6273161491 ee5cc8b14f b

Ginkgo biloba、またはイチョウ葉、ほとんど魔法のような植物

一般的にイチョウ葉と呼ばれている植物であるGinkgo bilobaは、その薬効の高さで広く知られています。それに行われた多くの研究のために、その有用性は、特に脳のより良い酸素化の分野で、その結果として、そのパフォーマンスにプラスの効果を確実に確認することができます。Ginkgo bilobaは、記憶力、集中力、学習能力などの思考機能を向上させます。それはまた、他の有益な健康特性の数を示しています。

イチョウ – 並外れた品質の薬用植物

Ginkgo biloba、またはイチョウ葉は中国南東部が原産で、11世紀には中国の他の省や日本にも広まりました。それは植物の元の起源と完全に一致していないが、それ故に名前イチョウ葉は、一般的に使用されています。

当初は果樹として扱われていましたが(その種子は中国や日本では今でも食用にされています)、18世紀頃には主に観賞用植物としてヨーロッパに伝わり、現在では世界のほぼすべての地域で見られるようになりました。イチョウの木の現存する最古の標本は、ポーランドのワニカット宮殿の庭に生育していたもので、その年代に遡ります。

4000年も生きる長寿植物で、地球上での歴史は2億年にまでさかのぼります。この木が特異な防御機構を発達させたからこそ、このような見事な生存が可能になったのです。イチョウの木は、様々な種類の微生物、産業公害、さらには放射能にまで対応しています。

広島の原爆のまさに震源地に生えていたイチョウの木は、しばらくして回復しました。極東では、イチョウには不思議な性質があると言われています–上記のような特徴に加えて、豊穣・豊穣の象徴であり、火から身を守るとも言われています。

Ginkgo biloba、イチョウ葉

Ginkgo biloba – 植物の有効成分

イチョウ葉は、強力な生理活性物質の豊富さにその異常な効力を負っている、それらの60以上、主にビオフラボノイド、テルペン、ヒドロキシ酸、ステロイド、その中でケルセチン、グルコース、テルペンラクトン、ラムノースなどが重要な役割を果たしています。これらの物質の存在は、イチョウの葉が、薬用として使用されているように、効果的に神経細胞を保護し、抗酸化作用と神経保護効果を発揮することを引き起こします。

イチョウ葉エキスは血流を促進するので、末梢血行や脳循環を改善します。その結果、脳細胞に栄養と酸素が行き渡り、神経細胞が神経の衝動をより効率的に伝達し、思考プロセスがよりスムーズに行われ、記憶力や集中力が向上します。また、イチョウの葉に含まれる物質には、血小板の凝集を抑制して血管の石灰化を防ぐ働きがあるため、神経細胞の老化や変性を遅らせることで神経系を保護する効果があります。

Ginkgo biloba – 植物の薬効成分

おそらくイチョウの最も重要な利点は、末梢血管の緊張を緩和し、その容量を増加させ、血小板凝集を減少させることにより、循環器系の機能を改善することで、循環器系に対するその例外的に有益な効果である。

イチョウエキスが脳血管の閉塞による虚血によって引き起こされる脳細胞へのダメージを防ぐことができることが確認された研究もあります。これらはすべて、脳の機能や思考機能の質の向上だけでなく、コレステロール値の低下、血圧の正常化、老化過程の抑制にもつながります。

その多くの効果の中でも、鎮痛作用 や気分を安定させる作用があるため、長期的な疲労がある場合や、うつ病の治療、月経前症候群や更年期障害に悩む女性に推奨されています。

イチョウ葉は化粧品にも広く使われています。それは血管および敏感な皮の心配のための準備の原料として使用され、セルライトと戦うために。この植物の有用性は、主に 皮膚の老化との戦いに有効なフラボノイドとテルペンの存在によって決定されます。

フラボノイドは強力な抗酸化物質で、コラーゲンやヒアルロン酸を分解する皮膚に有害な酵素をブロックし、コラーゲンの合成を高め、結合組織の状態を改善します。テルペンは、順番に、フリーラジカルの放出を抑制し、アレルギー反応のリスクを最小限に抑えます。

脳の働きを良くするイチョウ

肉体的活動と精神的活動は、前者では身体の良好な状態に、後者では脳の良好な状態に関係しています。そのため、身体だけでなく、生活の質に大きく左右される脳や心も大切にしなければなりません。高い精神活動のためには、全身の健康、健康的な生活習慣、良質な睡眠と休息、身体と心の運動、そして最後に脳のための適切な食事が非常に重要です。

これらの理由から、科学的に証明された治療効果を持つ植物からの抽出物を含む天然の調剤に到達する価値があります。イチョウ葉、別名チャイニーズイチョウは、循環器系、特に脳循環に特に有益な効果があるのが特徴です。

脳への酸素の運搬を良くすることで、脳の機能を向上させ、精神的な効率を長時間維持することができます。それは、記憶と集中力、知覚と注意力をサポートし、考える能力に影響を与え、学習を促進します。さらに、Ginkgo bilobaエキスはフリーラジカルや分解過程から神経細胞を保護します

このようなイチョウの独特の性質は、フラボノイド配糖体を中心とした認知症やAlzheimer病などの疾患への有効な治療法としても期待されています。それらは精神機能の質に影響を与えるだけでなく、神経細胞の死を抑制し、抗動脈硬化、神経変性作用を持っています。

Ginkgo biloba、イチョウ葉

イチョウエキス – 特定の病気や健康上の問題での使用

イチョウの葉に含まれるフラボノイド配糖体とテルペンには、さまざまな効果と健康増進の効果があり、最も一般的に使用されているハーブ製剤の一つです。Ginkgo bilobaをエキス、ジュース、カプセルの形で配合した医薬品やサプリメントは、ヨーロッパをはじめ、世界中で数億個の量で販売されています。

第一の適用グループは、循環障害に起因する状態である。イチョウ葉は血行を良くし、血管を広げて強くし、血液の粘度を下げます。そのため、高血圧や高コレステロール値、脳卒中などの心血管疾患の予防などの治療に役立つでしょう。

しかし、特に重要なのは、その精神機能の低すぎる脳の活動を訴える人々のためのこの貴重な植物です。フラボノイドやテルペンには、脳の血流を良くする効果があり、神経細胞への酸素や栄養素の供給量を増やしてくれるので、心のパフォーマンス向上に貢献してくれます。

イチョウは、記憶力と集中力を高め、新しい知識の吸収を促進し、思考プロセスを加速させ、連想能力を高め、精神的な効率を高めます。上記の特性を考慮して、イチョウとの準備は、知的な仕事をしたり、勉強したり、記憶力や集中力の欠如に苦しんでいる人に特に推奨されています。

末梢の血行も改善されるので、Ginkgo bilobaエキスは、歩行時の足の痛み、足や手の冷え、四肢のしびれやピリピリ感などがある場合に使用することができます。イチョウの鎮痛作用は、他にも痛みに関連した多くの場面で役立つでしょう。

本植物の抽出物は多方向活性を示すことから、独自の属性を有する仕様といえる。前述の他にも、イチョウに含まれる活性物質には抗酸化作用や抗炎症作用があり、多くの好ましくない生化学的プロセスをブロックすることで、心血管疾患や呼吸器疾患から黄斑変性症や性機能に至るまで、多くの疾患の予防に重要な役割を果たしています。

脳機能を向上させるマルチイングリッシュ製品:Brain Activesのレビューを読む
エックススリーエックス

情報源です。

  • https://www.healthline.com/health/ginkgo-biloba-benefits#risks
  • https://www.healthline.com/nutrition/ginkgo-biloba-benefits
  • https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19017911/
  • https://www.medicalnewstoday.com/articles/320420#Ginkgo-biloba-extract-and-stroke
  • https://www.webmd.com/healthy-aging/features/ginkgo-biloba-youth#1

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin