kalms 1

Kalms – ストレスと不眠症のためのハーブレメディ

現代社会は、残念ながら、調和と平和の中で生きることを助長するものではありません。焦り、ストレス、過剰な職務、数々の問題は、多くの緊張、神経症、睡眠障害、うつ病の原因となります。より多くの人々が落ち着かせ、なだめることを目的とした様々なレメディに手を伸ばすのも不思議ではありません。緊張状態が軽度の方におすすめの人気仕様の一つが「Kalms」です。

Kalms – 軽度の鎮静剤、睡眠導入剤、ストレス解消剤

カルムス

この場合、私たちは漢方薬を扱っていますが、その処方は、ホップコーン、バレリアン、ゲンチアナからの抽出物に基づいています。この準備は、永続的に過重労働をしている人、睡眠に問題がある人、速いペースで生活している人、あらゆるストレス状況やあらゆる問題を強く感じている人、それが特定の身体的症状、例えば頭痛や腹痛や消化不良を引き起こすような程度までの人に捧げられています。

Kalmsは中枢神経系に軽度の効果があり、鎮静剤として作用し、眠りにつくのを容易にします。メーカーによると、精神機能や精神運動能力を損なうことはないとのこと。長期間服用した漢方薬であっても、依存症の発症に寄与する可能性があることは覚えておいた方が良いと思いますが、効果はあると言われていますし、依存症にはならないと言われています。

Kalms – 特定の製品の組成、それはあなたが錠剤の中に見つけるものですか?

ホップコーン

本剤には、主に作用が確認されている粉末ホップコーン、バレリアン、ゲンチアナエキスの3つの植物成分が配合されています。また、スクロースや酸化チタンも脇役として活躍しています。

Kalmsの活性物質の働きは?

1.ホップコーン

ホップのコーンは 大脳皮質の活動を阻害し、中枢神経系の一部の領域の感度を低下させるため、 鎮静効果があります。また、ホップにはバッテリー抑制効果があるため、胃ノイローゼや消化器系の疾患にも使われています。

2 – バレリアン、またはバレリアンの根

人気のあるバレリアンは、バレリアンの から抽出された調剤の総称です。古くから漢方薬として使用されており、利尿剤として、頭痛や心血管疾患の治療に、肺疾患を含む多くの疾患の治療に使用されてきました。しかし、鎮静作用や睡眠作用はもちろんのこと、気分を高める効果があることでも知られています。感情や運動神経の興奮状態、神経の緊張、不安、睡眠障害などに効果があります。さらに、消化器系との関連で拡張期の作用を示し、消化プロセスを調整します。

3.リンドウ

すでに古代に使用されている、ゲンチアナは、特にそれが消化器系になると、幅広いスペクトルのアプリケーションによって特徴付けられています。外的要因によって引き起こされた病気の場合だけでなく、消化不良や痛みなどの問題が神経症的な根拠を持っている場合にも役立ちます。

Kalms – 薬の効果

バレリアン

ホップとバレリアンの特定の組み合わせは、神経系に関連する問題に対処するために使用されている長い間知られており、しばしば使用されている数式です。このようなタイプの処方で、Kalmsは軽い緊張やストレス、神経過敏症、睡眠障害などに役立ちます。特定性になだめるような、リラックス効果があり、落ち着き、眠りに落ちることを容易にし、ストレスの多い状況への抵抗を強化します。同時に、弱めるのではなく、実際には集中力などの精神機能を向上させます。

製品は、また、ゲンチアナのおかげで、神経質な緊張の身体的症状に関連して肯定的な特性を示し、過度に速い心拍数と過度に高い血圧を正常化し、消化器系の神経障害を軽減します。つまり、Kalmsは、どんなネガティブでストレスを誘発する外部刺激に対しても、脳や中枢神経系をいつも以上に冷静に反応させるのです。

も読んでみてください。 ストレスに効くハーブ

Kalms – 調剤の投与量

通常、X1Xとして2錠を1日3回 食後に経口投与する。例外的なケースとして、例えば、入眠に問題がある場合は、就寝30分前にもう1回服用してもよいでしょう。1日の最大服用回数は1日4回です。

12歳未満の子供には与えないでください。

Kalms – 副作用と禁忌

カルムカプセル

いかなる場合も、推奨用量を超えてはいけません。1ヶ月間使用したにもかかわらず、症状が消えない場合や症状が悪化した場合は、医師の診察を受ける必要があります。

本剤にはショ糖が含まれているため、フルクトースまたはガラクトース不耐症、ラクターゼ欠乏症、グルコース・ガラクトース不吸収症候群の方は服用しないでください。ただし、糖尿病の方が使用する場合があります。いずれかの成分にアレルギーがあると、胃腸障害を引き起こす可能性があります。

禁忌は、妊娠・授乳中の方にもあります。

Kalms – ユーザーの声

主に胃腸障害の体性症状や睡眠を妨げる不安など、ストレス の多い状況に強く反応する人におすすめの薬です。しかし、それは確かにより深刻な障害の場合の救済策ではありません – 植物性神経症や神経症の状態。

Kalmsは確かに感情を落ち着かせ、緊張を和らげるのに役立つでしょう。しかし、このような場合でも、服用した人全員がその効果を絶賛しているわけではありません。ネット上では、「Kalmsは効かない」「過度の眠気を引き起こすだけ」という意見や、メーカーの主張に反して「車の運転に必要な精神運動能力を低下させる」との記述が見られることがある。

それは、これらが医薬品市場で利用可能な唯一のハーブの鎮静剤ではないことを言及する価値があります。例えば、Melatolin Plusは購入者の多い仕様の一つで、神経系をサポートしています。

Melatolin Plusは、実績のあるハーブ成分を幅広く使用しているため、心を落ち着かせる効果があり、リラックスして気分を改善し、感情のバランスを回復させ、入眠を促し、正しい睡眠リズムに影響を与えます。サプリメントの中には、睡眠調整剤であるメラトニンレモンバーム、アシュワガンダ根、ホップコーン、カモミール、ビタミンB6などが含まれています。この処方は、神経質、エネルギー不足、気分の悪さ、睡眠の問題に最適です。

Melatonin Plusタブレット

Melatolin Plusについて詳しく見る

また、チェックしてください。睡眠中に早く寝落ちしてぐっすり眠るには?

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin