46022157605 8130460680 c

L-テアニン、気分を安定させ、脳の機能を向上させます。この植物性物質の貴重な特性を発見してください

L-テアニンは、抗ストレス作用のあるサプリメントに多く含まれ、神経の状態を改善したり、脳の働きをサポートしたりするハーブ成分です。その利点は、それを精神機能の障害に対して有効な武器にする、体による強力な生理活性効果と良好な吸収です。興味深いことに、L-テアニンは、マイナーな病気だけでなく、より深刻な状態にも役立ちます。例えば、統合失調症やうつ病の症状を緩和することができます。間違いなくL-テアニンは精神的な形が悪い場合に注意を払う価値がある物質です。それはまた、知的パフォーマンスを低下させるために、特に他のnootropicsと組み合わせる場合は良いです。

緑茶に隠されたご機嫌の守護者「L-テアニン

緑茶は、貴重な物質の宝庫として何世紀にもわたって知られています。それは健康促進と味の両方の品質を持っており、それが最も人気があり、広く消費されている飲料の一つである理由です。ビタミン(B1、B2、B5、K、E、C)、ミネラル(カルシウム、マグネシウム、鉄、リン、銅、亜鉛、マンガン、フッ素)の含有量のおかげで、 ポリフェノール(カテキンとタンニン)の豊富さのおかげで、上記のすべての、緑茶は、多くの分野での生物の機能を改善し、生理活性効果の広い範囲を示しています。

中でも、代謝を促進し、脂肪の分解や消化を良くしてくれるので、ダイエットに悩む人にとっては貴重なサポートになります。また、体の解毒プロセスを刺激し、セルライトと戦い、肌や髪の状態を改善し、免疫力を高め、炎症を防ぎ、循環器系をサポートします。緑茶の多くの利点の中で、1つはまた、生物の老化プロセスを阻害し、多くの文明の病気のリスクを軽減する、その強力な抗酸化特性を言及する必要があります。

最後に、それは主に L-テアニン、我々は瞬間に近い見てみましょう物質の存在によるものである脳機能、気分、活力に緑茶の肯定的な効果を言及する価値があります。

緑茶-生葉

L-テアニン-強力な向精神作用を持つ有機化合物

L-テアニンはアミノ酸に分類されますが、チロシン、システイン、トリプトファンなどのタンパク質に含まれるアミノ酸と混同してはいけません。L-テアニンは、グルタミンの誘導体である非タンパク質アミノ酸であり、緑茶(Camellia sinensis)にほぼ独占的に含まれています。植物の根で生成され、葉に運ばれて蓄積されます。

L-テアニンは人体、特に精神面 非常に活性が高い。脳のα波を刺激してリラックス状態にします。それは非常によく、急速に体内に吸収され、血液脳関門を非常に簡単に通過するため、重要な神経伝達物質のレベルを調整し、認知機能を向上させ、気分を正常化する能力を持っています。

高麗人参やbrahmiのような他のいくつかのよく知られている植物のように、L-テアニンは、増加した知的性能と改善されたメモリは、その作用の主な症状であることとnootropic、または脳のブスターです。

精神的な可能性を高めることになると、L-テアニンとカフェインの組み合わせは非常によく動作し、このデュオの追加の利点は、しばしば単独でカフェインの使用に関連付けられている負の副作用の欠如です(例えば、血圧、動悸、頭痛やめまい、過敏性の増加)。L-テアニンはカフェインの副作用を中和し、集中力の向上、疲労の軽減、精神的な刺激、思考プロセスの改善など、望ましいものを強化します

L-テアニン-認知前の特性、脳の働きの改善

物質は、脳内の重要な神経伝達物質(ドーパミン、セロトニン、GABAを含む)に影響を与え、それらのレベルを調整し、その結果、ニューロン間のインパルスの伝達を改善するときに、プロコグニティブ(またはヌードロピー)特性を持っています。向精神薬の効果としては、心の働きの改善、神経状態の改善(不安や緊張の軽減など)、気分障害の解消などが挙げられます。

現在市場に出回っている最も人気のある向精神薬は、ashwagandha、gotu kola、高麗人参、Ginkgo biloba、Bacopa monnieriですが、最近ではL-テアニンも大きな関心を集めており、この関心は確かに根拠のないものではありません – この珍しい植物性物質は、脳を刺激するだけでなく、内部のバランスを回復し、至福の感覚を解放する信じられないほどの能力を持っています。

強力なプロ認知特性があるため、L-テアニンは脳に働きかけ、集中力、記憶力、創造性、思考力を向上させる方法を探している人にとって貴重なサポートとなります。この物質は、老化のプロセスから神経系をよりよく保護したい高齢者にとっても同様に有用です。

L-テアニンは脳の機能にどのような影響を与えるのか?最もよく観察される効果としては、以下のようなものがあります。

  • 集中力が向上し、特定のタスクに注意を集中させて、気を散らさずに長い時間を過ごすことができるようになります。
  • 思い出すこと、思い出すことの改善
  • より効率的な学習、新しい知識を同化するためのより良い能力。
  • より生産性の高いメンタルワーク
  • 長時間のメンタルワークで精神的な疲労感がない
  • スッキリとした開放感があります。
  • より大きな創造性。
  • より効率的で、より迅速な思考プロセスを実現します。
  • より大きな警戒心。
  • より高速な関連付けを実現します。

L-テアニンは神経系を守る

L-テアニンは、神経細胞の状態や神経系全体に良い影響を与えます。それは神経変性プロセスから脳を保護するのに役立つ抗酸化特性を示します。ParkinsonやAlzheimerの病気を予防し、すでにこれらの病気にかかっている人の場合は発症を遅らせ、症状を緩和してくれます。有害なフリーラジカルやストレスの悪影響から神経細胞を保護します。神経細胞の破壊や早死にを防ぎ、再生力を高め、さらには神経新生(新しい神経細胞を作る過程)を刺激します。

L-テアニン粉

L-テアニンはストレスと緊張のキラー

L-テアニンがストレス、不安、神経質な緊張、気分障害と戦うのに役立つ天然物質として最もよく知られている物質の一つであることは間違いありません。それには優れた鎮静作用がありますが、それ以上に、他の鎮静剤を服用した後に残念ながらしばしば来る鈍さやだるさを伴わずに、リラックスしてなだめる状態をもたらします。気軽にリラックスした状態に入ることができ、至福の感情、問題からの距離感、感情の調和を促します。

抑うつ状態、モチベーションの低下、落胆、無気力、しばしば再発する悲しみ、抑うつ状態の場合にも優れた物質です。L-テアニンは、ドーパミンやセロトニンの放出を刺激することで、気分を改善し、行動欲求を高めます。それは喜びと内なる穏やかさの感情を促進します。L-テアニンの作用の興味深い側面は、睡眠の質の向上でもあります。緊張をほぐし、内面の落ち着きを促すことで、入眠時のトラブルを軽減し、早朝に目が覚めることなく夜通し眠ることができます。

L-テアニンはどのようにして気分を正常化するのか?ここでは、トップ10の行動を紹介します。

  • 私たちはストレスの多い状況では、私たちは実勢条件にうまく適応するのに役立ちます、私たちはストレスにより回復力になります。
  • 不安や恐怖に立ち向かう。
  • 精神的な疲労に対抗する
  • 緊張や緊張感がなくなります。
  • を使用することで、簡単に休息とリラックスの状態に入ることができます。
  • 神経症、うつ病、統合失調症の症状を緩和します。
  • 良い気分をガードし、ネガティブな感情に屈する傾向を減らします。
  • 睡眠を助け、健康的で深い睡眠を保証します。
  • モチベーションや創造性を高めます。
  • 充実感と安心感を与える効果があります。

L-テアニンのその他の健康特性

精神的な球上の L-テアニンの効果が最も重要であるが、この物質は、その広い生理活性作用のためにも私たちは他の利点の数をもたらすことができます。L-テアニンの興味深い性質をご紹介します。

  • L-テアニンは強力な抗酸化物質で、有害なフリーラジカルを中和し、酸化ストレスから細胞を保護し、抗がん作用やアンチエイジング効果を発揮します。
  • L-テアニンは、免疫システムの機能を改善し、病原体に対する体の防御バリアを強化します。感染症にかかりにくく、炎症を鎮め、喘息の症状を抑え、アレルギーと戦います。
  • L-テアニンはダイエットをサポートします。脂肪の過剰な貯蔵を防ぐことができるので、体重増加を抑制することができます。さらに、気分を正常化することで、ストレスや悪い感情を抱えたまま食べ過ぎてしまう習慣と戦うことができます。食欲を調節してくれるので、カロリー摂取量を上手にコントロールすることができます。
  • L-テアニンは循環器系の働きを改善します。 血圧の急上昇を防ぎ、悪玉コレステロールの低下に寄与し、血管を保護して機能を向上させ、動脈硬化を防ぎ、心血管疾患のリスクを軽減します。
  • L-テアニンは身体の再生プロセスを刺激し、大きな努力をした後、肉体的にも精神的にも早く回復することができます。

L-テアニン – 何と組み合わせるべきか?

L-テアニンは、単一成分のカプセルや粉末のほか、マルチ成分の栄養補助食品の形でも入手可能です。独自の向精神薬や健康増進サプリメントの組成を作成したい場合は、次のような組み合わせに注目する価値があります。

  • L-テアニンとカフェイン
  • L-テアニンとGinkgo biloba。
  • L-テアニンと高麗人参。
  • L-テアニンとashwagandha。
  • L-テアニンとBacopa monnieri(小葉バコパ)。
  • L-テアニンとトリプトファン。

最初の3つの組み合わせは、脳機能の強化、知的パフォーマンスの向上、認知機能の向上に効果があり、最後の3つは、気分の改善、気分の正常化、ストレスの軽減、神経の鎮静化、一般的に精神形態の改善に効果があるとされています。

市販されている最高のストレス軽減剤と脳のブースター:Brain Activesのレビューを読む

BrainActives pro 8 300x200 5

情報源です。

Category: 健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Article by: admin