analysis 2030265 1280

Fuleren C60 – 驚異的な特性を持つ不思議な炭素分子

私たちの誰もが、健康で長生きすることを夢見ていません。ある科学者によると、私たちの体は120年生きるように設計されているとさえ言われています。科学者の中には、生物学的な寿命の限界は全く存在しないと主張する人もいますし、いずれにしても、将来的には自然が設定した限界を超えることは否定できません。しかし、長生きしたいという願望は、高齢になっても体力や精神力があれば意味がありますし、様々な要因によって引き起こされる多くの病気の予防にもなります。

それは科学が再び最も危険な病気の少なくともいくつかを排除するためのレシピを発見したようだ – それは比較的最近発見されたユニークな炭素分子である – フラーレン。

フラーレン C60 – 珍しい炭素化合物。ステラの意外な結果 しけん

X1X分子

イギリスの科学者Harold Krotoが絶滅した星を分光法で調べたところ、炭素化合物に特徴的な独特のスペクトルバンドに気付いたことが発見の始まりです。ほぼ同時期に、ヒューストン大学のリチャード・スマリー率いる科学者たちは、珍しい化学化合物を発見しました。彼らはチームを結成し、後にフラーレンと呼ばれる物質の存在を発見しました。

当初は、別の科学的好奇心を扱っているように見えて、発見の重要性が評価されていませんでした。しかし、時間が経つにつれ、これらの粒子、特にフラーレンC60が多くの実用的な応用があることが判明しました。

これらの炭素の 異方性は、28〜1500個の偶数個の炭素原子からなる分子で、檻のような中空構造を形成しています。最も単純なフラーレンの分子は60個の炭素原子からなり、サッカーボールのような形をしています。隕石や間空間、絶滅した星が残した星雲、地球上の一部の岩石や煙突の煤などに少量含まれています。間もなく、複雑な燃焼・分離工程を経てフラーレンを得る方法も開発されました。

フラーレン C60 – 医学における特性と応用

フラーレンの化学的性質は芳香族炭化水素に似ていますが、その大きな利点は、特に医療用途では、優れた抗酸化物質であるという事実です。驚くことではないが、この可能性には大きな関心が寄せられており、フリーラジカルを消去して不活性化する能力は、数多くの臨床研究や実験の対象となっている。

これらは、フラーレンのユニークな抗酸化特性薬物担体としての有用性を実証しています。このような治療薬や診断薬をC60内に配置して全身を自由に徘徊させるドラッグデリバリーシステムの前提が、ますます大胆に展開されている。

ラットの研究で行われた研究は、フラーレンが与えられた動物のほぼ2倍長い生存を疑いを超えて確認した、通常の食事と対照群との比較で。これは、フラーレン C60が細胞死を遅らせ、老化の主な原因の一つである 酸化ストレスを極めて効果的に低減させていることに起因している可能性が高いです。

C60のフリーラジカル除去効果は、炭素原子の二重結合によって形成される分子が大きく安定した構造を有しているため、遊離酸素原子を含む他の原子、すなわちフリーラジカルとの結合のしやすさを有していることによるものである。

フラーレンC60の1分子に最大34個のラジカルが付着すると推定される。このように、C60は体内を移動する際に遊離酸素原子を吸収し、それらと抗酸化物質との自然なバランスを回復させます。

何を 酸化ストレスとは何か?

黒板に化学式を描く

生物が生きていくためには、エネルギー源としての酸素や栄養素が欠かせません。呼吸と代謝のプロセスは、酸素ラジカルである非常に活性な粒子の形成を同時に伴います。

彼らは1つの電子を奪われた酸素原子でありタンパク質、脂肪、炭水化物、核酸から、他の原子からこの欠落した電子をキャプチャするため、フリーラジカルと呼ばれています。その結果、 タンパク質構造の破壊、細胞膜の損傷、さらにはDNAや遺伝子の突然変異を引き起こす可能性があります。それはフリーラジカルの作用によるもので、血管の破壊、動脈硬化、高コレステロール、高血圧、糖尿病、がんなどです。

フリーラジカルはシステムの自然な要素であり、フリーラジカルと抗酸化物質のバランスが保たれている限り、悪いことは何も起こりません。 人体には、保護システム、酵素、タンパク質、活性酸素原子を捕捉するマイクロエレメント、つまり、抗酸化物質または抗酸化物質と呼ばれるものがあります。さらに、フリーラジカルは、免疫システムの機能の基礎となるものだからというだけで、生命には欠かせないものです。

しかし、酸素ラジカルの自然な 作用と、それらを除去したり、それらが引き起こす損傷を修復したりする生物学的能力との間に不均衡が生じ、酸化ストレスが生じ、活性酸素の侵入による損傷のリストは長くなる。

酸化ストレスは老化の主な原因の一つであり、心血管系、神経系、退行性変化、癌、炎症、糖尿病、喘息、消化器系の問題、関節リウマチ、さらには白内障などの病気の発症に主導的な役割を果たしています。また、酸化ストレスは硬化症やパーキンソン病の原因になると多くの医療関係者が考えています。

どのように フリーラジカルの悪影響を最小限に抑える?

活性酸素原子の存在は、それがあまりにも多く現れない限り、健康のためには明らかで中性的なものであることを認識しなければなりません。しかし、私たち自身が不適切なライフスタイルを送っていることで、抗酸化物質が十分に供給されず、過剰に形成されているのです。このように、自然バランスの乱れや酸化ストレスの発生を促進します。

フリーラジカルが過剰になる主な原因は

  • 喫煙 – ニコチンやタバコの煙に含まれる物質は、フリーラジカルを多く含み、血液中の抗酸化物質のレベルを大幅に低下させます。
  • 汚染された空気 – タバコの煙と同様の効果があります。
  • 恒常的なストレス – 多くの危険な病気の発症に寄与する可能性があります。
  • 過度のアルコール摂取。
  • 長時間の日光浴、つまり紫外線を浴びること。
  • 不適切な食生活、加工品が多く、天然の抗酸化物質が奪われる
  • あまりにも激しいトレーニング – 新陳代謝の重要な加速を引き起こし、こうしてフリーラジカルの生産を増加させます。

これらの脅威の答えは、健康的な生活習慣と適切な物質を補うことで、抗酸化物質を十分に補給することなのです。ビタミンC、E、ベータカロチン、またはリコピン – ビタミンCの次に強力な抗酸化物質の一つ – が豊富な適切な食事は、非常に重要な役割を果たしています。

ニンジン、グリーンパセリ、ブリュッセルスプラウト、トマト、ブラックカラント、ホウレンソウ、ブロッコリー、ブラックベリー、スイカだけでなく、全粒穀物の穀物、魚、牛乳、乳製品、スプラウト、種子、ナッツなど – 食事の基礎は、したがって、新鮮な野菜や果物でなければなりません。お茶や赤ワイン (少量)、ココアも効きます。同様に重要なのは、適度ではあるが計画的な運動、刺激物を避けること、緊張を和らげる能力、頻繁に休むことです。

フラーレン C60 – 健康を促進する特性と生体にとっての重要性 フリーラジカルとの戦い

X1X分子

ビタミンCが強力な抗酸化物質であることはよく知られています。しかし、フラーレンC60はビタミンCよりもはるかに優れた抗酸化作用を持っていると言われていることを知ると、多くの人が驚くことでしょう。

完全に研究されている粒子ではなく、体系的に補給してもDNAの構造が乱れないのかと疑問を呈する研究者もいますが、これまでに行われた数々の臨床試験では、酸化ストレスを軽減する効果が確認されているようです。動物実験だけでなく、ボランティアでC60を摂取しても有望な結果が得られています。健康状態が大幅に改善され、努力後の筋肉の再生が早くなり、さらには見た目が若返ることがわかったという。

最大の関心は、老化プロセスを阻害するという点でフラーレンの可能性に喚起されています。科学者たちは、この炭素分子の健康増進の可能性について分析を続けていますが、この発見とその可能性は、医療、ひいては私たちの健康と長寿のための画期的なものです。C60の効果が最終的に確認され、商品が登場するまでには何年もかかるとしても、老化の進行を止め、健康で長生きできるようになるという展望を待ってみる価値はあります。

手のひらの植物

しかし、フラーレンがアミノ酸を傷つけてがん細胞を破壊する効果を持つことに加えて、ウイルスの増殖をブロックしたり、炎症と戦ったりすることは、すでに確実に確認されています。それはまた、整形外科の怪我の治療を助け、いくつかの医師によると、それは慢性炎症性疾患の改善をもたらす– Crohn病、多発性硬化症、過敏性とリーキーガット症候群。

それは、酸化ストレスを廃止するフラーレンC60のプロパティが確定的に確認され、化合物は、オールラウンドな健康の有益なサプリメントとして広く利用できるようになることが期待されています。

また、探索してください。 CBDオイル

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin