源は、 卵、肉、魚、ナッツ、アーモンド、穀物(例:ゴマ、カボチャ)です。この成分は、ふすま 、穀物のフレーク、細菌、トマト、パセリ、キャベツ、ブロッコリー、ニンニク、豆類、野生の米にも多く含まれています。

髪の毛のための銅と亜鉛 – どのように使用するのですか?

抜け毛、ハゲ、白髪、薄毛・薄毛、髪色がくすんではっきりしない、自然なツヤがない、毛先が割れている、スタイリングに問題があるなど、これらはすべて体内の亜鉛や銅(またはその両方)が不足していることが原因かもしれません。これらの不足に対抗するためには、銅や亜鉛を含む製品を豊富に含む食事が推奨されています。

また、適切なビタミン・ミネラル製剤で自助努力をすることもできます。亜鉛と銅を多量に含むプロフォランは、とりわけ、組成の面で最も豊富な、ハゲに対する準備 – で見つけることができます。

Profolanタブレット

オーダープロFオランナウ

Category: 美容

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin